ノマドワーカーがうざいと思われてしまう理由とは?平均年収や注意点を解説

ノマド うざい

最近、増加傾向にある時間や場所に縛られずに働くノマドワーカー。しかし、「ノマドワーカーがうざい」と思っている人もいるそうです。

本記事では、ノマドワーカーがうざいと思われてしまう理由、ノマドワーカーがうざいと思われないように気をつけることについて解説します。人に迷惑をかけないように気を付けようという意思がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

ノマドワーカーとは?

ノマドワーカー とは

ノマドワーカーとは、オフィスに縛られず、カフェやコワーキングスペースなど様々な場所で自由に働く人です。「ノマド」は元々「遊牧民」を指す言葉でノマドワーカーはその名のとおり、一箇所に定住せずに仕事をするライフスタイルを意味しています。

 

ノマドワーカーはインターネットを活用し、プログラミング、デザイン、ライティングなどPCやタブレット端末を駆使してフルリモートで仕事を行います。

 

ノマドワーカーがうざいと思われてしまう理由

ノマドワーカー うざいと思われてしまう 理由

自由なライフスタイルに憧れ、ノマドワーカーを目指す人も多くいらっしゃるでしょう。しかし、一部の人から「ノマドワーカーはうざい」という意見もあるそうです。

以下では、ノマドワーカーがうざいと思われてしまう理由を紹介します。

 

カフェや作業スペースに長期滞在する

ノマドワーカーの中には、カフェや作業スペースを長時間仕事場として利用する人がいます。一杯のドリンクだけを注文して数時間居座るケースも見られますが、これは他の客の利用を妨げるだけでなく、店側にとっても利益が低く非常に好ましくありません。

 

ただ、他のお客が少ない時や、しっかり注文している場合は問題になりにくいでしょう。このような状況は、店舗とノマドワーカーの双方にとって適切なバランスが求められます。

 

音がうるさい

PCのキーボードを叩く音やオンライン会議での話し声が迷惑になっていることがあります。特にノートPCの種類によっては、タイピング音が目立つものもあるでしょう。

 

無意識のうちにキーボードを叩く音が大きくなっていて、気づかないうちに他の人に迷惑をかけているかもしれませんまた、静かな場所でオンライン会議をすると、周囲の人にとって話し声がうるさく感じられることがあります。

 

過剰なSNS発信を行う

SNSでノマドや仕事に関する自慢の投稿が多いと、うざいと思われる原因になります。ノマドワーカーの中には、自分の自由なライフスタイルを過度に強調し、アピールする人もいるかもしれません。

過剰なSNS発信を行なっていると、同業者やクライアントからの評価や信頼を損なってしまう可能性があります。

 

コミュニケーションコストがかかる

ノマドワーカーは基本的にクライアントと遠隔でコミュニケーションをしているため、連絡が円滑ではないとうざいと思われてしまうことがあります。

 

ノマドワーカーが仕事をする時間は、人によって異なるため、連絡が円滑ではないとクライアントからの評価が下がることがあるでしょう。

 

会社員をバカにする

ノマドワーカーの中には、自分たちの自由な働き方を誇示しすぎて、通勤生活を送る会社員を軽視するような言動をとる人もいます。彼らは、自分たちの働き方が優れていると主張し、自己の価値を高めたいのかもしれません。

 

たとえば、会社員の友人に会った際に会社員の働き方を軽蔑するようなことを言うことで他人を不快にさせ、ノマドワーカーへの反感を招いてしまいます。

 

怪しそうなビジネスをしてそうに見える

一部のノマドワーカーは異国の地で仕事をする姿や豪華なライフスタイルをSNSに投稿しています。しかし、それらの投稿が「本当に仕事をしているのか?」と疑念を抱かせることもあるでしょう。

 

特に、具体的な業務内容やクライアントの情報が不明瞭な場合、見ている人からは詐欺的なビジネスに関与しているのではないかという疑いを持たれることがあります。また、ネット上で不透明な商品のアフィリエイトを行う人もいるので「うざい」と思われてしまうケースがあるのでしょう。

 

ノマドワーカーがうざいと思われないように気をつけること4選

ノマドワーカーうざいと思われない 気をつけること4選

以下では、ノマドワーカーがうざいと思われないように気をつけることを紹介します。

 

作業スペースを占拠しない

ノマドワーカーが「うざい」と思われないために、作業スペースの占拠を避けることが重要です。カフェやコワーキングスペースで長時間作業する際は、適度に席を立つことや追加の注文をすることで、他の利用者や店に配慮しましょう。

 

また、ノマドワーカー専用のコワーキングスペースなど、仕事に適した場所を選ぶことも有効です。これにより、他の利用者と共存しやすくなり、トラブルを避けられます。

ノマドワーカーとして、快適に仕事をするために周囲への配慮を忘れず、共有スペースを適切に利用することが必要です。このような気配りが、ノマドワーカーとしての信頼を築き、円滑な作業環境を維持する鍵となります。

 

場所に応じてマナーを守る

仕事をする場所に応じたマナーを守ることも大切です。カフェや図書館などの静かな場所では、キーボードの音がうるさくないかを気にする必要があります。

静音タイプのキーボードを使用したり、タイピングの力を調整したりすることで、他の利用者にとって迷惑にならずに済みます。また、自分の物を広げてスペースを占拠するのも避けるべきです。

 

バッグやPCを広げすぎないようにし、必要最低限の物だけを使用することで、他の利用者のスペースを尊重しましょう。さらにできるだけオンライン会議は個室や専用の会議室で行うようにしましょう。

公共の場所での会話は周囲の人々に迷惑をかけるだけでなく、機密情報の漏洩リスクもあります。コワーキングスペースには、オンライン会議用の個室が用意されていることがあるので、利用することをおすすめします。

