海外旅行や世界一周をもっと楽しくする9つの方法

shutterstock_360468272

   

3ヶ月毎に開催するTABIPPOの世界一周ゼミで2日目の「旅を楽しんで過ごす方法」を担当しています。大学4年次に世界一周して、その後旅を起業して世界二周目も経験しました。

また、旅行系のWebメディアでの編集長という仕事柄、色々な情報が入ってきます。そこで今回は、これまでの原経験と教えていただいた話を海外旅行や世界一周をもっと楽しくする9つの方法というテーマに載せてご紹介します。

 

留学する

留学する

世界一周前に9ヶ月間ニューヨークで大学留学していました。日本の大学での専攻がビジネスとマーケティングだったので、留学先でも同様の授業を受けていました。

大学規模は約2000人と小さな大学です。理系の専攻がなかったため、英語ではUniversityではなくCollegeでした。日本語を話せる人は僕を含めて5人だけで、彼らと偶然出会わない限りは24時間英語漬けです。

世界一周や海外旅行は毎日が変化の連続でとても刺激的でした。一方で、留学中では景色も人間関係も大きくは変わりません。その中で少しずつ交友関係が広がり、仲良くなって一緒に遊んだり、時に恋をしたり。世界を深く楽しむ体験でした。今では、ニューヨークに故郷がもう1つできました。

 

英語を習う

英語を習う

留学をした結果として英語が話せるようになりました。留学前のTOEICが700点ぐらいで、留学後は915点まで上がりました。ニューヨーカーの速い英語に揉まれすぎて、日常会話に困ることもなくなりました。

世界中を観光するだけなら英語で困ることは少ないですが、現地の方や旅行者たちとコミュニケーションを取りたいなら英語は必須です。南米ではスペイン語が必要になることもあります。

英語がなくても旅はできますが、英語があると旅はより楽しくなります。フィリピン留学でも、オンライン英会話でも、手段は何でも構わないので少しずつ勉強をはじめましょう。やったかいはありますよ。

 

情報発信する

情報発信する

2010年の世界一周から、6年間ブログやTwitter、Facebookで情報発信を続けています。ブロガーと呼ばれるには遠くまだまだ先は長い当ブログです。しかし、それでもブログやソーシャルメディアで知り合った多くの人と、一緒に仕事をして、ご飯を食べ、旅をしてきました。

何よりTABIPPOはブログを通じて知り合った旅人達が立ち上げた会社です。

 

スポンサーをつける

スポンサーをつける

2014年に二度目の世界一周をした時は、企業5社、クラウドファンディング参加者50人以上にスポンサーになっていただきました。旅をしながら仕事をしたのは初めてで、期待していたことの半分程度しか実現できませんでした。

それでも多くのスポンサーさんからご支援と暖かいを言葉をいただき、何とか無事に旅を終えることができました。お金をもらって旅をするため、旅の自由度は個人旅行より減ってしまいますが、一人ではできない大きなプロジェクトを計画できることが魅力です。

 

写真を撮る

写真を撮る

帰国後に旅の記憶を改めて楽しむために写真を撮りましょう。写真があれば、旅を二度楽しみその楽しさをより多くの人に伝えやすくなります。写真にかける時間とお金がなければ、コンパクトデジタルカメラでも十分ですよ。

 

映像を撮る

映像を撮る

いきなりドローン持ってくのは大変ですが、カメラの動画機能、スマートフォンのムービーなどを気が向いたら使ってみてはいかがでしょうか。

写真では伝わらない雲の動きや街の音、人々のかけ声などが入ると、旅情がグッと増します。

 

身軽になる

身軽になる

荷物は多いほうが旅を楽しめる、身軽なほうが旅を楽しめる、どちらも支持者がいますが僕としては身軽になることをおすすめします。はじめは必要なものが分からず、カバン一杯に荷物を詰め込むと思いますが、はじめての旅で使わなかったものはどんどん減らしていきましょう。

何度か旅を経験する中で、自分にとって必要なものが厳選されていくのは快感。

 

貧乏になる

貧乏になる

いずれは僕たちも今より給与が多くなってリッチな旅ができるようになる...はずです。せっかくなので今のうちは貧乏旅行を楽しんでおきましょう。歳をとってからは、体力的に難しいかもしれませんし。

屋台の食事、安宿の二段ベッドなど貧乏旅行でしか出会えないものはたくさん。

 

自分だけの絶景を見つける

自分だけの絶景を見つける

絶景がブームになって久しいですが、絶景と言われていない絶景も数多くあります。それらは、写真には写り込んでいない風の音や森の匂いを含めて絶景になります。

僕にとっての自分だけの絶景はヨルダンにあるペトラ遺跡の奥地にある「End of the world」という崖から見た景色です。汗だくになって山道を歩いた先にある絶景を一生忘れない。

 

誰にも言いたくないストーリーを見つける

誰にも言いたくないストーリーを見つける

旅先で経験した忘れられないストーリーは誰にも言わずに、あなたの心の中だけにとっておきましょう。大切だからこそ、あえて写真を撮らない。そんな矛盾もありだと思います。

 

インターネットを使いこなす

インターネットを使いこなす

booking.comskyscannerなど旅人にとって定番のWebサービスに限らず、世の中には面白いアプリやサービス、サイトが数え切れないほどあります。

新しい出会い、未知なる体験を探求するためにも、気になったものは使ってみましょう。ちなみに僕はFlytographerなどの写真家手配サービスが気になってます。

 

インターネットを使わず過ごす

インターネットを使わず過ごす

インターネットを十分に楽しんだら、今度はスパッとインターネットを止めてみましょう。ソーシャルメディアも使わず、Google Mapにも頼らない、そんなひと昔への旅に立ち返ることで気付かなかったものを見つけられるかもしれません。

僕がインターネット禁止で旅行をした際は、とにかく多くの人と話しました。食堂で近場の観光地を聞き、駅で目的地までの行き方を聞き、宿で日の出の時間を聞いた。何をするにも時間がかかったけど、他の旅行とは違った温かみがありました。

ちなみにスマートフォンを含む電子機器も禁止したので、写真は写ルンですで撮りました。

 

身体を鍛える

身体を鍛える

旅を楽しむために一番大切なものは?と聞かれたら、迷わず体力と筋力です。お金があっても、時間があっても、それらを使い切る体力がないと成立しません。

旅を決意したら、航空券を買うと同時にジムに入会しましょう。騙されたと思って!海外のバックパッカーたちの活動範囲についていけるように。

 

恋愛する

恋愛する

旅をしていると好きな人ができます。毎日新しい人と出会い、別れがあるのが長期旅行の常ですので、長い時間一緒にいれることは少ないです。しかし、中には旅先で出会いそのまま付き合って、結婚した人たちもいます。

旅好き同士で結婚するの、いいなぁ。

all photo by shutterstock

 - トラベルハック / Travel Hacks