海外移住を考える日本人のための完全ガイド! まずは何からすればいい?

海外移住 日本人
  • 2024.07.03

海外移住に興味はあるけれど、何から始めたらいいのかわからない。そんな日本人の方も多いのではないでしょうか。

海外移住には、ビザの取得、住居探し、現地での生活習慣への適応など、さまざまな準備が必要となります。この記事では、海外移住を考えている日本人の方に向けて、移住の際に知っておくべきポイントを詳しくご紹介いたします。

移住先の選び方から、現地での生活のコツまで、移住成功のためのヒントが満載です。ぜひ参考にして、充実した海外生活を送りましょう。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

 

海外移住を成功させるための心構え

海外移住を成功させるためには、しっかりとした心構えが大切です。慣れない土地で生活するのは想像以上に大変なことも多く、前向きな姿勢を忘れずにいることが重要となります。

ここでは、海外移住を考えている方に知っておいていただきたい、心構えについてお話しします。

 

現地の文化を受け入れる柔軟性

海外生活で求められるのは、現地の文化を受け入れる柔軟性です。日本とは異なる習慣やルールに戸惑うこともあるかもしれませんが、それらを受け入れ適応しようと努力することが大切でしょう。

「郷に入っては郷に従え」の精神で、現地の文化を尊重しましょう。

 

語学力の向上に努める

海外生活で欠かせないのが、語学力です。現地の言葉でコミュニケーションがとれるようになることが、快適な海外生活の第一歩となります。

移住前から、語学学習に力を入れておくと良いでしょう。移住後には、語学学校に通うなどして、語学力の向上に努めることをおすすめします。

語学力は海外生活の基礎です。あきらめずに学習を続けましょう。

 

自分の殻に閉じこもらない

海外生活では、自分から積極的にコミュニティに溶け込んでいくことが大切です。自分の殻に閉じこもっていては、孤独感を感じてしまうかもしれません

近所づきあいや、現地のコミュニティ活動に参加するなど、自分から一歩を踏み出してみましょう。新しい出会いが、海外生活を豊かにしてくれるはずです。

 

移住先の国の選び方

海外移住を考えるとき、まず重要なのが移住先の国選びです。自分に合った国を選ぶことが、移住成功の鍵を握ります。

では、どのような視点で移住先を選べばよいのでしょうか。ここでは、移住先の国の選び方について解説します。

 

ビザの取得難易度を確認する

国によって、ビザの取得難易度はさまざまです。自分が取得できるビザがあるかどうか、事前に確認しておく必要があります

留学や就労、起業など、目的に合ったビザが取得できるか、入国管理局のウェブサイトなどで調べておきましょう。

 

言語の壁を考慮する

生活する上で、現地の言語が話せるかどうかは重要なポイントです。英語が通じる国であれば、比較的言語の壁は低いと言えるでしょう

一方、現地語が必須の国では、語学習得にかなりの時間と労力が必要となります。自分の語学力に合った国を選ぶことが大切です。

 

気候風土が自分に合うかどうか

移住先の気候風土が自分に合うかどうかも、見落としがちな点です。暑い国が苦手な人が、常夏の国に移住するのは難しいかもしれません

逆に寒さが厳しい国は、体調を崩すリスクもあります。自分の好む気候の国を選ぶのが賢明でしょう。

 

治安の良さをチェックする

安全に生活できる環境かどうかは、移住先選びの大きなポイントです。治安の良さは、現地の日本大使館のウェブサイトなどでチェックできます

海外安全情報では、国ごとの危険情報が掲載されていますので治安の悪い国は避け、安全な国を選ぶようにしましょう。

 

物価の安さを比較する

移住先の物価の安さも、生活を左右する重要な要素です。物価が高い国では、生活コストがかさみ、貯蓄が難しくなるかもしれません

反対に、物価が安い国であれば、少ない収入でもゆとりのある生活が送れる可能性が高くなります。移住先候補の国の物価を比較してみることをおすすめします。

 

海外移住の準備と手続き

移住先が決まったら、いよいよ海外移住の準備を進めていきます。ビザの申請、住居探し、荷物の発送など、やるべきことは多岐にわたります。

計画的に準備を進めていくことが、スムーズな移住の秘訣と言えるでしょう。ここでは、海外移住の準備と手続きについて、詳しく見ていきます。

 

ビザの申請をする

海外移住で最初にすべきことは、ビザの申請です。ビザの種類や申請方法は、国によって異なります

駐日大使館や領事館のウェブサイトを確認し、必要な書類や条件を把握しておきましょう。申請には時間がかかるケースが多いため、余裕を持って手続きを開始することが大切です。

 

住居探しをする

移住先での住居探しも、早めに始めた方が良いです。現地の不動産事情を把握し、予算に合った物件を探してみましょう

インターネットを活用すれば、日本にいながらにして住居探しができます。現地の不動産会社に直接問い合わせるのも一つの方法でしょう。

 

荷物の発送を手配する

荷物の発送も、移住準備の大切な要素です。家具や家電、衣類など、持っていく荷物をリストアップしましょう。

国際引っ越し業者に依頼すれば、荷物の梱包から発送までを全て任せられます。ただし、料金が高額になるため、予算とよく相談して業者を選ぶことが大切です。

余裕があれば、船便など安価な発送方法を選ぶのもよいでしょう。

 

