フリーランスライターとして独立するためには?必須スキルや未経験からのステップを解説

フリーランス ライター
  • 2024.07.03

自宅やお気に入りのカフェなど、好きな場所で働けるフリーランスライターに興味を持っている方もいらっしゃるでしょう。しかし、フリーランスライターとして働くためには、必要なスキルや注意点などを把握しておかないと失敗してしまう可能性があります。

本記事では、フリーランスライターとして独立するための方法や必須スキル、未経験からライターになるまでの具体的なステップについて解説します。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

 

フリーランスライターとは?

Webライター とは

 

フリーランスライターとは、特定の会社に所属せずフリーランスとしてWebメディアや雑誌などに記事を書くライターのことを指します。以下ではフリーランスライターの仕事内容や年収について解説します。

 

フリーランスライターの仕事内容・平均年収

フリーランスライターは、企業や広告媒体などクライアントからの依頼に応じて記事執筆やコンテンツの作成を行うことが主な仕事内容です。ライターの職種は様々で、ブログなどのWeb媒体に記事を書くWebライターや、広告や宣伝に使用されるキャッチコピーを執筆するコピーライターといった職種が存在します。

フリーランスライターの年収は、ライター自身のスキルや案件の量、質などに大きく左右されますが、400万円前後と言われています。

 

フリーランスライターのメリット・デメリット

フリーランスライターのメリットとデメリットは以下の通りです。

 

メリット
  • 時間や場所にとらわれない働き方ができる
  • スキル次第で高い報酬を得られる
  • 活躍の幅が広がっている
デメリット
  • 収入が不安定
  • 稼げるようになるまである程度の時間がかかる
  • 修正対応に追われることもある

 

ライターは自宅やカフェなどで仕事できるため、自分のライフスタイルに合った働き方やスキル次第で高い報酬を得られる点が大きなメリットです。また、Web媒体のメディアやサイトが増えてきたことによりライターとしての活躍の場が広がっていることも特徴の1つといえます。

一方、会社と違いフリーランスは自分で仕事を獲得する必要があるため、収入が安定しずらい点や実績が無いうちは稼ぎずらい点がデメリットです。

 

フリーランスライターに求められるスキル5選

Webライター スキル

フリーランスライターに必要なスキルは5つあります。以下で詳細に解説します。

 

ライティングスキル

フリーランスライターになるために基本的なライティングスキルは大前提です。他者が読んで理解しやすい文章や、クライアントが盛り込んで欲しい情報が表現されているなど、最低限身に着けておく必要があります。

 

企画力

フリーランスライターはクライアントから仕事を請け負って記事執筆を行いますが、案件を獲得するために自ら企画をして売り込むことも必要です。どんなテーマでどのような記事を執筆できるか、記事を書くことによりどのような効果をもたらすかなど、企画力は継続的な案件獲得のために必要なスキルになるでしょう。

 

リサーチ力

信憑性が高い内容の記事を執筆することは、フリーランスライターとしての信頼性につながります。そのため、信頼できる一次情報を徹底的にリサーチしてまとめることは、ライターとして必須スキルです。

 

コミュニケーション能力

質の高い記事を執筆するためには、クライアントが記事を通してどのような効果を得たいか、納品物になにを求めているかを正確に理解する必要があります。そのため、クライアントや取材相手など、記事執筆に関わる方々と正しく意思疎通を取り、良い記事を書くための情報をできるだけ引き出すコミュニケーション能力が必要です。

 

スケジュール管理能力

フリーランスライターとして生計を立てていくためには、複数の案件やタスクを同時進行することも珍しくありません。プロジェクトの状況や仕事量を正確に把握していないと、記事の執筆納期に間に合わなくなる恐れもあります。

仕事の納期を守れないとクライアントからの信頼を失ってしまうことにもなるので、日々のスケジュールを管理する能力は重要です。

 

