Webライターのキャリアアップを実績ゼロの段階から解説

Webライターのキャリアアップを実績ゼロの段階から解説

      2019/06/01

Webライターの方:キャリアに悩んでいます。書くことが好きで、Webライターになりましたが、案件を黙々とこなすだけで将来が心配です。Webライターのキャリアアップはどのような方法があるのでしょうか。教えてください。

という質問にお答えします。目安として、執筆した記事数ごとにWebライターがキャリアアップに向けてやるべきことを解説します。

 

Webライターのキャリアアップはお金とやりがいのバランスが大切

Webライターにとってのキャリアのゴールはお金とやりがいのバランスが望むように調整できるようになることです。ライターとして働くうちにお金が必要なタイミングや、やりがいを重視したいタイミングなど様々な波がきます。その時にうまくバランスを取れる実力や実績、人気がある、つまり仕事を選べる状態が理想です。

 

執筆経験が0記事〜10記事のWebライターのキャリアアップ

  • 自分のブログを立ち上げる
  • 自分が特に自信のあるジャンルで10記事をブログに執筆する
  • 記事の構成を作る技術を身につける

まず、執筆の経験が0記事〜10記事の場合はライター応募の際に提出できる実績がないのがネックですので、自分でブログを立ち上げましょう。ライターの実績として提出するブログなので、デザインや画像、写真にこだわる必要はありません。

執筆する内容はライターとして今後取り組んでいきたいジャンル=自分が好きで自信があるジャンルになりますが、どうしても記事のテーマが思いつかない場合は過去の自分を助ける記事を書けばOKです。

<関連記事>

また、最初のうちに記事の構成を作る技術を覚えておくと、今後とても役に立ちます。執筆のスピードが遅い、記事のテンポが悪い、論理的に説明できない、などのライティングに関する悩みは構成の弱さが原因です。

そんな時はWebライターの聖書と呼ばれる「ナタリー式」をベースに、記事の構成作りを進めてみてください。劇的に改善されます。

 

執筆経験が11記事〜30記事のWebライターのキャリアアップ

  • ブログ記事の実績を元にクラウドワークスで案件を獲得
  • SEOライティングの技術を身につける

10記事ほど執筆したら、それらを実績としてクラウドワークスでWebライティングの案件に応募してください。いくつか案件を経験していく中で、しっかりと編集・フィードバックをもらえるクライアントがいたら、その仕事を継続することで成長できます。

ブロガーとライターの大きな違いはクライアントがいることです。望まれる内容をいかに書けるかという目線でクライアントが考えていること、よく言われることを学んでいきましょう。

 

また、この段階でSEOライティングの技術を理解しておくと、クライアントに優秀なライターとして重宝されます。

 

執筆経験が31記事〜60記事のWebライターのキャリアアップ

  • クラウドワークスの実績を元にサグーワークスで案件を獲得
  • アプリやWebサービスでライティングを効率化する

経験と実績が増えてきたので、より高単価で難易度の高い案件が多いサグーワークスから仕事を探してみましょう。また、徐々にライティングに慣れてきたはずなので、Webライター向けのアプリやWebサービスを導入して効率化を計りましょう。

書くことが好きな方は1つの仕事に多すぎる時間をかけることもありますが、健康な生活と適切な収入を受け取るためには、仕事の時間を短縮する努力は常に必要です。

 

執筆経験が61記事〜100記事のWebライターのキャリアアップ

・60記事の実績を元に、Webメディアに直接応募する
・編集者の技術を身につける

ここまでのキャリアをくれば実績は十分ですので、気になっているWebメディアに直接ライターとしての採用を持ちかけましょう。例えば、旅行系のWebメディアでしたら下記の記事にライター募集が出ています。

また、さらにキャリアップを目指す場合は、編集者としての技術が求められることがあります。例えば、記事の企画やタイトルの作成、アイキャッチ画像の選出などです。ライティング専業でもキャリアアップしていくことはできますが、包括的にコンテンツを作ることができれば活躍できる幅は広がります。

 

執筆経験が100記事以上のWebライターのキャリアアップ

・これまでに実績を元に、企業に自主企画を提案する

100記事の執筆、お疲れ様でした。今後はクラウドワークスサグーワークス経由の仕事、Webメディアから直接の仕事などを進めつつ、自分がやりたい企画があれば企業に提案してください。例えば、僕の実績だと、冬のアイスランド旅行やアメリカ横断などを自主企画として企業と実現してきました。

企画書の作成や企業へのプレゼン、進行のコントロールなど様々な新しいことをする必要はありますが、自分がやりたい企画が実現できた時は成長を感じます。

また、自分の書きたいことを書くほうが良いと気づいた方は、ライターだけではなくブロガーを検討してください。収入が不安定になるのでいきなり転向するのではなく、徐々にブロガーとしての実績と結果を残して、目処がついた段階でキャリアチェンジする方法です。

<関連記事>

 

まとめ

Webライターのキャリアアップについての解説は以上です。報告書、週報、メール、チャットなど、現代の仕事のほとんどは書く仕事です。Webライターとしてお金をもらって、情報を伝える経験はあらゆる仕事にとってポジティブな影響がありますから、興味がある方はぜひ挑戦してください。応援しています。

 - Webメディア運営 / Media