Google認定資格の難易度・合格率・費用を比較表でまとめました【Googleマスターへの道】

Google認定資格の難易度・合格率・費用を比較表でまとめました【2020年最新版】

インターネットで仕事をしていると、Googleのサービスを使わない日はありません。Gmail、Google Drive、Google Analytics、Google+は終了してしまいましたが、現代インターネットではGoogle As No.1です。

そんなGoogleですが、実はたくさんの認定資格を無料で提供しています。本記事ではGoogle認定資格12種類について、難易度・合格率・費用などを解説します。

 

Google認定資格の一覧

2020年6月時点では、日本語で受けられるGoogle認定資格は下記の12種類。カリキュラムも、受講料も無料で提供しているので、実務経験が十分にある人なら参考書は不要です。

 

ツール名前出題数費用
Google AnalyticsGoogle アナリティクス個人認定資格(GAIQ)70問無料
Google広告Google 広告「ディスプレイ広告」認定資格50問無料
Google 広告の測定認定資格50問無料
「ショッピング広告」認定資格50問無料
Google 広告の動画広告認定資格50問無料
Google 広告「検索広告」の認定資格50問無料
Google 広告「アプリ広告」認定資格50問無料
Google Marketing PlatformCreative 認定試験48問無料
キャンペーン マネージャー認定試験57問無料
ディスプレイ&ビデオ 360 認定試験59問無料
検索広告 360 認定試験59問無料
YouTubeYouTube Music 認定資格50問無料

 

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)は、WebマーケティングやWebメディア関係者なら必ず使ってるGoogle Analytics(通称 GA)の知識に関する認定資格です。

 

GAIQ用の参考書や問題集も出版されていますが、発効日・改定日が古いので、Google Analyticsの学習書を使う方が最新の仕様に対応しています。

初心者なら「いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本」、ある程度GAについて知っている人が学び直すなら「徹底活用 Google アナリティクス デジタルマーケティングを成功に導く解析・改善のための操作ガイド」が人気です。

 

名前Googleアナリティクス個人認定資格(GAIQ)
出題数70問
制限時間90分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法Google アナリティクス初級者向けコース
Google アナリティクス上級者向けコース
申し込み先Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)試験

 

Google 広告「ディスプレイ広告」認定資格

Google 広告「ディスプレイ広告」認定資格

Google 広告「ディスプレイ広告」認定資格は、Google広告(旧:Google AdWords)のディスプレイ広告(いわゆるバナー広告)の専門知識に関する資格です。

検索連動型広告(リスティング)は別の認定資格になっていますので、主題範囲ではありません。

 

「ディスプレイ広告」認定資格の参考書や問題集は出版されていないので、Google広告に関する書籍か、Googleが提供するカリキュラムで勉強することになります。

 

名前Google 広告「ディスプレイ広告」認定資格
出題数50問
制限時間75分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法Google 広告「ディスプレイ広告」について学習する
申し込み先Google 広告「ディスプレイ広告」理解度テスト

 

Google 広告の測定認定資格

Google 広告の測定認定資格

Google 広告の測定認定資格は、Web広告を利用する場合の目標設定とトラッキングの設定、結果の分析、アトリビューションモデルの利用などの能力を認定する資格です。

 

GAIQと合わせて取得しておけば、Webマーケティングに関連するデータ取得、分析に関しては一通り学べます。専用の参考書や書籍は発売されていないので、GoogleのカリキュラムかGoogle広告全般に関する解説書で学ぶことになります。

 

名前Google 広告の測定認定資格
出題数50問
制限時間75分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法Google 広告キャンペーンのパフォーマンスを測定する方法を学ぶ
申し込み先Google 広告「測定」理解度テスト

 

「ショッピング広告」認定資格

「ショッピング広告」認定資格

「ショッピング広告」認定資格は、Google広告が提供するリスティング広告の中でも、eコマースに特化した「ショッピング広告(旧:商品リスト広告)に関する知識と能力を認定する資格です。

(他の認定資格は、Google広告「ディスプレイ広告」認定資格のように、Google広告のタイトルがついているのに、ショッピング広告だけないのはなぜなんでしょうね。和訳の際に取れたままになっているのでしょうか。)

 

「ショッピング広告」認定資格

具体的には、上記の広告ですね。検索キーワードに応じて、商品の画像付きの広告を検索結果ページに表示します。

 

Google認定資格の中では、実務がないと取得するのが難しいと言われています。EC分野での経験がないなら無理に取得せずに、実務と並行して取得することをオススメします。

 

名前「ショッピング広告」認定資格
出題数50問
制限時間75分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法ショッピング広告の基本について学習する
申し込み先「ショッピング広告」理解度テスト

 

Google 広告の動画広告認定資格

Google 広告の動画広告認定資格

Google 広告の動画広告認定資格は、YouTubeに配信する動画広告の設定やフォーマット、クリエイティブについての知識を認定する資格です。

 

YouTube広告は新しい広告フォーマットなので、Googleが提供しているレッスンの他に、書籍「動画広告“打ち手”大全 ネット広告の新時代を勝ち抜く施策設計 最強の戦略74」で勉強しておくと、今後の強みになるでしょう。

 

名前Google 広告の動画広告認定資格
出題数50問
制限時間75分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法動画広告のオーディエンス、フォーマット、クリエイティブの基本を学ぶ
申し込み先Google 広告「動画広告」理解度テスト

 

Google 広告「検索広告」の認定資格

Google 広告「検索広告」の認定資格

Google 広告「検索広告」の認定資格は、Google広告の主力である検索連動型広告(リスティング)に関する資格です。

認定資格を取得することで、リスティングにおける、キーワード設計、仕組みの理解(自動入札や最適化スコアなど)、アカウントの運用などの知識があることを証明できます。

 

