ひとりぼっちで、Webマーケティングを勉強する方法

ひとりぼっちで、Webマーケティングを勉強する方法

   

Webマーケ初心者「Webマーケティングについて基礎的なことは分かったけど、もっとレベルアップするためには何をすればいいかわからないなぁ。社内に相談できる先輩や同僚もいない。自分一人でWebマーケティングの勉強を進めるのはどうしたらいいのだろう...」という疑問に答えます。

 

記事の内容

・ひとりぼっちで、Webマーケティングを勉強する方法
・学んだWebマーケティングの知識を実戦で試す方法が分かる

 

2014年に創業したTABIPPOでは、Webマーケティング領域の責任者を担当していて、さらに前職はWeb系広告代理店のオプトに勤務していましたが、ほぼひとりぼっちでWebマーケティングを学んできました。

5年かかって大好きだった旅を仕事にできたのは、Webマーケティングの波に乗れたことが大きくて、オプト時代は楽天や洋服の青山など、上場企業のWebマーケ担当と一緒に毎日クタクタになるまで試行錯誤していました。

ただ、僕のWebマーケティングは誰かに懇切丁寧に教えてもらって学んだ技術ではありません。Webマーケに関わる先輩も同僚もいましたが、全員が忙しすぎて勉強の道筋を立てるところから、実践までひとりぼっちでやるしかなかった。

こんな背景がありますので、記事内で紹介する方法を実行してもらえれば、どんな人でも他人に頼らずに自分のペースでWebマーケティングの勉強をして結果を出すことができます。

 

ひとりぼっちで、Webマーケティングを勉強する方法

次の4通りの方法がありますので、順番に紹介していきます。
・Web上のカリキュラムで学ぶ(無料)
・書籍で学ぶ(有料)
・事例や最新情報から学ぶ(無料)
・勉強会やセミナーに通う(有料)

まず、覚えて欲しいのは無料の勉強法と有料の勉強法をうまく組み合わせることです。有料の手法は短時間で濃い学びを得られるので、ベースは無料の勉強方法を使い、ポイントで有料の勉強を取り入れましょう。

 

Web上のカリキュラムでWebマーケティングを学ぶ

Webマーケティングに関するWebカリキュラムはferret一択です。2018年4月時点では40講座あるので、全部読んでください。

>> Webマーケティングを体系立てて学ぶWebマーケティング講座記事 | ferret [フェレット] 

 

Webマーケティングは総力戦なので、SEOだけ、リスティングだけといった専門に特化するよりも、全体像とそれぞれの関わり方を把握して実践できる方が結果を出せます。

 

書籍でWebマーケティングを学ぶ

オススメの書籍を3冊掲載しておきます。書籍の購入を渋って、誰かから借りようとしたり、何とか経費にできないかと画策する人がいますが、中古版やKindle版を購入すれば1冊数百円〜1000円程度です。

3~4冊買って、ようやく飲み会1回分のお金しかかからないので、飲み会よりもWebマーケティングの勉強の方が重要だと感じるなら、サクッと買いましょう。

 

事例や最新情報からWebマーケティングを学ぶ

Webマーケティングの事例や最新情報はFeedlyなどのRSSアプリに下記の7サイトを入れておけばOKです。毎日、全部を読むのは非効率なので、自分の関わっている業界や業種に関係のあるところだけ、つまみ食いしてください。

Web担当者フォーラム
MarkeZine(マーケジン)
AdverTimes(アドタイ)
Ferret(フェレット)
バズ部
SEO JAPAN
freshtrax(フレッシュトラックス)
DIGIDAY(デジデイ)

 

勉強会やセミナーでWebマーケティングを勉強する

勉強会やセミナーはインターネット上にも現れない、根本的な考え方を学びにいきます。勉強会の情報はPeatixなどのイベントサイトで調べると、数が多く違いも分かりづらいので絞りきれません。

そこで、僕の場合はTwitterやFacebookでWebマーケティングについて情報発信している人を見つけて、その発信者の勉強会か、発信者が紹介するセミナーに参加しています。

 

以上が、ひとりぼっちで、Webマーケティングを勉強する方法でした。次にWebマーケティングの知識を実戦で試す方法を説明します。

 

Webマーケティングの知識を実戦で試す

最小のコストで、効率よくWebマーケの知識を試す方法はブログです。今さらブログかよ、と思う方もいるかもしれません。

しかし、ブログを運営して軌道に乗せるまでには、サーバー、ドメイン、ブログサービスの立ち上げなどにはじまるWebの構造を知り、コンテンツを作り、SEOやSNSに乗せて情報を拡散するという、Webマーケティングに必要な基礎が詰まっています。

 

最近は、ブログ運営の経験があるかを重要視するWebマーケティングの企業も増えてきて、入社の条件に「ブログで月5万円稼げていること」を挙げている上場企業があります。入社試験に合格しても、月5万円を達成するまではインターン扱いだそうです。

ブログを立ち上げるだけだったら、はてなやアメブロでサクッと始めれば5分もかかりませんが、今回の目的はWebマーケティングの知識を試すことなので、サーバーを借り、ドメインを決めるところからはじめましょう。

ちなみに、サーバーはロリポップ、ドメインはお名前.comというお手軽プランで十分です。いきなり、リッチなサーバーを使ってもすぐにはアクセスは集まらないので。

 

知識はプライベートで試し、ビジネスに生かすと最強

ご覧いただいている僕の個人ブログ「Work Life Chaos」は新しい知識や思いつきの実験場として使っていますが、ブログ経由でWebマーケティングコンサルタントの依頼を受けたり、ラジオ出演の連絡もらったりしてます。

学ぶ→試す→生かす→学ぶ...のサイクルを作れると、勉強だけで終わらずに結果に繋がります。試す場がないと、なかなか実践の場がなくてモヤモヤしちゃうので、自由にいじれる庭のような場所を作りましょう。

 

ひとりぼっちで、Webマーケティングを勉強する方法のまとめ

Webマーケティングの初心者向けに勉強方法をまとめてきましたが、Webマーケが分かる、できるようになれば、向こう5年間くらいはどんな業界に入っても活躍できます。特にWebマーケティングとまだ関わり合いの薄いBtoBの企業やニッチな業界なら、すぐに業界の第一人者になることも。

周りに頼れない状況で学びを続けるのは大変だと感じるでしょうが、古くから「師匠からは見て盗め」という考え方があるように、多くの人の環境はそんなものです。諦めずに、粘り強く勉強した先に道は開けるはず。

 - Webメディア運営 / Media