自力で文章をチェック・修正できる4つの方法

自力で文章をチェック・修正できる4つの方法

ライターなら編集者が文章をチェックしてくれますが、noteやブログに掲載する文章は自力でミスに気づくしかありません。

本記事はブログ1,204記事、Webメディアで2,000記事以上を担当した筆者がたどり着いた記事・文章チェックの4つの方法を紹介します。

 

一晩置いて読む

熱中して書いた記事ほど、当日はミスに気づきません。とりあえず、一晩寝かせて、翌日に読むと客観的に見直すことができます。

ブログの記事やnoteだけではなく、SNSの投稿もきちんと原稿を作って、翌日に修正するとより良い投稿になります。

» 参考:SNSライティング4つのコツと5つの勝ちパターン【フォロワー17,000人の経験値】
» 参考:普通の人が無理せずツイッターのフォロワーを増やす方程式

 

音読で文章チェック

黙読よりも丁寧に誤字脱字や表現をチェックするなら音読です。間違いがある文章は、音読の違和感がすごいので、確実にミスに気づきます。

 

音読って面倒だなぁ。やりたくないなぁ。と感じる気持ちはよく分かりますが、実は

1分間の黙読スピード:400字〜600字
1分間の音読スピード:300字〜400字

なので、人によっては黙読と音読がほぼ同じスピードのこともあります。

 

ブログ記事の平均文字数は2000文字〜3000文字ほどですから、10分あればチェックは完了します。

 

ツール

無料・有料の文章チェックツールはたくさんあります。完璧な文章が存在しないように、完璧なチェックツールもないので、自分の文体と相性の良いツールを下記の中から見つけてください。

 

無料の文章校正ツール

 

有料の文章校正ツール

 

WordPressのプラグイン

WordPressで記事を書いている場合は文章校正支援のプラグイン「Japanese Proofreading Preview」が1秒でチェックしてくれるのでとても便利です。

 

Japanese Proofreading Preview

上記の17項目について間違っている部分と理由がコメントされます。僕がよく指摘されるのは「二重否定」と「冗長表現」ですね。

誤字脱字などと違って、文章のクセになっているので、ツールでチェックされるのはありがたいです。時間もかかりませんし。

 

自力で文章をチェック・修正できる4つの方法

記事は以上です。文章のミスや間違いが減ったら、次は文章力自体を伸ばす番です。

ライティングを仕事として本格的に始めるなら「ライティングを仕事にして6年。過去の自分に伝えたい11のこと」をご覧ください。

抱えている不安を取り除く言葉があるはずです。

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。