リスティングはGoogleを代表する広告フォーマットなので、多数の書籍が発売されています。

リスティング初心者の方は「いちばんやさしい[新版]リスティング広告の教本(Kindle unlimitedで0円でした)」がオススメです。

 

名前Google 広告「検索広告」の認定資格
出題数50問
制限時間75分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法Google 広告「検索広告」の基本を学ぶ
申し込み先Google 広告「検索広告」理解度チェック

 

Google 広告「アプリ広告」認定資格

Google 広告「アプリ広告」認定資格

Google 広告「アプリ広告」認定資格は、アプリのインストールを促進する広告(旧:ユニバーサルアプリキャンペーン・UAC)についての知識と運用技術を認定します。

アプリ広告だけの書籍は見つからなかったので、Googleが提供しているドキュメントか、検索広告に関する書籍で基本を学ぶことになります。

 

名前Google 広告「アプリ広告」認定資格
出題数50問
制限時間75分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法Google アプリ キャンペーンを作成、最適化する方法を学ぶ
申し込み先Google 広告「アプリ」理解度テスト

 

Creative 認定試験

Creative 認定試験

Creative 認定試験は、Googleマーケティング プラットフォーム サービス認定資格の1つです。

Google Web DesignerやCreativeを使った実務の経験がないと取得は難しいとGoogleからアナウンスされています。

 

Creative 認定試験専用の書籍はないので、Googleが提供しているドキュメントやヘルプを中心に試験対策をするのがベストです。

 

名前Creative 認定試験
出題数48問
制限時間60分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法Creative 認定試験学習ガイド
申し込み先Creative 認定資格試験

 

キャンペーン マネージャー認定試験

キャンペーン マネージャー認定試験

キャンペーン マネージャー認定試験は、Googleマーケティング プラットフォーム サービス認定資格の1つです。Google広告の入稿や運用、管理、レポート作成をするためのキャンペーンマネージャーについての知識や習熟度を認定します。

受験者は実務経験がある人を想定している試験なので、事業会社の広告入稿担当者やレポート担当者が望ましいです。

 

合格のための勉強は、Googleが提供しているキャンペーンマネージャー認定試験学習ガイドになりますが、解説書というよりもヘルプのまとめなので、学ぶには厳しいです。

キャンペーンマネージャーはリスティング広告でも使うので、リスティングの運用に関する解説書の方が良いかもしれません。

 

名前キャンペーン マネージャー認定試験
出題数57問
制限時間60分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法キャンペーン マネージャー認定試験学習ガイド
申し込み先キャンペーン マネージャー認定試験

 

ディスプレイ&ビデオ 360 認定試験

ディスプレイ&ビデオ 360 認定試験

ディスプレイ&ビデオ 360って何だ?と思うかもしれませんが、旧名はDoubleClick Bid Managerです。

正確には、DoubleClick Bid Managerと、キャンペーンマネージャー、スタジオ、オーディエンスセンターを統合させたもの。

 

キャンペーンのプランニングからクリエイティブのデザインとデータの整理と活用、広告枠の購入、キャンペーンの測定と最適化を1つのツールで担うことができるようになりました。

要はぜんぶ、です。

 

名前ディスプレイ&ビデオ 360 認定試験
出題数59問
制限時間60分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法ディスプレイ&ビデオ 360 認定試験学習ガイド
申し込み先ディスプレイ&ビデオ 360 認定試験

 

検索広告 360 認定試験

検索広告 360 認定試験

検索広告360はGoogle広告を含む複数の検索エンジンを横断した検索広告キャンペーンを管理、運用するためのプラットフォームです。

2020年時点では、Google広告、Microsoft Advertising、Yahoo! Japan Sponsored Products、バイドゥ、Yahoo! Geminiに対応しています。

 

大規模な検索マーケティングを経験している広告代理店の担当者か、事業会社のWebマーケティング担当者向けの試験なので、あまり一般では受講されないでしょう。

 

名前検索広告 360 認定試験
出題数59問
制限時間60分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法検索広告 360 認定試験学習ガイド
申し込み先検索広告 360 認定試験

 

YouTube Music 認定資格

YouTube Music 認定資格

YouTube Music 認定資格はYouTube上で取り扱う音楽だけでなく、コンテンツ作成やYouTubeチャンネルの運営、分析、YouTubeで収益を得る方法など多岐に渡ります。

 

認定資格向けのドキュメントの他に、YouTubeクリエイターアカデミーで受講できる各種コースが良い教材です。

他にも、YouTubeマーケティングに関しては「カンタンに売れるのになぜYouTubeをやらないんですか!?」や「改訂 YouTube 成功の実践法則60」などたくさんの書籍が発売されています。

 

名前YouTube Music 認定資格
出題数50問
制限時間75分
合格基準正解率80%以上
費用無料
認定資格の有効期限合格日から12ヶ月
学習方法YouTube Music 認定資格が提供しているドキュメント
申し込み先YouTube Music 認定資格

 

Google認定資格の難易度・合格率・費用 | まとめ

Googleの認定資格に関する最新情報は以上です。

IT・Web関連の資格は無意味なものも多いですが、使用頻度がとても高いGoogle関連のサービスなら陳腐化(技術が古くなって価値がなくなること)もしにくいので、コスパはいいですね。

クラウドソーシングで仕事を受注しやすくするために、プロフィールにGoogle認定資格を掲載している人も見かけました。

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。