20代で「自分に向いている仕事がわからない」あなたへ|見つけ方と対処法を解説!

向いてる仕事 わからない 20代
  • 2024.07.03

あなたは、20代で自分に向いている仕事がわからず、悩んでいるのではないでしょうか。実は、20代で自分に合った仕事がわからないのは、珍しいことではありません。

多くの人が同じような悩みを抱えているのです。でも大丈夫です。

自分に向いている仕事を見つける方法は、必ずあります。この記事では、20代のあなたに向けて、自分に合った仕事の見つけ方と、仕事が見つからないときの対処法をお伝えします。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします! 

 

自分に向いている仕事がわからない20代の特徴

20代で自分に向いている仕事がわからないあなたには、次のような特徴があるかもしれません。

 

仕事の経験が少ない

20代は、社会人としてのキャリアがスタートしたばかりです。仕事の経験が少ないため、自分に何が向いているのか判断しにくいのが特徴です

アルバイトやインターンの経験はあっても、正社員としての仕事は未知の世界。自分に合う仕事を見つけられずに、悩んでしまうのも無理はありません。

 

ノマドニア編集部
仕事の経験が少ないのは、20代ならではの悩みですね。焦らず、一歩ずつ進んでいきましょう!

やりたいことがたくさんある

20代は、好奇心旺盛な時期でもあります。「これもやってみたい」「あれもやってみたい」と、やりたいことがたくさん浮かぶ時期です

でも、いざ仕事となると「何を選べばいいかわからない」「本当にこの仕事が自分に合っているのか不安」という気持ちになるかもしれません。

 

自己分析ができていない

自分に合った仕事を見つけるには、「自己分析」が重要です。でも、20代のうちは自分自身のことを客観的に知る機会が少ないかもしれません

自分の特性や、強み弱みを言葉にすることが難しいのはよくあること。自己分析が不十分だと、自分に合う仕事を判断しにくくなります。

 

ノマドニア編集部
自己分析は、一朝一夕ではできません。日々の経験から、自分を知る努力を続けましょう。

 

自分に向いている仕事の見つけ方

それでは、自分に向いている仕事は、どのように見つければよいのでしょうか。20代のあなたにおすすめの、仕事の見つけ方をご紹介します。

 

自己分析をする

まずは、自分自身のことを知ることから始めましょう。「自分はどんな性格か」「どんな仕事をしているときが楽しいか」など、自問自答してみてください

過去の経験を振り返ったり、性格診断テストを活用したりするのもおすすめです。自分の特性を言語化することで、自分に合う仕事が見えてくるはずです。

 

仕事を体験してみる

自分に合う仕事を見つけるには、実際にその仕事を体験してみるのが一番です。インターンシップや職場見学など、仕事の現場を知る機会を積極的に活用しましょう

仕事の内容や、職場の雰囲気を肌で感じられます。「自分がここで働いている姿」をイメージしてみてください。

 

先輩や専門家に相談する

仕事選びで悩んだら、一人で抱え込まないことが大切です。職場の先輩や、キャリアコンサルタントなど、経験豊富な人に相談してみましょう

自分では気づけなかった視点を教えてもらえるはずです。客観的な意見を参考にしながら、自分に合う仕事を探していきましょう。

 

ノマドニア編集部
先輩や専門家は、頼れる味方です。悩みを打ち明けて、アドバイスをもらいましょう。

 

仕事が見つからないときの対処法

自分に合う仕事を見つけようと努力しても、すぐには見つからないこともあります。そんなときの対処法をご紹介します。

焦らずに、自分のペースで

「周りはみんな決まっているのに、自分だけ決まらない」と焦ってしまうかもしれません。でも、焦りは禁物。

人それぞれ、仕事を見つけるペースは違います。むやみに焦るよりも、自分のペースで仕事探しを続けることが大切です。

気持ちに余裕を持って、自分に合う仕事を探しましょう。

 

視野を広げる

「自分に合う仕事なんてない」と思い込んでいませんか。視野を広げて、様々な業種・職種に目を向けてみましょう

今まで考えたこともなかった仕事に、意外と自分の適性があるかもしれません。視野を広げることで、新たな可能性が見えてくるはずです。

 

スキルアップを図る

自分に合う仕事が見つからないのは、スキル不足が原因のひとつかもしれません。仕事に必要な知識やスキルを身につけることで、選択肢が広がります

資格取得や、セミナー参加など、スキルアップの機会を活用してみてください。新たな能力が、仕事選びの武器になるはずです。

 

アルバイトや契約社員から始めてみる

「正社員としての仕事が見つからない」と悩んでいませんか。そんなときは、アルバイトや契約社員など、働き方の選択肢を広げてみるのもひとつの手です

様々な働き方を経験しながら、自分に合う仕事や環境を探ってみてください。そこから、正社員としてのキャリアにつなげていくことができるかもしれません。

 

ノマドニア編集部
正社員にこだわらず、まずは一歩を踏み出すことが大切ですよ。スタートラインに立つ勇気を!