未経験からフリーランスライターになるための5ステップ

Webライター ステップ

以下では、未経験からフリーランスライターになるための5つのステップについて解説します。

 

基本的なライティングスキルを身に着ける

フリーランスライターを目指す前に、まずは基礎的なライティングスキルを身に着けることから始めてみましょう。ライティングスキルは、専門書を通じた独学やスクールに通うことで身に着けられます。

文章作成の基本を学ぶことはもちろん、図や表を用いて必要な情報を読み手に分かりやすく伝えるための技術を中心に学びましょう。

 

副業としてライターを始めてみる

基本的なライティングスキルを身に着けたら、実際にライターとして活動してみましょう。本業が別にある場合は、副業から始めてみると良いかもしれません。

副業としてライター活動を始める際は、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトを活用しましょう。クラウドソーシングは幅広いジャンルのライティング案件が掲載されており、初心者でも自分の得意ジャンルで記事執筆ができるため、実践的な学びを得るために最適です。

 

実績を作る

クラウドソーシングサイトで案件を受注した後は、継続的に案件を受注して実績を作りましょう。様々なジャンルの記事執筆を経験していくことで、ライターとしての経験値が積みあがります。

また、執筆した記事を元にポートフォリオを作成して、自分のスキルや執筆経験をクライアントにアピールすることも大切です。

 

ライターとしての仕事の幅を増やす

ある程度実績を積んだら、ライターとして仕事の幅を増やすことを検討しましょう。例えば、今まで記事執筆のみ請け負っていたものを、構成や画像選定も巻き取って行うと、対応できる仕事の幅が広がります。

クライアントにとっても、ライターに任せられる仕事が増えると負担を軽減できるため、積極的に提案してみることをおすすめします。

 

フリーランスライターとして独立する

フリーランスライターとして収入が安定してきたらいよいよ独立です。ただし、独立前には以下の準備が必要です。

 

  • 開業届
  • 国民年金、国民健康保険への切り替え

 

開業届は事業を始めてから1ヶ月以内に提出する必要があるため、忘れずに行いましょう。また、フリーランスになるに伴い会社を退職した場合は、国民年金と国民健康保険への加入も必要です。

退職後に会社から送られてくる書類が届き次第、早急に手続きを行いましょう。

 

フリーランスライターの案件獲得方法

フリーランス ライター 案件獲得

フリーランスとして必要なスキルを身に着けたあとは、案件獲得のために行動を起こしましょう。以下で仕事を得られる3つの営業方法について解説します。

 

クラウドソーシングを利用する

フリーランスのライターとして独立したばかりで経験や実績が少ないうちは、クラウドソーシングの利用がおすすめです。クラウドソーシングはライティングに関する案件の数が多く、実績がなくても受注できる仕事が多いため、実績を積むという意味でもクラウドソーシングを利用すると良いでしょう。

しかし、クラウドソーシングは全体的に文字単価が低い傾向にあるため、フリーランスとして生計を立てるには難しい場合もあります。

 

個人ブログ・SNSを利用する

個人ブログを持っている場合は、自分の趣味に関することなどを記事にして積極的に情報発信していきましょう。内容を見た企業の担当者から仕事の依頼が来る可能性があります。

また、案件を獲得する方法としてSNSを活用することも良いでしょう。例えばX(旧Twitter)では、ライター募集のポストが多く存在し、直接DMを送ることで案件の獲得に繋がることもあります。

 

企業に直接営業を行う

案件を獲得する方法として、企業に直接営業を行うことも1つの方法です。メディアを運営している会社のWebサイトを確認し、ライター募集のページから問い合わせてみましょう。

応募の際はスキルを測るためにポートフォリオの提出や実績の提示を求められることがあるため、今まで手掛けた記事や実績をまとめて提示できるように準備が必要です。

 

フリーランスライターとして年収アップを実現する方法

フリーランス ライター 年収 アップ

以下では、フリーランスライターとして年収アップを目指すための具体的な方法について解説します。

 

