動画編集のスキルを活かして副業しよう!初心者でも始められるコツとは

動画編集 副業
  • 2024.07.03

最近、YouTuberやVloggerが増えてきて、動画編集のスキルが注目されています。実は、動画編集は副業としても人気なんです。

在宅ワークでできるので、時間や場所に縛られずに働けるのが魅力。初心者でも、少しずつスキルを身につけていけば、副収入を得られるでしょう。

この記事では、動画編集の副業について詳しく解説します。どんなスキルが必要なのか、どうやって仕事を見つけるのか、報酬の相場はどれくらいなのか。

これから動画編集の副業を始めたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

動画編集の副業とは?仕事内容や必要なスキルを解説!

動画編集の副業とは、YouTubeやSNSにアップする動画の編集を請け負う仕事のことです。企業やクリエイターから依頼を受けて、撮影した動画素材を編集するのが主な仕事内容になります。

動画編集は、ただ切り貼りするだけではありません。BGMや効果音の選定、テロップやテキストの挿入、カラーコレクションなど、映像の魅力を最大限に引き出す工夫が必要不可欠。

クライアントのニーズに合わせて、オリジナリティあふれる動画を制作するのが、動画編集者の腕の見せ所です。 creativity があれば、誰でもクリエイターになれる。

そんな面白さが動画編集にはあります。

 

具体的な仕事内容

動画編集の副業では、次のような作業を行います。

  • 撮影した動画素材の取捨選択
  • 動画の切り貼り、トリミング
  • BGMや効果音の挿入
  • テロップやテキストの挿入
  • カラーコレクション
  • 動画の書き出し、納品

どの作業も、動画の完成度を大きく左右する重要な工程です。クライアントの要望をヒアリングして、イメージを具現化していく。

時には、クライアントが気づいていないニーズを汲み取ることも求められます。動画で何を伝えたいのか、どんな印象を与えたいのか。

クライアントの意図を理解した上で、プロの目線でアドバイスできるとなお良いでしょう。編集作業は地道な部分も多いですが、苦労して作り上げた動画が多くの人に見てもらえた時の喜びは、何物にも代えがたいものがあります。

 

必要なスキルと知識

動画編集の副業に必要なのは、動画編集ソフトの使い方を理解していることです。代表的な動画編集ソフトといえば、Adobe PremiereやFinal Cut Pro。

有料ソフトが多いですが、機能も充実しています。最近は、DaVinci ResolveやFilmoraのような無料ソフトも性能が高くなってきました。

予算に応じて、自分に合ったソフトを選ぶと良いでしょう。基本的な操作方法をマスターすれば、ソフトが変わっても応用は効きます。

もちろん、最初から完璧である必要はありません。基礎的な部分から学んでいけば、徐々にスキルは向上していきます。

肝心なのは、向上心を持ち続けること。常に新しい技術や表現方法にアンテナを張って、学ぶ姿勢を忘れないでください。

デザインの基礎知識やカメラワークの理解があれば、より良い動画作りに役立つはずです。クライアントの要望にしっかりと耳を傾けられるコミュニケーション力も大切になってきます。

ニーズを引き出す質問力、イメージを言語化する力を身につけましょう。

 

ノマドニア編集部
知識もスキルも、一歩ずつ積み重ねていけば身につきます。まずはチャレンジすることが大事ですよ!

動画編集の副業はどうやって始めるの?仕事の見つけ方を紹介!

動画編集の副業は、誰でも気軽に始められるイメージがあるかもしれません。でも、いざ始めようと思っても、どこで仕事を見つければ良いのか分からない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、動画編集の仕事の見つけ方を2つご紹介します。クラウドソーシングサイトを活用する方法と、SNSでの発信を利用する方法です。

どちらの方法も、コツをつかめば案件を安定的に獲得できるようになるでしょう。自分に合った方法を見つけて、一歩ずつ前進あるのみです。

最初の一歩が肝心だということを忘れずに、思い切ってチャレンジしてみてください。

 

クラウドソーシングサイトを活用する

動画編集の仕事を見つけるなら、クラウドソーシングサイトがおすすめです。クラウドワークスやランサーズなど、企業やクリエイターと freelance をマッチングしてくれるサイトがたくさんあります。