 

SNSでの自慢を控える

ノマドワーカーとして自分のライフスタイルに誇りを持ち、自分の活動を広めるためにSNSを活用することは素晴らしいことです。しかし、自慢という解釈をされないよう、配慮することが重要です。

自分の働き方や生活をシェアするのは問題ありませんが「会社員なんてもうできない!」や「通勤電車のストレスから解放された」といった投稿は、他の人々に不快感を与えることがあります。自慢と受け取られる可能性がある内容は、控えめにするのが賢明です。

 

ノマドワーカーとしての魅力的なライフスタイルを楽しみつつ、他人に不快感を与えないようにするためには、SNSでの自慢を控え、価値の情報を共有することが大切です。

 

クライアントとのコミュニケーションを円滑に行う

ノマドワーカーは場所や時間に縛られない自由な働き方が魅力ですが、クライアントとのコミュニケーションは円滑に行う必要があります。フレキシブルな働き方が可能だからといって、返信が遅れることが頻繁にあると、クライアントからの信頼を失いかねません。

そのため、仕事の依頼や質問に対しては迅速に対応し、スムーズなコミュニケーションを心がけましょう。また、旅行中や予定が詰まっている時など、返信が遅くなる場合は、事前にその旨をクライアントに伝えておくことが大切です。

 

予め連絡しておくことで、クライアントも安心し、信頼関係が維持されます。特に納期が近いプロジェクトでは、遅延を避けるために連絡を密に取り合うことが求められます。

さらに、定期的に進捗状況を報告することで、クライアントとの信頼関係を強化できるでしょう。適切なコミュニケーションを維持することは、ノマドワーカーとして重要な要素です。

これにより、クライアントからの評価が高まり、長期的なビジネス関係を築くことができます。

 

ノマドワーカーの仕事とは?

ノマドワーカー 仕事

ノマドワーカーの自由な働き方は魅力的ですが、具体的にどんな仕事をしているのか気になる方もいらっしゃるかと思います。仕事内容の実態がわからず「ノマドワーカーは怪しい」と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

以下では、ノマドワーカーの主な職種や平均年年収などについて解説します。

 

ノマドワーカーの主な職種

  • ライター
  • 動画編集者
  • SNS運用代行
  • Webエンジニア
  • デザイナー
  • Webマーケター
  • コンサルタント

 

ノマドワーカーの仕事は、場所や時間に拘束されず、インターネットを通じて行われます。クライアントとのコミュニケーションや仕事の管理はオンラインで行われることが多いです。

ライターや動画編集者、SNS運用代行は、特別な資格が不要なため、初心者に適しています。自身のスキルを身につけ、経験を積むことで、ノマドとしてのキャリアを構築することが可能です。

 

また、Webエンジニアやデザイナー、Webマーケターはより実務での経験とスキルが重要になります。WebエンジニアはWebアプリケーションやシステムの開発、WebサイトやECサイトの構築を行なっている方が多く、デザイナーは資料やWebサイト、アプリ等のデザインを行なっている方が多いです。

 

また、Webマーケターの業務内容は多岐にわたります。主にオンライン上でのプロモーション戦略の検討やSEO対策、広告の運用などが業務内容になります。

コンサルタントは、専門の得意分野において個人・企業のコンサルティングの課題を特定し、改善のための助言をすることが主な業務です。一般的に、戦略コンサルタントやITコンサルタント、業務コンサルタントなどの種類があり、需要が高く、高額な収入が期待できるのが特徴です。

 

ノマドワーカーの平均年収

ノマドワーカーの多くは、フリーランスとして活動している方が多くいらっしゃいます。そのため、ノマドワーカーの平均年収は、フリーランスの平均年収を参考に解説します。

フリーランスの平均収入は、200万円〜400万円未満が27.9%と最も多い割合を占めています。副業で働いているフリーランスも含まれるため、平均年収が低い印象を持たれるかもしれません。

 

年収分布いうと「400万円〜600万円未満」が20.9%、「200万円未満」が19.5%となっています。また、「1000万円以上」の割合は10%です。

引用元:フリーランス協会|フリーランス白書2023

 

ノマドワーカーになるメリット

ノマドワーカーになる最大のメリットは、インターネット環境さえあれば、どこでも好きな場所で働くことができる点です。国内外を旅しながら働くという自由なライフスタイルを実現できます。

さらに、オフィスでの人間関係のストレスが少ないのも特徴で、自分のペースで仕事を進められます。また、柔軟な働き方が可能なため、家族の予定も合わせやすく、育児や介護等の両立もしやすい傾向です。

 

ノマドワーカーになるデメリット

ノマドワーカーになるメリットも多いですが、デメリットも存在します。まず、自己管理が必要であり、仕事とプライベートのバランスを取ることが難しい場合があります。

また、自分次第で作業環境を変えることができる一方で、どんな場所でもいつも通り仕事を行うことができる対応力が求められるでしょう。移動しながら仕事をすることもあるため、外部のノイズやインターネット接続の問題など、さまざまな環境上の課題に直面することもあります。

 

上記のデメリットを克服しながら、自らのノマドワークスタイルを確立していくことをおすすめします。

 

うざいと思われない本物のノマドワーカーを目指そう!

本記事では、ノマドワーカーがうざいと思われてしまう理由や、ノマドワーカーがうざいと思われないように気をつけることについて解説しました。ノマドワーカーとして生きていく中で、気づかぬうちに周りの人にうざいと思われてしまう可能性があるので、気をつけるようにしましょう。

 

現状のスキルよりもさらに多くのスキルを習得したいという方は、ノマドニアに参加してみるのも良いかもしれません。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?