お金に困らない人が知ってるXXの技術でお金を稼ぐ・増やす・貯める

お金に困らない人が知ってる14の手段でお金を稼ぐ・増やす・貯める

なぜかお金に困っていない人っていますよね。日本ではお金に関する話題がタブーなので、お金に関する知識は大切なのに、広まりません。そこで、本記事では稼ぐ、増やす、貯めるという3点で、お金に困らない人が実は知ってることを紹介します。

ちなみに、筆者はこれらの方法で481万円を生み出しました。それでは、本題です。

 

今より多くのお金を稼ぐ6つの手段

  1. 転職で時給を増やす
  2. 簡単な副業で稼ぐ
  3. 難しい副業で稼ぐ
  4. スラッシュワークを開始
  5. 収入を事業投資する
  6. 収入を金融投資する

現在よりも多くのお金を稼ぐ手段は、こちらの6つです。①転職からはじめて、⑥金融投資まで進めれば、大きなリスクを取らなくても年収1000万円は達成できます。

詳細は「リスクを減らして年収1000万円を稼ぐまでのロードマップ」からご覧いただくとして、ポイントは収入の多角化ですね。時代が激しく移り変わるタイミングで、1つの収入源しかないと金銭的には当然として、精神的にも不安定になります。

 

1つの仕事だけでも大変なのに、他の仕事なんて…と絶望する方もいますが、むしろ1つだけの方が絶望的です。生活のすべてを1つの仕事を頼っていると、納得していない仕事や相性の悪い上司を我慢することになります。

副業でも、複業でも、未経験の業界で仕事を得る方法はたくさんあるので、まずは2つ目の仕事を作りましょう。

 

お金を投資で増やす5つの手段

  • NISAを枠いっぱいでインデックス投資へ
  • 安全資金で個人向け国債の購入
  • iDeCoで投資信託を買う
  • 小規模企業共済(フリーランス、自営業の場合)
  • ふるさと納税

「素人が資産運用で確実に儲けられる!」という話はすべてウソです。そんな魔法があるなら、全員やってるでしょう。ただ、世界経済に投資する方法だったら、時間はかかりますが経済の発展と一緒にお金を増やすことができます。

ただ、投資は増えることもあれば、減ることもあるので、何よりもお金を出す本人の納得が大事です。初心者向けの投資書は「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」が投資を無理強いしないので、オススメ。

 

お金をガッツリ貯める3つの手段

  • 家賃を節約する
  • 通信費を節約する
  • 保険料を節約する

仕事と投資でお金を稼いでも、貯める用意ができていなければ、意味がありません。支出の見直しは上記の家賃、通信費、保険料が効果が大きい部分です。

 

大切なのは、お金を貯めることであって、お金を貯める手段ではありません。やたらとエアコンのオンオフや設定温度に気をつける必要はないのです。詳細は下記の記事をご覧ください。

関連記事

これまでに世界79ヶ国を訪れ、アメリカ横断したり、ユーラシアを横断したり(横断多い)、世界一周をしてました。少なくとも、大きな旅行だけでも総額で481万円を使ってます。» 参考:人生を変える旅行にかかった費用まとめ。総額は481万円[…]

旅行資金481万円を貯金した33歳男性の貯金・節約術

 

補足:お金の使い方と守り方も知っておきましょう

稼いで、貯めたお金は幸せになるために使うべきです。お金持ち=幸福にならないのは、お金を使うための知識が不足している人が多いからです。

幸せになる人の4つの「お金の使い方」として、大人が知っておくべきお金の使い方をまとめたので、一読してせっかく貯めたお金を無駄遣いしないようにして欲しいです。

 

最後に、生きていれば、誰しもが通過するライフイベントでもお金を失います。下記の記事から、ライフイベントでかかる費用を把握して「こんなはずじゃなかった!」を避けましょう。

関連記事

人生でお金を大きく失う瞬間を知っておくことで、自分の資産を守りましょう。お金を失うイベントは詐欺や火災などの、アンラッキーな瞬間だけではありません。生き続ければ、誰しもが通過するライフイベントでもお金を失います。自分は大丈夫!って人[…]

あなたからお金を大きく奪う12のイベント

 

お金に困らない人が知ってること | まとめ

記事は以上です。稼ぐ、増やす、貯めるでのポイントをまとめると

  • 収入を多角化する
  • 鉄板の投資だけ抑える
  • 大きく節約できるところに注力する

この3つです。自分のお金は、自分で扱うのが精神的に健全ですよー!

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。