現地の銀行口座を開設する

海外で生活するには、現地の銀行口座が必要不可欠です。できるだけ早めに、現地の銀行で口座開設の手続きを済ませておきましょう

必要書類などは事前に確認しておくと、スムーズに手続きが進められます。クレジットカードの作成も忘れずに準備しましょう。

 

健康診断を受ける

海外移住前に、健康診断を受けておくことをおすすめします。特に持病がある場合は、現地で治療が継続できるような手配も必要です

常備薬は多めに用意し、英文の処方箋も用意しておくと安心でしょう。

 

海外での生活をスムーズに始めるコツ

いよいよ、海外生活がスタートします。新しい環境でスムーズに生活を始められるよう、いくつかのコツを押さえておきましょう。

 

現地の友人をつくる

まずは、現地の友人をつくることから始めましょう。語学学校や地域のコミュニティに参加することで、友人を見つけられるはずです

友人ができれば、言葉の壁も徐々に低くなっていくでしょう。分からないことがあれば、遠慮なく友人に聞いてみましょう。

 

日本人コミュニティとも交流する

海外移住者にとって、日本人コミュニティの存在は心強い味方です。現地の日本人会などに参加してみましょう

移住者同士で情報交換ができ、困ったときに助け合える関係が築けます。日本食材の入手先など、ちょっとした生活情報も得られるかもしれません。

 

現地メディアをチェックする習慣をつける

海外生活では、現地の情報をキャッチすることが大切です。テレビやラジオ、新聞などに触れる習慣をつけましょう

移住当初は言葉の壁があって大変かもしれませんが、少しずつ内容が理解できるようになるはずです。

トラブルに備える

海外生活では、思わぬトラブルに巻き込まれるリスクがあります。盗難や事故など、もしものときに備えて、保険には必ず加入しておきましょう

警察や病院など、緊急連絡先もリストアップしておくと安心でしょう。

 

現地の医療事情を把握する

海外生活で気をつけたいのが、現地の医療事情です。国によって、医療制度や医療水準はさまざまです

事前に、現地の医療事情を詳しくリサーチしておくことが大切でしょう。また医療費の負担額や、医療保険の有無なども確認しておきましょう。

 

現地の食事に慣れる

海外移住先の食事は、日本食とは大きく異なるかもしれません。現地の食材や調理法に徐々に慣れていくことが大切です

移住当初は、日本食レストランを利用するのもよいでしょう。徐々に現地の料理を取り入れて、食生活の幅を広げていきましょう。

 

ノマドニア編集部
世界には美味しい料理がたくさんあります。新しい味との出会いを楽しみましょう!

日本との文化の違いを受け入れる

海外生活では、日本との文化の違いに戸惑うこともあるかもしれません。例えば、時間の感覚や約束事に対する考え方の違いなどです

そうした違いを受け入れ、柔軟に対応していく姿勢が大切でしょう。「これが現地流なのだ」と割り切ることも必要です。

 

定期的に日本との交流を持つ

海外生活では、日本との距離を感じることもあるでしょう。定期的に日本の家族や友人とコミュニケーションを取ることで、心の拠り所を作ることができます

オンラインでのビデオ通話などを活用して、日本とのつながりを保つよう心がけましょう。

 

ノマドニア編集部
日本の良さを再発見できるかもしれませんね。日本の文化も大切にしていきましょう。

 

海外移住の心構えと心得

最後に、海外移住を成功させるための心構えと心得をまとめておきます。

 

移住はゴールではなく、スタート

海外移住は、新しい人生の始まりに過ぎません。移住先に到着したら、そこからが本当のスタートです

移住してからも、常に新しいことにチャレンジする姿勢を忘れずに。

 

「完璧」を目指さない

海外生活では、思うようにいかないことの連続かもしれません。「完璧」を目指すよりも、柔軟に対応していく力を身につけましょう

 

ノマドニア編集部
完璧主義は禁物。「いいか悪いか」ではなく、「どう乗り越えるか」を考えましょう!

「プラス思考」で乗り越える

海外生活で直面する困難も、「プラスの思考」で乗り越えていきましょう。困難な状況こそ、人生の糧になります

苦労を恐れずに、前向きな気持ちで乗り越えていき、それが海外移住者に求められる心構えでしょう。

 

「日本人」であることを誇りに

海外では、「日本人」であることがあなたのアイデンティティです。日本のよき文化や仕草を、現地の人に伝えていきましょう

時には、「日本」と「海外」の良いとこ取りをするのも、海外移住者ならではの楽しみ方かもしれません。

 

ノマドニア編集部
海外で日本人であることを誇りに思えるのは、嬉しいことですよね。

まとめ:移住先が「第二の故郷」になる

海外生活を続けていくうちに、移住先が「第二の故郷」のように感じられるようになるでしょう。その国が「特別な国」になったら、あなたの海外移住は成功したと言えるのかもしれません

移住先を「自分の国」と思える日が来ることを、楽しみにしていてください。海外移住は、語学力や異文化適応力など、多くの力を必要とします。

しかし一方で、得られるものも多いはずです。新しい土地での出会いや経験は、あなたの人生をより豊かにしてくれるでしょう。

 

本記事を読んで、まずはお試して海外に住んでみたいと思った方は、ぜひノマドニアに参加してみてください。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?