スマホの写真管理法を劇的に簡単にする方法を見つけた!

スマホの写真管理法を劇的に簡単にする方法を見つけた!

結論:ぜんぶGoogle フォトに自動アップロードする

増え続ける写真がスマホの容量を圧迫していませんか?とは言え、せっかく撮った写真を削除するのも忍びない。

様々な方法を試しましたが、スマホの写真管理はGoogle フォトを使うのが最高でした。

 

Google フォトを使った写真管理の方法

Google フォトが重複の削除やタグ付けを自動的にやってくれるので、とりあえずWi-Fi接続でスマホ内の写真や動画を自動アップロードしておけばOKです。

あとは、Google フォトがいい感じに整理してくれます。これまで写真の整理に時間をかけてきた人ほど感動するはずです。

» Google フォト – 思い出を何枚でも保存、見たいときにはすぐに見つかる

 

Google フォトのメリット

  • Wi-Fi接続時に自動でスマホからバックアップが取れる
  • 検索機能で目当ての写真を見つけることができる
  • 友人や家族との写真の共有が簡単
  • 写真や動画の保存容量が無制限
  • 写真や動画の重複を自動で削除

Googleがそもそも検索のサービスなので、Google フォト内にある検索機能はとても優秀です。

例えば「日付」や「場所」に限らず、「場所」や「人物(顔写真)」の検索、「海」や「山」などのざっくりしたキーワードでも検索が可能です。

 

また、Google フォトのアルバム機能があれば、友人や家族への共有用に作ったアルバムにもスマホからアクセスできます。なお、Google フォトは写真や動画の保存容量が無制限なので、Dropboxや外付けハードディスクよりも優秀です。

 

Google フォトのデメリット

  • 保存時に写真のデータが圧縮される

Google フォトのデメリットとしては保存時に写真のデータが圧縮されます。保存の設定を「元のサイズ」にすることで元のデータをそのまま保存することができますが、その場合は保存容量に制限がかかります(有料プランに申し込むことで増やすことはできる)。

ただし、画質をできるだけ落とさない形で圧縮されるので、人間の目には違いはわかりません。

 

圧縮前の元データ

Googleフォトで圧縮後のデータ

参考までに、上記が写真の元データ(1枚目)とGoogle フォトに圧縮して保存されたデータ(2枚目)です。画像の劣化に気づくでしょうか?

 

Amazon PhotosとGoogle フォトの違い

Google フォトとよく比較されるサービスとしてAmazon Photosがあります。僕はどちらも使っていますが、Amazon Photosはあくまでもバックアップのバックアップです。

Google フォトとAmazon Photosの両方がWi-Fi接続時に自動的にアップロードの設定になっていますか、検索機能と写真を共有するアルバム機能が圧倒的にGoogle フォトのほうが上です。そのため、メインはGoogle フォトです。

Amazon Photosの利用はAmazon Prime会員なら保存容量が無制限ですが、Google フォトも無料で容量無制限が利用できるので、どちらか迷うのであればGoogle フォトをオススメします。

 

スマホの写真管理法 | まとめ

スマホの写真が数百枚あって困っている人は、とりあえずGoogle フォト先生にお願いしてください。

Google フォトにとりあえず写真をアップしておけば、スマホにある写真は削除できるので、開いた要領でどんどん新しい写真や動画を撮影しましょう。

他に写真関連のアプリでは「VSCO」というレタッチのアプリもお勧めです。プロの写真家も使っているほどのソフトで、詳しくは「VSCOで写真を高速レタッチする手順」をご覧ください。

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。