サイトリニューアルしました
プログラミング初心者にいらない5つのもの

プログラミング初心者にいらない5つのもの

プログラミング初心者が勉強を始めるのにいらないものをまとめました。大切なのはプログラミング学習を妨げる余計なことをできるだけ除くことです。

[toc]

 

言語を決めるのに悩む

言語を決めるのに悩む

プログラミング初心者が選ぶべき言語はPHPでOKです。

  1. PHPは案件数が多い
  2. 利用者が多いので、ネット上の情報量が多い
  3. PHPはWebサイトを作りやすい言語

というのがPHPが初心者向けの理由です。詳細は「プログラミング初心者が選ぶ言語はPHPが良いです」にまとめたので、言語選びで悩んでいる方はご覧ください。

 

一緒に勉強をする初心者仲間を作る

一緒に勉強をする初心者仲間を作る

落とし穴なのが、プログラミング初心者の仲間を作ることです。勉強仲間を作ることは切磋琢磨できて良さそうですが、初心者の段階では教えあうこともできませんし、継続できない仲間だと悪い方に引っ張られる可能性もあります。

モチベーションに左右されやすい人は「モチベーションなしでも仕事を進める5つの原則」を読んで、自分をコントロールする方法を学ぶと役に立ちます。最も大切なのは、モチベーションの基準値をゼロにすることです。

プログラミングの環境を構築する

プログラミングの環境を構築する

プログラミング学習の最初の山場は環境の構築です。旧来の方法だと、コードの1行目を書くまで

  • ターミナルの理解
  • エディタのインストールと理解
  • VirtualBoxとVagrant、Cloud9のインストール
  • 仮想環境の立ち上げ

など、やることがたくさんあります。プログラミング学習サイトのドットインストールだと、環境の構築だけで14レッスン。

ここで詰まる初心者があまりに多いので、最近のプログラミングスクールと学習サイトは環境の構築ゼロか、限りなく短縮してます。

 

セミナーや勉強会に参加する

セミナーや勉強会に参加する

これは僕も失敗しました。プログラミング学習者向けのセミナーや勉強会に参加しても、難しすぎて何も理解できないか、簡単すぎてネットでも学べるのどちらかでした。

スポーツや音楽でも一緒ですが、基礎学習があってこそ、応用を活かすことができます。地道ですが、セミナーや勉強会でやった感を出すよりも、泥臭く勉強しましょう。

 

暗記をする

暗記をする

プログラミングのサイトや書籍で学んだことを暗記することに意味はないです。プログラミングはテストではないので、検索してカンニングしてOKです。

プロのエンジニアもエラーメッセージや実現したいことを検索しまくって、コードを書いています。プログラミング学習の際には、内容を暗記するのではなく、考え方を盗むつもりで進めましょう。

 

まとめ

プログラミング初心者にいらないものについての解説は以上です。エンジニアは時給が高い職業ですので、コスパを考えるならエンジニアスクールでパッと学んで、あとはゴリゴリ稼ぐ方が効率的です。

スクールは通学型(TECH::CAMPなど)とオンライン型(TechAcademyなど)と留学型(NexSeedなど)に分かれるので、メリット・デメリットを踏まえた上で、ベストな学校に入学してください。