2019年に訪れて良かった海外旅行先6ヶ国【写真61枚で振り返る】

シディ・ブ・サイド

      2019/11/07

2019年は仕事をしながら、19ヶ国に訪れました。年末にカリブ海クルージングもありますが、ひとまず2019年に訪れて良かった場所を振り返ります。

 

パラオ

パラオの海

パラオの海

パラオに11日間滞在しました。取材だったので、パラオのオプショナルツアーに参加しまくりでした。

マイナーな場所に行くためにチャーターカーやチャーターボートを手配しましたが、自由度が最高で楽しかったです。ガイドさんを独り占めできるので、たっぷりと話を聞けますし。

パラオの海

パラオの海

パラオの海

パラオは僕がこれまでに訪れたリゾート(フィジーやフィリピンの離島、ハワイなど)ではダントツで海が綺麗で、ロックアイランドやロングビーチなどユニークな観光地があるのが魅力です。

パラオの観光スポットの詳細は高画質の画像で紹介してますので、下記の記事をご覧ください。

パラオの食事

なお、食事は特別よいってわけではないので、食事重視の場合は別の場所をおすすめしますが、フィジーやフィリピンも食事は普通なんですよね。

美食のリゾートがあれば、流行ると思います。

 

ウクライナ・チェルノブイリ

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

21世記最大の原発事故「チェルノブイリ」への視察ツアーに参加してきました。これまではごく一部の人だけがチェルノブイリを知ることができましたが、現在はツアーに参加すれば誰でもアクセス可能です。

ウクライナの首都キエフ発の1dayツアーで、値段は99ドル。参加する価値は十分にありました。

 

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

チェルノブイリツアー

あまり多くは語りませんが、日本人ならぜひ一度は訪れるべき場所です。

 

キエフの街中

キエフの街中

キエフの街中

ちなみに、ウクライナはロシアとクリミア半島を巡って緊張状態にありましたが、首都キエフの情勢は比較的安定していました。

ただ、モスクワからの鉄道便が減っているとの話だったので、陸路移動の方はご注意ください。

 

アイスランド

アイスランド旅行

アイスランド旅行

随分と昔のような気もしますが、アイスランドに訪れたのも2019年の年明けすぐでした。冬の時期だけ生まれる氷の洞窟にどうしても、どうしても行きたくて同僚達を誘って大冒険しました。

氷の洞窟の写真は費用やアクセスなどと一緒に、下記の記事に掲載してますのでご覧ください。氷河の中にある洞窟なので、きっと僕が訪れた洞窟とは違う洞窟が生まれています。

アイスランド旅行

アイスランド旅行

アイスランド旅行

アイスランド旅行

他のヨーロッパ諸国と同じく、旅行シーズンは夏なので冬は比較的空いていました。食料の大半を輸入に頼っているので物価が低いのが難点ですが、頑張って自炊すれば13日間で20万円ほど(航空券込み)に抑えることができました。

冬のアイスランド旅行に関してはかなり情報が少ないので苦労しましたが、必要なことは別記事にまとめました。

アイスランド旅行をするなら最低限でも知っておいた方が良いのは

この3つです。

 

アイスランド旅行

アイスランド旅行

アイスランド旅行

アイスランド旅行

北海道より少しだけ大きい島に、たくさんの表情が詰まっています。旅行前と旅行後で最も印象が大きく変わったのはアイスランドだし、もう一度行きたいと思ったのもアイスランド。

 

マルタ

マルタ

マルタ

ベラルーシから始まった東欧旅行の後にマルタを訪れました。地中海に浮かぶ小さな島国マルタは、ヨーロッパからの旅行者で賑わうリゾート地。日本人にとってのサイパンやグアムが、ヨーロッパにとってのマルタらしいです。

 

マルタ

マルタのコミノ島

マルタ国内で有名な観光地は世界遺産に登録されている首都バレッタの市街と、北部にあるコミノ島です。

 

マルタのコミノ島

コミノ島

マルタのコミノ島

バレッタからバスとボートを乗り継いで行くコミノ島は定住者がほぼおらず、日帰りでのみ訪れることができるリゾートのための島です。

船が浮き上がって見えるほど透明度の高い海を目当てに多くの観光客が集まります。3泊4日あればマルタの主要な観光地は十分に見て回れるので、次に紹介するチュニジアと合わせて旅行することをオススメします。

コミノ島への行き方や写真は別記事、船が浮いて見える「コミノ島」の写真22枚を無料配布します【マルタ】にまとめました。

 

チュニジア

シディ・ブ・サイド

マルタから地中海を40分ほど飛ぶとアフリカ大陸北端の国、チュニジアがあります。

チュニジアはイスラム教の国なので、僕が訪れたときはラマダン(断食)でした。ガイドブックには、ラマダン期間は日中の飲食ができなくて、現地の人々はイライラしてるので注意!旅行しづらいよ!

なんて書いてありますが、まったくその通り。外では食事はおろか、水を飲むのも気まずいので不便ですが、不便を味わうのも旅行じゃないですか。

 

チュニジアのラマダンのマーケット

チュニジアのラマダンのマーケット

ラマダン中は飲食なしの特別なマーケットが開かれて、夜は毎日パーティーなので、ユニークな経験ができますよ。

 

シディ・ブ・サイド

シディ・ブ・サイド

シディ・ブ・サイド

チュニジア旅行をするなら、首都チュニスから電車で30分ほどの場所にあるシティ・ブ・サイドはマストです。

シティ・ブ・サイドはギリシャのサントリーニ島のような、白い壁に青い扉で統一された街並みがとても美しい。チュニジアの位置(アフリカ大陸の北岸です)やイスラム教国という特徴から日本からの旅行者はまだ少ないですが、これから流行ると思います。

 

シディ・ブ・サイドの猫

シディ・ブ・サイドの猫

あと、人に慣れた可愛い猫たち。美しい街とネコの組み合わせは最高です。シティ・ブ・サイドの写真や行き方は別記事、青と白の街「シディ・ブ・サイド」の写真27枚を無料配布します【チュニジア】に掲載しているので、気になった方はご覧ください。

 

バンコク

タイ国旗

タイの街並み

タイの首都バンコクに3ヶ月ほど滞在しました。バンコクには何度も訪れたことがありますが、少しの期間でも住んでみると印象が変わりますね。

インターネットは速いし、アパートが安く、ご飯も美味しい(たまに激辛)。治安も良く、日本との往復航空券で3万円程度からあるので、はじめてのひとり旅やバックパッカー旅行に最適です。

 

タイの料理

ムーカタ

よく聞かれる、バンコク滞在の費用は1ヶ月あたり8万円くらい。バンコクで食べた料理で特に美味しかったものはタイのオリジナル鍋「ムーカタ」を発見したのが大きな収穫です。

 

バンコクの観光スポット

バンコクの観光スポット

バンコクの観光スポット

バンコクの観光スポット

バンコクの観光スポット

バンコクの観光スポットも開拓してきましたので、バンコクのマイナーな、または新しい観光地について知りたい方は下記の記事をご覧ください。

 

2019年に訪れて良かった海外旅行先 | まとめ

本記事では2019年に訪れて良かった海外旅行先を紹介しました。

他に2019年のベストバイ(買って良かった)旅行グッズも記事化したので、2020年に向けて旅行を便利に、もっと面白くしたい方はご覧ください。

 - トラベルハック / Travel Hacks