ライティングスキルを磨く

ライターの生命線であるライティングスキルは継続的に磨いていきましょう。難しい専門用語を初心者向けに分かりやすく解説したり、読み手にサービスや商品の利用を促したりできるようになると、クライアントからの評価も高まり、単価の向上や継続依頼にも繋がります。

ライティングスキルを磨くためには、ライター向けの書籍やオンラインセミナーなど手段は様々なため、自分に合った方法でスキルを磨きましょう。

 

執筆スピードを上げる

執筆スピードを上げ、案件を多くこなすことも年収アップを実現するための方法です。実績が少ないうちは単価交渉が難しいこともありますが、同じ単価でも執筆スピードが上がることで、時給として考えた場合の収入が大きくなります。

例えば、文字単価1円の案件の場合、1時間で1000文字書く場合と3000字書く場合では、時給換算でその差は3倍です。

 

稼げる分野の専門性を上げる

専門的な知識を必要とするジャンルの記事執筆は、単価が高くなる傾向にあります。そのため、ライターとしての年収を上げるためには、稼げる分野の専門性を高めることが年収アップの近道です。

単価が上がりやすいジャンルとしては以下があります。

 

  • 不動産系
  • 医療系
  • 金融系
  • AI系

 

また、上記で挙げたジャンルに関連する資格を持っておくと、記事の信頼性も上がるため、ライターとしての希少価値をより高められます。

 

関連スキルを身に着ける

ライターとしての年収を効率よく上げたい場合は、以下のような関連スキルを身につけると良いでしょう。

 

  • SEO
  • Webマーケティング
  • Webデザイン

 

上記で挙げたスキルを身につけると、ライター以外にディレクターやマーケターなどの役割で仕事の幅が広がるため、年収アップだけでなくキャリアアップにもつながります。

 

フリーランスライターとして働く際に注意しておくべきポイント

フリーランス ライター 注意点

フリーランスライターは自由な働き方ができる点が魅力ですが、実際に活動していく上で、次の3点に注意してください。

 

複数のクライアントと契約しておく

プロジェクトによっては予算の都合で、急に依頼が止まってしまうことも珍しくありません。そのため、予期せずプロジェクトが終了してしまった場合でも、収入が途切れないように常に複数のクライアントと契約しておくことが大切です。

エージェントなどを利用している場合は、複数のサービスを利用することで安定的な受注経路を確保しておくこともおすすめです。

 

業務委託契約を交わしておく

仕事を受注する前には、必ず業務委託契約を交わしておきましょう。万が一、契約書を交わさずに仕事を受注してしまった場合、トラブルの際に自分の身を守れなくなってしまう可能性もあります。

クライアントとの直接契約が不安と感じる方は、フリーランス専用のエージェントサイトやクラウドソーシングの利用がおすすめです。

エージェントやクラウドソーシングでは業務契約を代行して行なってくれるため、何かトラブルが発生した場合でも運営会社を仲介できるため安心です。

 

納期は必ず守るように心がける

フリーランスライターとして活動していくために、提示された納期は必ず守ることは重要です。納期を守ることはクライアントへの信頼に直結し、今後の仕事にも影響を与えます。

また、設定した納期よりも早めに納品することを心がけると、クライアントからの信頼を勝ち取り、継続的な案件の受注や単価アップにもつながるでしょう。

 

未経験からでもフリーランスライターとして活躍できる!

未経験 フリーランス ライター

フリーランスライターは文章力さえあれば未経験からでも十分活躍できます。ただし、フリーランスとして大きく収入を伸ばすためには、スキルを磨くだけではなく、クライアントから信頼される存在になることが重要です。

本記事を参考にライターとしての継続的な努力を行い、成功のための第一歩を踏み出しましょう。

 

フリーランスライターになりたいが独学は難しそうという方は、ノマドニアへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?