登録しているクライアントの数が多いので、自分に合った案件を見つけやすいのがメリット。報酬や納期など、案件の詳細も把握しやすいです。

プロフィールを充実させて、自分の強みをアピールしましょう。どんな動画編集が得意なのか、過去の実績はあるのか、希望する報酬はいくらなのか。

提案力や人柄の良さが伝わるプロフィールを心がけてください。テストを受けてスキルのお墨付きをもらうのも信頼につながります。

実績を積んでいくにつれて、評価も上がっていきます。最初のうちは低単価で受注せざるを得ないこともあるかもしれませんが、着実にステップアップしていくことが大切です。

クライアントとの信頼関係を大事にして、リピートにつなげていきましょう。

 

SNSを活用する

SNSを活用するのも、動画編集の仕事を見つける良い方法です。TwitterやInstagram、TikTokなどで、自分の編集した動画を積極的に発信していきましょう。

ハッシュタグを効果的に使えば、興味を持ってくれる人にリーチしやすくなります。#動画編集 #動画編集者 #動画クリエイターなど、関連性の高いワードを選ぶのがコツ。

SNSでは、クライアントからダイレクトメッセージで依頼が来ることもあります。発信を続けていれば、徐々にフォロワーも増えていくはず。

あなたの作品に魅力を感じてくれる人が必ず現れます。クラウドソーシングサイトと併用すれば、仕事を見つけるチャンスはさらに広がるでしょう。

SNSでの発信は、あなたのポートフォリオにもなります。作品を通して、あなたのセンスや個性をアピールしていってください。

ただし、クライアントの許可なく作品を公開するのは厳禁。必ず了承を得てから発信するようにしましょう。

 

ノマドニア編集部
SNSは情報発信の強力なツール。あなたの感性を存分に発揮して、魅力的な投稿を心がけましょう!

動画編集の副業で失敗しないためのポイント

動画編集の副業は、やりがいのある反面、リスクもあることを理解しておく必要があります。特に初心者は、失敗しやすい傾向にあるもの。

ここでは、失敗を避けるためのポイントを3つ挙げてみました。納期を守ること、コミュニケーションを大切にすること、正当な対価を求めること。

どれも、プロとして仕事をする上で欠かせない心構えです。一つ一つ丁寧に、誠実に対応していけば、徐々に信頼を獲得できるはずです。

 

納期は絶対に守る

何よりも重要なのは、納期を必ず守ることです。クライアントから信頼されるかどうかは、締め切りを守れるかどうかにかかっています。

契約時に無理な納期を設定すると、必ず後で苦しむことになります。スキルや作業速度を考慮して、余裕を持ったスケジュールを立てるのが賢明。

万が一間に合わなそうな場合は、早めに相談するのが常識です。突然「遅れます」と言われても、クライアント側は困ってしまいます。

トラブルを避けるためにも、こまめに進捗を報告する習慣をつけましょう。何か問題が発生しそうなときは、早い段階で対策を打つことが肝心です。

「締め切りは絶対」という意識を強く持つこと。それが、プロのクリエイターとしての第一歩となるでしょう。

 

コミュニケーションを大切にする

クライアントとのコミュニケーションは、円滑に進めることが大切です。メールの返信は早めに、電話は丁寧な口調で。

依頼内容の詳細は、しっかりとヒアリングしておきましょう。要望をまとめたメモを作成して、クライアントに確認してもらうのも良い方法。

編集中に分からないことがあれば、遠慮せずに質問してください。早いタイミングで認識齟齬を解消しておけば、手戻りを防げます。

アドバイスをする際は、クライアントの意見を尊重しつつ、プロの意見も述べるように心がけましょう。上から目線ではなく、寄り添う姿勢が大切。

コミュニケーションの積み重ねが、信頼関係の構築につながります。クライアントに長く愛されるクリエイターを目指して、丁寧な対応を心がけてください。

 

正当な対価を求める

適正な報酬を得ることは、クリエイターの当然の権利です。自分の価値を安売りしてはいけません。

まずは相場を知ることから始めましょう。通常、動画編集の報酬は1本あたりの単価制が主流です。

10分以内なら5,000円〜15,000円、20分以内なら10,000円〜30,000円程度が相場と言われています。

ただし、これはあくまで目安。依頼内容の難易度によって、単価は上下します。

オリジナリティの高い編集を求められれば、それに見合った対価を請求しても良いはず。「この値段は安すぎる」と感じたら、自信を持って交渉してみましょう。

もちろん、一方的に高い報酬を要求するのは得策ではありません。クライアントの予算や、自分のスキルを考慮しつつ、win-winの関係を築くことを意識してください。

妥協し過ぎず、かと言って強気になり過ぎず。バランス感覚が問われます。

 

ノマドニア編集部
プロとして対価を得る以上、プロとしての自覚が必要。自分の仕事に誇りと自信を持ちましょう!

