サイトリニューアルしました
海外旅行先のホテルを安くする9つの裏技

海外旅行先のホテルを安くする9つの裏技

海外で安くホテルに泊まりたい旅行者航空券を安く予約する方法は分かったので、次は海外旅行先で安くホテルに泊まる方法を知りたいです。もちろん、宿泊場所のランクを下げれば安くなりますが、上手に予約することでランクを変えずにコスパよく泊まることはできないでしょうか。

という質問にお答えします。

 

海外旅行先のホテル予約はAgodaかBooking.comを使用します

海外旅行先のホテル予約はAgodaかBooking.comを使用します

これまでに55カ国を訪れて、100以上の海外ホテル・ホステルに宿泊しています。ほぼ全ての場合で、ホテルの検索、比較、予約はAgoda(アゴダ)かBooking.com(ブッキングドットコム)で完結しています。

AgodaよりもBooking.comの方が掲載ホテル数は多いように感じますが、アジア圏においてはAgodaが優勢です。また、Agodaの場合は事前決済(Booking.comは現地決済)なので、宿泊料金に関するトラブルが少なく、領収書もサイトで一括管理できる(Booking.comはサイトでは領収書を発行できない)のも強いです。

宿泊料的には大きな差はできませんので、両方のサイトや予約画面を利用してみて使いやすい方を選んでいただければOKです。

» Agoda
» Booking.com

 

補足:国内旅行のホテル予約は楽天トラベル一択です

ちなみに、国内旅行の場合はすべてのホテル宿泊を楽天トラベルで予約しています。理由は、僕が楽天経済圏の中に入っているからで、楽天プレミアムカード、楽天sim、楽天銀行など、各種サービスを楽天に統一しているおかげで、楽天ポイントだけでかなり旅行ができるようになっています。

今のところは、楽天トラベルに海外ホテルの掲載件数が少ないためAgodaやBooking.comを使っていますが、もし楽天トラベルが海外向けに伸び始めたら切り替えるかもしれません。

» 楽天トラベル

 

会員セールや今日のお得情報で予約する

会員向けセールで予約する

Booking.comであればGenius会員(Booking.comで5泊すると会員になります)向けの10%オフセール、Agodaであれば「今日のクーポン・割引料金」ページの5%〜10%オフセールを利用すれば、割引価格でホテルを予約することができます。

 

空港送迎付きのホテルを予約する

空港送迎付きのホテルを予約する

ホテルによっては空港からの送迎やシャトルバスが用意されていることがあります。空港が遠い場合や公共交通機関が不便でタクシーを使う場合は、空港とホテルの往復で費用がかかりますので、送迎付きのホテルを予約することでトータルの費用を安くすることができます。

 

世界的に旅行者が増えるシーズンを避けて旅行をする

世界的に旅行者が増えるシーズンを避けて旅行をする

旅行者が増えるハイシーズンに宿泊費用が高くなるのは海外も日本も変わりません。

3月下旬〜4月上旬:アメリカ・ヨーロッパの春休み
7月上旬〜8月下旬:ヨーロッパのバカンス
11月第3週:サンクスギビングデイ休暇
12月中旬〜1月上旬:クリスマス〜年末年始
2月中旬〜下旬:中国の旧正月

この辺りの旅行は避けて、もし避けられなければ早めにホテルを予約することをオススメします。

 

旅行代理店のツアーの方が安いことも

旅行代理店のツアーの方が安いことも

海外旅行に慣れてくると、自分で航空券とホテルを予約することが多くなってきます。ただし、期間や目的地によっては、旅行代理店が提供している格安ツアーの方が安いこともあります。

格安ツアーは添乗員や行き先の指定がなく、航空券とホテルがパッケージになっているだけのものも多くありますし、ホテルも中級以上なので実はお得だったりします。

 

航空券とホテルを一緒に予約する

航空券とホテルを一緒に予約する

中級以上のホテルに宿泊する旅行の場合、Expedia(エクスペディア)で航空券とホテルを一緒に予約することで割引のサービスを受けることができます。

航空券代も計算することになるので比較は大変になってしまいますが、Expediaの「Air+割」はホテル代が最大で全額無料になるのでうまくすれば、大きな節約になります。

 

セルフバックを使う

セルフバックを使う

ホテルの予約サイトがASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)経由で提供しているセルフバックサービスを使えば、宿泊金額の一部(3.6%〜5.1%)が返金されます。

Booking.com:a8からセルフバックすれば3.6%の返金
Agoda:バリューコマースからセルフバックすれば5.0%の返金
Expedia:バリューコマースからセルフバックすれば5.1%の返金

セルフバックについて詳しくない場合は、関連記事から手順をご覧ください。

<関連記事>

 

深夜便や夜行列車、夜行バスを利用する

深夜便や夜行列車、夜行バスを利用する

飛行機の深夜便や夜行列車、夜行バスを使えばそもそもホテルに泊まらないで済むこともできます。しかし、日本発の深夜便に関しては旅行先で時間を有意義に使いたい!という旅行者に人気のため、昼便に比べて割高になっていないか要確認です。

特に、金曜日の夜便は有給休暇を使わず(節約して)海外旅行へ行くチャンスなので、値段が高くなりやすいです。

<関連記事>

 

新しくできたホテルに宿泊する

新しくできたホテルに宿泊する

実際にホテル経営者に聞いた話ですが、新しくオープンしたホテルやホステルは宿泊者の良いレビューを集めるため、オープンから一定期間は本来の値段よりも割安な価格で提供することがあるそうです。一方で、レビューの少ないホテルやホステルは、まだ十分に評価されていないため注意は必要です

 

Airbnbに宿泊する

Airbnbに宿泊する

旅行先でゆったりと暮らすように旅をすることが好きなら、ホテルやホステルではなく民泊のAirbnbを利用すると節約になります。Airbnbの場合、キッチンや洗濯機、冷蔵庫などがありますので、自炊や洗濯も自由にできます。

 

まとめ

今回の記事は以上です。海外旅行先のホテルを安く予約する裏技という視点でポイントを紹介しましたが、大切なのは広い範囲で比較することです。航空券+ホテルとの比較やホテル付きの格安ツアー、Airbnbなど色々な方法を知っているほど、自分にとってコスパの高いホテル予約ができるようになります。

比較検討が面倒な場合は、セルフバックだけやればOKです。こちらはホテルの宿泊費用に応じて、一部が返金される仕組みなので確実に今の値段よりも安くなります。