無理しなくても今日からできる「人脈の作り方」

th_shutterstock_529626991

   

京都で出演したイベントの質疑応答で「仕事に繋がる人脈の作り方を教えてください」と聞かれました。

ここ数年人脈の作り方を意識したことはなかったけど、そういえばTABIPPOを起業する前は異業種交流会や読書会、セミナーやBBQなど手当たり次第に行ってた時期もありました。

あれから数年、洗練されてきたかもしれない人脈の作り方をご紹介します。

 

幹事を率先して引き受ける

日程を決め、お店を決め、コースを決め、幹事がやることは誰でもできるけど、気を遣います。その他にもアレルギーに配慮したり、ドタキャンに対応することもあります。

だからこそ、幹事を引き受けてくれた人には人脈が集まります。そして、感謝も。幹事をする人が少ないからこそ、気持ちよく引き受けましょう。

 

相手との約束をすぐ守る

飲み会で仲良くなった人と「また、ご飯行きましょう!」という挨拶を交わすことは日常茶飯事です。またご飯の約束に深い意味はなくて、「お元気で!」ぐらいのニュアンスに聞こえるのは、約束が実現することが稀だからでしょう。

だからこそ、興味を惹かれてまた会いたい人との約束はすぐ守ることで、関係を作ることができます。できれば、別れの挨拶をする前に次回の日程や大まかな場所を決めましょう。

もし、はぐらかされるなら、相手にとってあなたはそこまでではなかったということ。でも、次のチャンスがあるかもしれないので、めげずに拗ねずに引き下がります。

 

気があった人とだけ仲良くする

たくさんの人が参加する場にいると、色々な人と話さなくちゃ!と息を巻いてしまいますが、僕は「また会いたいと思う人が1人見つかれば十分」としています。

相手に嫌がられていなければ、この人面白い!と感じた人とじっくり話を続けます。相手にも興味を持ってもらえれば、最後までその人としか話さないこともしばしば。

 

尊敬している人に会ってくださいとお願いしない

本当に会いたい人には、会ってくださいと言わないことにしています。相手と自分に大きな差を感じているときは特にです。

お願いが通じて会うことができても、相手にとっては「会ってあげてる」と感じたままで、次の約束に繋がることはほぼないでしょう。

その1回に賭けるよりも、自分を成長させて実績を積み、より対等な立場で話ができるチャンスを待ちます。

 

好きな人にファンですと言わない

「ファン」という言葉も、相手と自分の立場を固定してしまうので、使わないようにしています。

実際にファンであれば、初対面ではあり得ないほど相手の発言や作品を知ってるわけですから、すぐに相手には伝わります。それで十分。

 - ライフハック / Life Hacks