Mac系ブロガー必須!記事の執筆を早くするアプリ5選

shutterstock_294213692

   

今回は、記事を書くコツの続きになります。Webメディア上で記事を執筆するにあたって、アプリやGoogle chromeの拡張機能をたくさん使っていますので、中でもMacユーザーにおすすめのアプリを5つをご紹介します。
(前回の記事はこちら:面白記事を連発するTABIPPOのライターに記事執筆のコツを聞いてきた

 

1、Mapture

Mapture

1つ目にご紹介するのは、Windowsの便利アプリとして有名なRaptureのMac OS X版として開発された「Mapture」です。

メモや資料を見て記事を書く際に、該当範囲をMaptureしておくと全てのウィンドウの最前面に表示し続けることができます。ウィンドウサイズ変更の手間を削減することができます。

Mapture - MacOSX向けキャプチャユーティリティ

 

2、ClipMenu

ClipMenu

ClipMenuはコピー&ペーストのサポートツールです。コピペの履歴を瞬時に呼び出すことができます。ショートカットにClipMenuを登録して、コピペを繰り返す手間を削減しましょう。

ClipMenu.com: クリップボード管理ソフト - ClipMenu.com

 

3、Th-MarkerX

Th-MarkerX

写真をたくさん使うブロガーは、Th-MarkerXを使って一度にリサイズを済ませましょう。いつものサイズを設定しておけば、ドラッグ&ドロップで一括リサイズできます。

Th-MakerX

 

4、Skitch

Skitch

WEBサービスを紹介するブロガーのほとんどが使っているSkitchで、スクリーンショットや画像へのわかりやすい書き込みを実現しましょう。

Skitch | Evernote

 

5、Evernote

Evernote

最強のメモツールとしておすすめするのは、Evernoteです。思いついたもの、議事録、資料などはとりあえずEvernoteに入れておきましょう。

慣れるまでは、タイトルやノートブックにこだわらずにとりあえず書いておいて、必要になったら検索で見つけます。

仕事とプライベートのノートを一元管理 | Evernote

 - ライフハック / Life Hacks