さらに海外旅行に行くためにクレジットカードを2枚追加しました【保険を手厚く】

旅行保険を手厚くするクレジットカードを2枚追加しました

ズボラな旅行好きによるクレジットカードの組み合わせで、僕が持っているクレカを紹介しましたが、さらにたくさん海外旅行に行くことを見越して新しく2枚のクレジットカードを追加しました。

今回は海外旅行保険を手厚くすることが目的です。既存のカードと追加の2枚で完璧な布陣となりました。これまで海外で病院に行ったことはないのですが、念には念を入れるスタイルなので、これでいいんです。

 

筆者の旅行歴とクレジットカード

map

これまで訪れた国は78ヶ国です。世界を2周して、タイ移住やニューヨーク留学なども経験していますが、幸運にも大きな病気や怪我はありません。ただ、ベラルーシでロストバゲージしたり、アメリカ横断中に車のサイドミラーを吹き飛ばしたりしてるので、ギリギリな感じです。

関連記事

前田 塁(まえだ るい)生年月日:1987年7月17日所属:株式会社TABIPPOTwitter:@NY_ruisuFacebook:ruimaedaInstagram:@rui_maeda […]

ルイス前田

年齢的にもそろそろ無茶ができなくなってきたので、クレジットカードとセットになっている海外旅行保険を手厚くするためのクレカを追加しました。

 

現在持っているクレカは下記の2枚。

カードをたくさん持つのは好きじゃないので、できるだけ減らした結果です。交通費のみをSuicaで支払って、あとは楽天カードを使って、楽天ポイントを貯めまくってました。

楽天プレミアムカードには付帯保険(自動的に効力を発揮する)での海外旅行保険がセットなので、何かあればそれでカバーするつもりでした。

 

ただ、

  • 楽天プレミアムだけだと補償金額が不十分
  • 保険でカバーされる期間が3ヶ月まで

という課題がありました。そこで追加したのが、エポスカードとリクルートカードです。どちらも年会費は無料。

 

海外旅行保険を手厚くする2枚のクレジットカード

楽天プレミアムカードで年会費11,000円(税込み)がかかっているので、年会費が無料のものに限定して、海外旅行保険を手厚くするクレカを探した結果

この2つが良さそうでしたので、新たに契約しました。

 

エポスカード

  • 入会金無料
  • 年会費無料
  • 自動付帯の海外旅行保険
  • 旅行保険の有効期間は出発から90日間

エポスカードのスペックは上記です。年会費無料なのに、自動付帯で海外旅行保険が付くカードは珍しく、旅行業界では「初めてのクレジットカードなら、とりあえずエポス持っとけばOK」と言われる理由でもあります。

 

エポスカードの具体的な補償内容はこちらです。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)*20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

*1 損害額から、自己負担3000円を引いた金額が保証される
*2 携行品損害は、1個・1組・1対あたりの限度額が10万円

 

僕はあまり利用しませんが、カード発行でマルイで使える2,000ポイントも付与されるので、とりあえずエポスは当面続きそうです。
» エポスカードの詳細

 

リクルートカード

  • 入会金無料
  • 年会費無料
  • 利用付帯の海外旅行保険
  • 旅行保険の有効期間はカード利用から90日間

リクルートカードのスペックで重要な点は、海外旅行保険の有効期間がカードの利用から90日間であることです。旅行の出発日ではないので、90日以上の旅行をする場合は自動付帯の保険が切れる頃にカードを使えば、合計で180日間を旅行保険でカバーすることができます。

 

なお、旅行保険が開始されるカードの利用には条件があり、

  • 公共交通機関の支払いをカードでする必要がある
  • レンタカー代やUBER、高速道路代、駐車場代では保険が有効にならない
  • 電車やバス(回数券やプリペイドカードも含む)、タクシー、船、航空券などの支払いで保険が有効になる
  • 保険を有効にできるのは1旅行中に1回まで

などを覚えておいてください。

 

リクルートカードの具体的な補償内容はこちらです。

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2000万円
傷害治療費用100万円(1事故の限度額)
疾病治療費用100万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)*20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

*1 損害額から、自己負担3000円を引いた金額が保証される
*2 携行品損害は、1個・1組・1対あたりの限度額が10万円

携行品損害に関する補足はエポスカードと同じです。

 

旅行出発から90日以降はエポスカードや楽天プレミアムカードの保険が切れてしまっているため、補償額は小さくなりますが、無いよりは断然良いですね。

なお、リクルートカードは1人2枚まで発行することができるので、ダブルカードで補償を手厚くするという方法もあります。

» リクルートカードの詳細

 

旅行保険を手厚くするクレジットカード | まとめ

旅行保険を手厚くするクレジットカードは下記の2枚です。

愛用している楽天プレミアムカードも加えて、30日から90日程度の旅行であれば安心できる保険内容になりました。ただ、90日以上の旅行の場合は、旅行保険でカバーすることになります。

世界一周経験者や海外旅行の達人も「旅行保険の費用はケチるな」と言いますから、保険代は必要経費として確保して、他の部分で旅行の費用は抑えてください。

関連記事

海外旅行のお金を安くしたい人:とにかくたくさん海外旅行に行きたいので、1回の旅行費用をできるだけ安く抑えたいです。どんな方法があるのか教えてください。という質問にお答えします。今回の記事では 航空券のお金を安くする […]

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。