海外旅行の最新相場【裏技で節約済み】

海外旅行の最新相場【裏技で節約済み】

      2019/10/23

パッケージツアーと自己手配とどっちが安いの?とよく聞かれますが、答えはありません。

自己手配の方が安いと思われがちですが、航空券やホテルだけではなく、現地の移動手段やアクティビティなどを含むパッケージツアーがセール価格で激安になってることもあります。

 

ただ、参考になるように、自分で航空券とホテルを手配する場合の相場をエリアごとに紹介します。さまざまな工夫や裏技を駆使して旅行費用を節約していますが、特に航空券を安く取るのが大切です。

旅行費用を安くする方法については「会社員が安い航空券を取る5つの裏技」や「海外旅行のお金を節約する21の裏技」にまとめました。

 

筆者の旅行体験

これまでに64ヶ国を訪れて、世界一周を2回経験しました。最近はアメリカ横断やアイスランド周遊などの大きな旅行の合間に、3泊から5泊くらいの短い旅行をしています。

去年の確定申告で旅行に年間100万円以上使っていたことが分かって自分に引きましたが、国連加盟国193ヶ国制覇を目指して、旅は続けます。

 

海外旅行の相場

旅行先ごとに、航空券代、ホテル代、食費などその他にかかったお金の3種類をまとめました。

韓国2泊3日:38,000円

コプチャン通り

大邱の焼肉

航空券:15,000円
ホテル:8,000円
食費:15,000円
合計:38,000円

韓国第3の都市、大邱(テグ)に2泊3日で旅行した時の費用は約4万円でした。宿泊場所は東横インでしたし、食事も美味しいものを食べたので、これ以上は旅行費用が上がることはなさそうです。

旅行の様子は別の記事「大邱観光2泊3日で実際に行ってきた」にまとめました。

台湾2泊3日:39,000円

宜蘭駅

宜蘭の麺料理

航空券:15,000円
ホテル:7,000円
食費:17,000円
合計:39,000円

台湾東部で起こった地震の復興支援に、宜蘭(イーラン)と首都の台北を2泊3日で旅してきました。小籠包を食べまくったり、おしゃれなカフェでたくさんスイーツ食べてたので、食費は少し高めです。

 

バリ島3泊4日:

東南アジアのおすすめ5位はインドネシア(バリ島)

東南アジアのおすすめ5位はインドネシア(バリ島)

航空券:32,000円
ホテル:7,000円
食費:10,000円
合計:49,000円

インドネシアのバリ島へ旅行した時は合計49,000円ほどでした。プール付きでもホテルは安く、食事もコスパが高かったですが、台湾や韓国と比べると航空券が高いですね。

 

ハワイ5泊6日:

ダイヤモンドヘットからワイキキを望む

ワイキキビーチウォーク

航空券:18,000円
新幹線:28,000円
ホテル:21,000円
食費:20,000円
合計:87,000円

これまでハワイ行きは航空券の高さがネックでしたが、関西国際空港とホノルル間にエアアジアが就航して、18,000円で行けるようになりました。東京から新幹線で大阪まで行っても、合計46,000円です。圧倒的にハワイが安くなった。

ちなみに、ホノルルにもドミトリーがあるゲストハウスが少しだけありますが、1泊4,000円とアメリカ価格です。

 

アイスランド周遊10泊11日:189,000円

アイスランドの氷の洞窟に行く

「ダイアモンドビーチ」の夕暮れ

航空券:75,000円
ホテル:50,000円
食費:8,000円
レンタカー&ガソリン:9,000円
アクティビティ:30,000円
合計:189,000円

名前のついていない絶景を満喫したアイスランド周遊は11日間で合計19万円ほどでした。航空券代が安かったことが大きいです。通常15万円くらいはするので。

また、アイスランドは食料自給率が日本よりも低く、多くを輸入に頼っているのでランチが1500円くらい平気でします。そのため、旅行費用を下げるなら自炊が基本。

他にもアイスランド旅行についてよく聞かれることは別記事にまとめましたので、ユニークな旅行先がを探している方にぜひ検討していただきたい場所です。

 

海外旅行の最新相場 | まとめ

本記事では「海外旅行の最新相場」を紹介しました。旅行費用を安くする工夫をある程度したけど、それでもお金が足りなくて。もっと旅行がしたい!という方は次に「旅行資金を貯める8つの方法」を読んでください。

お金を貯める方法を学びましょう。月5000円貯められれば、毎年1回多く旅行できますよ。

 - トラベルハック / Travel Hacks