フリーランスWebデザイナーの年収と単価相場は?案件やスキルで変動する収入

webデザイナー 年収
  • 2024.07.03

「フリーランスWebデザイナーになってみたいけど年収が気になる」という方もいらっしゃるでしょう。これからフリーランスWebデザイナーを目指すうえで、年収や働き方は大切な要素になります。

本記事では、フリーランスWebデザイナーの平均年収や年収を上げる方法を解説します。

 

年収が気になる人やWebデザイナーとして収入を安定させて行きたい方は参考にしてください。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

フリーランスWebデザイナーとは

フリーランス Webデザイナー とは

フリーランスWebデザイナーは、プロジェクトを自分で管理したり、好きな場所で好きな時間に働けたりして、会社員と異なるライフスタイルを送っています。以下では、フリーランスWebデザイナーの仕事内容と働き方について解説します。

 

フリーランスWebデザイナーの仕事内容

フリーランスWebデザイナーは、企業や個人から依頼されたWebサイトやバナー、ロゴなどのデザインを作成して納品することが主な仕事です。会社員Webデザイナーと異なり、フリーランスはクライアントとの直接的なコミュニケーションや多様なプロジェクト管理を行い、より柔軟な働き方が求められるでしょう。

 

フリーランスWebデザイナーの働き方

フリーランスWebデザイナーの働き方には、「在宅型」と「常駐型」の2つがあります。在宅型は時間や場所に縛られないため、自分のペースで仕事ができます。

一方、常駐型はクライアントとのコミュニケーションが取りやすく、フィードバックがもらいやすいです。自分のライフスタイルや仕事の進め方に合った働き方を選べるので働きやすいでしょう。

 

フリーランスWebデザイナーになる方法

フリーランス Webデザイナー なる方法

フリーランスWebデザイナーになるには、どのような方法があるのか以下で3つご紹介します。自分に合う方法を実践してみてください。

 

独学でフリーランスを目指す

1つ目の方法は、独学でWebデザインスキルを身につけて、フリーランスになる方法です。本やYouTubeなどを活用して、段々と実務をこなすことで独立することができるでしょう。

 

Webデザインスクールに通う

Webデザインスクールに通うことで独学に比べて、短期間で効率的にスキルを習得できます。スクールによりますが、実務に直結したカリキュラムや現役Webデザイナーからの指導も受けることも可能です。

 

海外ノマド体験「ノマドニア」では、Webデザインのワークショップが開催されており、実践的な体験ができます。詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

 

副業か制作会社転職で実務経験を積む

副業や制作会社への転職で実務経験を積み、フリーランスになる方法もあります。メリットとしては、収入を得ながらWebデザイナーとしての実務経験を積むことができる点です。

副業でクライアントの案件を手がけたり、制作会社で働いたりすることで、実案件に携わりながらWebデザイナーとしての経験を積むことができます。

 

フリーランスWebデザイナーになるために準備するべきこと

フリーランス Webデザイナー なるため 準備するべきこと

フリーランスWebデザイナーになり、自由なライフスタイルを歩みたい人もいらっしゃるでしょう。しかし、フリーランスWebデザイナーになるためには以下の3つを準備する必要があります。

 

フリーランスWebデザイナーになる目的を明確にする

フリーランスWebデザイナーになる目的を明確にすると仕事に対するモチベーションを保ちやすくなります。たとえば、ノマドになって好きな時間、好きな場所で働けるようになりたいという目的を設定することで、仕事への取り組み方が変わり、成長のきっかけを作れるでしょう。

 

開業届を提出する

フリーランスWebデザイナーとして活動する前に開業届の提出をしましょう。開業届を提出すると青色申告が可能となり、税制上のメリットを受けられます。

 

開業届の提出は、フリーランスとしての信頼性を高め、確定申告の準備を整えるために不可欠です。

 

半年分の生活費を貯金する

フリーランスWebデザイナーになる前に半年分の生活費を貯金しておくことも大切です。フリーランスは収入が変動しやすく、不安定になることがあります。

クライアントからの支払いが遅れたり、案件が途切れたりする場合も。最悪の状況でも生活費が確保されていれば、焦らずに次の案件に集中できるでしょう。

 

フリーランスWebデザイナーの平均年収と単価相場

フリーランス Webデザイナー 平均年収 単価相場

フリーランスWebデザイナーとして働く際、平均年収と単価相場を知っておくことで、安売りせずに仕事を受注できるようになるでしょう。以下では、平均年収と単価相場を解説します。

 

フリーランスWebデザイナーの平均年収

フリーランスWebデザイナーの平均年収は400万円程度ですが、年収には個人差があり、1000万以上稼いでいる方もいらっしゃいます。フリーランスWebデザイナーは、会社に所属する場合と異なり、仕事が多いほどそれだけ収入も右肩上がりです。

同時に単価が高い案件を受注できるように工夫すれば、少ない労力で平均年収を超えられるでしょう。

 

