月10万円稼いでるブログが使っている14の神器【ネタバレ】

      2019/05/17

ブログでお金を稼いでいる、と聞くとネット業界に詳しくない人は、何かすごい秘訣があるのではないか、魔法の杖を隠してるのではないかと想像しますが、残念ながら魔法はありません。

ただ、ブログ運営を効率的にし、より豪華な記事を作るためのWebサービスやアプリはたくさん使っています。これらは知らないと損しますので、まとめて紹介します。

 

ブログ用のドメインとサーバーを取得する

まず、ブログを運営するためにはブログの住所となるドメインとサーバーが必要です。初ブログの人はここでつまづく人が多いですが、最大手・最安のサービスを使っておけば簡単です。ドメイン・サーバーで嫌になる人はいきなりすごいことをしようとしているケースが多いです。

僕の場合はムームードメインとロリポップの組み合わせで、ドメインが年に1回1480円、サーバーは毎月で540円です。あわせて、年間で7960円でブログを運営できます。

 

ムームードメインでドメインを取得

ムームードメイン

ムームードメインで好きな文字を入れて、空いているドメインを探しましょう。「.com」はcompanyの意味なので、本来は会社サイトに使うドメインですが割と使ってる人多いです。他には「.net」や「.jp」などが人気ですね。

 

ロリポップでサーバーを立ち上げ

ロリポップでサーバーを立ち上げ

ロリポップは利用者が非常に多いので、公式サイト以外でも情報が豊富です。管理画面もかなり簡単になっているので、他のサーバーで挫折した人もロリポップならできますよ。

 

サイトを構築する

ドメインとサーバーを取得したら、wordpressというアプリをサイトにインストールして、テーマを選んだら、ブログらしいサイトができます。

 

WordPress

Wordpress

世の中のサイトの3分の1はWordpressというシステムで構築されています(*1)。特にこだわりがなければ、Wordpressを入れるのがベストです。利用者が多いため、プラグインと呼ばれる拡張機能が大量にあり、自分でコードを書かずに様々な機能を追加できます。

*1 WordPressの市場シェア(2019年):Kinsta

 

Stinger

Stinger

WordPressではテーマと呼ばれるサイトのデザインフォーマットがあり、テーマを設定することですぐにサイトのデザインを整えることができます。「Singer」はブロガーに人気のテーマで、SEOに強いWordPressテーマとして有名です。

 

ライティングをサポートするアプリ

ブログを継続していくことで、ライティングのスピードや技術は向上していきますが原稿や参考サイトは複数のデバイスで共有しておくと、隙間時間に執筆を進めることができます。僕の場合は原稿をEvernoteに、参考ページをPocketに保存しておきます。

 

Evernote

Evernote

記事の原稿をはじめとして、あらゆるテキストはすべてEvernoteに詰め込んであります。Evernoteに関しては、様々な活用術がありますが僕は至ってシンプルで「検索して目的のノートを探す」スタイルです。

目次の付け方やメモの取り方には一貫性があるものの、基本的にはごちゃまぜで見つけたい情報のキーワードから探し出します。Evernote歴が10年を超えましたが、整理に時間をかけると綺麗に表示されて気持ちいいものの、利便性はあまり変わらないのでは?と感じます。

 

Pocket

Pocket

ブラウザのお気に入り機能は使わずに、すべてのページはPocketに登録します。使い方はEvernoteと同じで、目的の記事を探す時はPocketの検索機能を使います。

 

画像を選ぶ、リサイズする、レタッチする

最近のブログは記事のトップに表示されるアイキャッチ画像や記事内に内容と関連する画像を掲載することが一般的になってきました。自分の手元に十分なクオリティの写真がない場合は、用意する必要があります。

 

Unsplash

Unsplash

無料で商用にも使えるストックフォトサイトで一番いい感じなのが、Unsplashです。検索機能が少し弱く、写真に偏りはありますがイメージ写真を探すならUnsplashだけでOKです。

他にもテーマごとに様々なストックフォトサイトがありますので、別の記事にまとめました。

 

th-markerxで一瞬でリサイズする

ブログに写真をアップする際は記事の横幅にあわせて、画像を縮小することが必要です。1つずつMacのプレビュー機能で縮小することもできますが、まとめて縮小するならth-markerxが簡単です。

 

Lightroom

写真のレタッチはAdobeシリーズのLightroomでやっています。レタッチの設定を保存できるので、同じ場所で繰り返す撮影する場合や色合いを統一したい場合に便利です。同じAdobeシリーズのPhotoshopよりもLightroomの方が操作が簡単です。

 

VSCO

スマホの写真をレタッチする時はVSCOを使います。できれば有料版にした方が、色ごとの調整ができて便利ですが無料版でもOKです。

 

アフィリエイトで収入を作る

アフィリエイトは「成果報酬型のインターネット広告」です。PVやクリック数などに連動して報酬が増加するGoogle Adsenseと商品の購入数や申込数に応じて報酬が決定するa8/バリューコマースの2つがあります(分かりやすくするために、かなり簡略化して説明してます)。

 

Google Adsense

Google Adsenseの場合は平均して1PV=0.3円ぐらいが報酬として支払われます。10万円を稼ぐためには、33万PVが必要で規模感としては中規模〜大規模のブログです。多くのブロガーはGoogle Adsenseを利用しつつも、a8/バリューコマースをメインの収入としています。

 

a8とバリューコマース

a8

valuecommerce(バリューコマース)

アフィリエイトの個別案件を探す場合は、a8(エーハチ)とvaluecommerce(バリューコマース)に登録すると、検索することができます。他にもアフィリエイトサービスはありますが、a8とvaluecommerceが商品数・利用者数ともに多いため、とりあえずこの2つでOKです。

 

SEO対策でアクセスを集める

最後に、ブログの読者を増やすために避けられない「SEO」をサポートするアプリとWebサービスを1つずつ紹介します。

 

AWRCloud

Awrcloud

Web上でSEOの効果計測やキーワードの管理をするなら、AWRCLoudがベストです。英語版のみですが、キーワード順位の自動更新ができ、Search ConsoleやGoogle Analyticsからデータ読み込みも簡単です。

 

Ubersuggest

Ubersuggest

検索キーワードの検索数や関連キーワード、競合サイトを調べるにはUbersuggestが便利です。ただし、サイトの処理が重いのかテンポよく進まないことがあるため、AWRCloudと組み合わせて(検索数や競合度などはAWRに任せる、など)使った方が時短になります。

 

まとめ

月10万円稼いでるブログが使っているWebサービスやアプリは以上になります。ここまでのアプリやWebサービスを準備すれば、あとは実際にブログを動かしていくだけです。ひとまずブログで8万PVを達成するところまでは再現して、施策をまとめましたので次はこちらの記事をご覧ください。

 - Webメディア運営 / Media