転職して1年経って思うこと。

  • 2014.09.11

こんばんは、るいす(@NY_ruisu)です。

 

友人であるしみなお(@shiminao0309)から転職の誘いを受けて1年経ちます。
彼からのいつにない真面目な電話で、「結婚か!?」と思った当時から『ようやく1年か…』って感じです。
超長かった。

 

人生で久しぶりに夜眠れないくらい悩んで出した選択です。
こんなに悩んだのは大学選択ぶりでした。
地元の大学に行くか、東京の大学に行くか、小食になるくらい悩みました。笑

 

振り返ってみるとあの時東京に出てきていなかったら、
世界一周していることも、TABIPPOやっていることもなかった。
そう考えると、 いまのぼくを作っている大きな要素がガンガン抜けているので、どうなっているのか想像もできません。

 

夜遅いし、目が疲れるし、太るし、(給料は安いし、)有給は取れないけど、
仕事は楽しいです。
もちろん、以前の仕事も楽しかった。

 

何度か、「前の仕事はつまらなかったの?」と聞かれることがあったけど、
そんなことはなくて、非常に意義のある大きな仕事をたくさん任せてもらいました。
期待もしていただいていたと思います。
その中で結果を残す前に辞めたことは、今でも気にはなっています。
けれど、あのタイミングに間違いはなかったと、間違いにはしたくないなと思っています。

 

 

いまの楽しい生活もいつか終わりがくる。
その時に笑えるように、今日も楽しみます。

 

そろそろ、帰ろうかな。笑

 

 

 

るいす

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?