フリーランスWebデザイナーの単価相場

フリーランスWebデザイナー案件の単価相場は、案件によって大きく異なります。以下では、Webサイトの種類別のデザイン単価をご紹介します。

 

Webサイトの種類金額
企業サイト3万円~30万円
ランディングページ3万円~20万円
採用サイト5万円~30万円
ECサイト5万円~50万円

 

Webデザインといっても、Webサイトの種類や規模により費用は大きく異なるでしょう。実力次第で1件当たり50万円以上のWebサイトデザイン案件を受注することも珍しくありません。

 

また、Webサイト以外のデザイン相場は以下になります。

 

種類単価
バナーデザイン5000円〜5万円
ロゴデザイン3万円〜15万円
YouTubeのサムネイル作成1500円〜5000円
公式LINEのリッチメニュー1万円〜3万円

 

使用可能なツールやデザインの幅が広ければ広いほど、様々な案件が受注できるようになるため収入が安定するようになるでしょう。

引用元:【WEBデザイナー案件の単価相場まとめ】稼ぐための設定方法も解説 | 日本デザイン

 

フリーランスWebデザイナーで年収を上げる方法

フリーランス Webデザイナー 年収 上げる方法

フリーランスWebデザイナーになって、年収を上げたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。以下では、年収を上げる方法を4つ解説します。

 

単価の高い案件に挑戦する

単価の高い案件に挑戦することで、時給が上がる可能性があります。営業スキルを磨き、対応可能な業務や実績をしっかりアピールすることで高単価案件を獲得しやすくなるでしょう。

 

複数のスキルを身につける

イラスト作成やUI/UXデザインなど、様々なスキルを習得することで案件の範囲が広がり、高単価や長期契約に繋がるでしょう。たとえば、UI/UXに強いデザイナーはWebマーケティングの知識があることから、クライアントにとって重宝されます。

 

Webディレクターを目指す

フリーランスWebデザイナーが年収を上げるためには、Webディレクターを目指すことも有効的です。デザイナーの上流工程であるディレクションやマーケティングスキルは、専門知識が必要とされるため高い報酬が期待できます。

同時に複数の案件を持つことも可能なため、単価が上がりやすいでしょう。

 

積極的に営業する

積極的に営業を行うことで単価の高い案件を獲得できる確率が高まります。クライアントの売上向上やブランディングなどに直結するWebデザインを提案することで、信頼度が深まり単価が上がるでしょう。

 

フリーランスWebデザイナーで年収が低い人の特徴

フリーランスWebデザイナーで年収が低い人の特徴に自己管理ができないことが挙げられます。また、成長意欲が乏しく、新しい技術やデザインの勉強をしていない傾向にあります。

 

さらに、営業力やクライアントとのコミュニケーションが不十分であることが多いです。上記ができていないと年収を上げることは難しいかもしれません。

 

しかし、フリーランスは収入が青天井なため、クライアントのことを思い日々勉強し、坦々と案件をこなすことで収入は上がるでしょう。

 

フリーランスWebデザイナーの案件獲得方法

フリーランス Webデザイナー 案件獲得方法

フリーランスはWebデザイナーは、自身で営業する必要があるため、案件獲得方法を学ぶ必要があります。以下では、フリーランスWebデザイナーの案件獲得方法を解説します。

 

クラウドソーシングを活用する

クラウドソーシングは、クラウドワークスやランサーズ、ココナラがおすすめです。初心者でも応募しやすい案件が多いので、案件獲得がしやすいでしょう。

一方、単価が低い傾向があるので、実績作りの機会にすることをおすすめします。

 

フリーランス向けのエージェントを利用する

フリーランス向けのエージェントを利用すると安定した継続的な仕事を選ぶことができ、営業や単価交渉の手間を省けます。ただし、エージェント利用には実務経験が求められることが多いので注意しましょう。

 

SNSを活用する

XやInstagramなどのSNSで自身の制作物を公開し、フリーランスや経営者と交流を図ることで案件獲得に繋がることがあります。実績を見せることで、信用されクライアントから直接仕事を依頼されることもあるでしょう。

 

交流会やコミュニティに参加する

交流会やコミュニティに参加することも効果的です。フリーランスや経営者、Webデザイナーとのネットワークを広げ、学びの機会を増やせるでしょう。

 

たとえば「ノマドニア」は、500名以上の卒業生が在籍する日本最大級のノマドフリーランスのコミュニティです。フリーランスWebデザイナーも多く参加しているため、おすすめです。

 

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

 

年収を安定させるためにWebデザイナーとしてスキルを習得しよう

フリーランス Webデザイナー 年収 まとめ

本記事では、フリーランスWebデザイナーの平均年収や年収を上げる方法を解説しました。フリーランスWebデザイナーとして年収を安定させるために、実践的なスキルを学ぶことをおすすめします。

 

また、フリーランスWebデザイナーとしてノマドになりたいと思う人は、ノマドニアへの参加も考えてみてください。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?