6/13 コルドバでタパスタパス

  • 2014.07.21

◆現在5カ国目、コルドバ(スペイン)◆

青い空、白い家、おいしい食べ物!スペインらしくなってきました。どーも、るいすです。

じっくり休んで体力も回復。コルドバの街を見て回りました。動画でも言ってたのですが、観光地以外の場所では極端に人が少なくて、店もあまり空いていませんでした。危険は感じなかったけど、なぜだったのか分かりません。曜日かな。

歩いたりバス使ったりしながら半日ウロウロしてたのですが、やっぱり街が綺麗でした。マドリッドもそこそこ綺麗だったけど、首都なので建物も高くて汚い部分も多かったです。しかし、コルドバは白い建物と路地と公園でスペインっぽい街並み。


スペインと言えば、カテドラル


こんな感じでみんな昼間っから飲んでます

中心部にある官公庁


街中にぽっとあった公園

バーガーキングもちょっとお洒落してます。

夜はスペインバルに行って食事。
スペインでは一品が2,3ユーロのタパスがお酒のつまみみたいです。

適当に何品か頼みました。
どのお店も、「こんなタパスがあるよー!」ってお店の前に看板出してます。

久しぶりにビールを飲んで、ほろ酔い気分になりながら宿に戻り、次の日のパッキングもやらないままに寝てましたw
明日はアルハンブラ宮殿で有名なグラナダへ移動!

るいす

■次の記事はこちら

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?