スキルアップのコツは?学習方法や心構えを解説!

動画編集のスキルを上げるには、地道な努力が欠かせません。最新の技術や知識を学び続ける姿勢が何より大切。

ここでは、効果的な学習方法を4つ挙げてみました。

 

本や動画教材で基礎を学ぶ

動画編集の基礎は、本や動画教材で効率的に学べます。初心者向けのハウツー本なら、体系立てて知識を身につけられるでしょう。

YouTubeにも、解説動画が数多くアップされています。実際の編集画面を見ながら学べるので、イメージが付きやすいのがメリット。

ただし、手を動かさないと本当の意味で理解したとは言えません。本や動画で学んだ内容は、必ず実践してみること。

基本的なショートカットキーの操作、カット編集のコツ、トランジションの使い方など、まずは一通りの作業の流れを覚えましょう。サンプル動画をダウンロードして、何度も編集してみるのがおすすめです。

反復練習を重ねることで、操作が徐々に身についていきます。

 

実際に動画を作って練習する

実践あるのみ。これは、クリエイティブな仕事に就く上で、何より大切な心構えです。

実際に動画を作ることで、編集のコツを自然と体得できるでしょう。最初は、身近な題材を選ぶと良いかもしれません。

「日常のVlog」「趣味の紹介」「お気に入りの音楽に合わせた映像」など、自分の好きなものを動画にしてみましょう。BGMの選び方、テロップの表現、トランジションのタイミングなど、あれこれ試行錯誤してみてください。

失敗を恐れる必要はありません。経験を積むことで、少しずつ技術も感性も研ぎ澄まされていきます。

作品を客観的に見返して、改善点を見つけ出すのも効果的。「もっとこうしたい」という想いを形にしていく。

そうした作業の積み重ねが、あなたを確実に成長させてくれるはずです。

 

優れた作品を研究する

他のクリエイターが作った動画を研究するのも、スキルアップに欠かせません。「こんな表現方法があるのか」と、新しい発見の連続になるでしょう。

YouTubeのトレンド動画を分析してみるのも良い勉強法。再生回数の多い人気動画には、必ず惹きつける何かがあります。

「なぜ多くの人に見てもらえたのか」「どんな編集テクニックが使われているのか」。様々な角度から作品を観察して、ヒントを見つけ出しましょう。

感銘を受けた作品があれば、自分なりにアレンジしてみるのも面白い試み。もちろん、完全なコピーは御法度。

あくまで参考にする程度にとどめて、オリジナリティを大切にしてください。他者の表現を「型」として学びつつ、型にとらわれ過ぎないバランス感覚を養いましょう。

 

フィードバックを受け止めて成長する

自分の作品に対して、率直なフィードバックをもらうことは、なかなか勇気のいることかもしれません。でも、客観的な意見に耳を傾けることは、とても大切。

「もっとこうした方が良かった」というアドバイスは、あなたの成長を加速させてくれるはずです。批判をプラスに捉えて、次の作品に活かしていく。

プロのクリエイターを目指すなら、フィードバックを前向きに受け止める度量の大きさが問われます。「自分はまだまだだ」と謙虚に学ぶ姿勢を忘れずに。

SNSでの評価にも意識を向けてみましょう。「参考になった」「感動した」といったコメントは、あなたの励みになるでしょう。

アンチコメントに振り回されることなく、ファンの声に耳を澄ませること。あなたの作品を待っている人がいる。

そう信じて、地道にアウトプットを続けてください。

 

ノマドニア編集部
外からの声に謙虚に耳を傾けることが、レベルアップへの一歩となります!

まとめ

プロのクリエイターとしての第一歩を、今日から踏み出してみませんか。きっと、思いがけない喜びと出会いが待っているはずです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

本記事を読んで動画編集の仕事に挑戦してみたいと思った方は、ぜひノマドニアに参加してみてください。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?