 

自分に合う仕事を見つけるためのマインドセット

ここでは、自分に合う仕事を見つけるために大切なマインドセットをお伝えします。

 

「仕事=天職」ではない

「自分に合う仕事=天職」だと考えていませんか。でも、必ずしもそうとは限りません。

大切なのは、自分が納得できる仕事をすること。完璧な仕事なんてありません。

「今の自分に合っている」と思える仕事を、見つけられれば十分なのです。

 

仕事は変わっていく

「一度就職したら、ずっとその仕事を続けなければ」と思っていませんか。でも、仕事は変わっていくもの。

いつまでも同じ仕事を続ける必要はありません。自分の興味や価値観に合わせて、仕事を変えていく柔軟性を持つことが大切です。

仕事は、自分の人生に合わせて選んでいきましょう。

 

ゴールはない

「自分に合う仕事が見つかったら、それがゴール」だと思っていませんか。でも、仕事選びにゴールはありません。

大切なのは、自分の人生を通して仕事と向き合い続けること。仕事で悩むことがあっても、それを成長のチャンスと捉えましょう。

仕事との向き合い方が、あなたの人生を豊かにしてくれるはずです。

 

ノマドニア編集部
仕事選びに終わりはありません。仕事と向き合う姿勢を大切に、人生を歩んでいきましょう!

 

20代で転職するメリットと注意点

自分に合う仕事が見つからないとき、転職を考えるのもひとつの選択肢です。ここでは、20代での転職のメリットと注意点をお伝えします。

 

20代での転職のメリット

20代は、転職するのに適した時期だと言えます。若いうちは、失敗を恐れずにチャレンジできるのが大きなメリット

転職を通して、様々な経験を積むことができます。多様な仕事を経験することで、自分に合う仕事を見つけられる可能性が高まるでしょう。

 

スキルアップのチャンス

転職は、スキルアップのチャンスでもあります。新しい環境で働くことで、今までとは違った知識やスキルを身につけられます

自分の市場価値を高めることにもつながるでしょう。「今の仕事では成長できない」と感じたら、転職を視野に入れてみるのもよいかもしれません。

 

転職する際の注意点

一方で、転職にはリスクも伴います。転職を繰り返しすぎると、「仕事を続けられない人」というマイナスのイメージを持たれてしまう可能性があります

転職の理由を明確に持ち、慎重に判断することが大切です。また、転職先での職務内容や労働条件をしっかり確認しておくことも忘れずに。

 

ノマドニア編集部
転職は慎重に、でも勇気を持って。自分の人生の決断は、自分でする覚悟を持ちましょう!

 

将来の夢や目標を見つける方法

自分に合う仕事を見つけるためには、将来の夢や目標を持つことも大切です。では、具体的にどのようにすれば、夢や目標を見つけられるのでしょうか。

 

「ありたい姿」を想像する

まずは、「将来、自分はどんな姿でありたいか」をイメージしてみましょう。理想の姿を具体的に思い描くことで、そこへ向かってのステップが見えてきます。

 

ノマドニア編集部
夢は、具体的にイメージすることから始まります。あなたなりの「ありたい姿」を、思い描いてみましょう!

憧れの人を見つける

「こんな人になりたい」と憧れる人はいませんか。尊敬できる先輩や、魅力的だと感じる社会人を見つけてみましょう

憧れの人の姿は、自分の目標設定の指針になります。「なぜその人を尊敬するのか」「その人のどんなところに魅力を感じるのか」を言語化してみてください。

 

小さな目標から始める

「夢はあるけれど、遠い存在で手が届かない」と感じていませんか。そんなときは、大きな夢を小さな目標に分割してみましょう

遠大な夢も、小さな一歩の積み重ねから始まります。今の自分にできることから、ひとつずつ実行に移していきましょう。

 

ノマドニア編集部
小さな一歩も、夢への確かな足跡になる。今日の一歩を、一歩ずつ積み重ねていきましょう!

自分に合う仕事を見つけるための行動プラン

自分に合う仕事を見つけるためには、具体的な行動プランを立てることが大切です。ここでは、自分に合う仕事を見つけるための5つのステップをご紹介します。

 

Step1: 自己分析をする

自分に合う仕事を見つけるための第一歩は、自己分析です。「自分はどんな人間か」「どんな仕事に興味があるのか」を言語化してみましょう

自分の強みや弱み、価値観などを整理することで、自分に合う仕事のイメージが明確になっていきます。自己分析は、キャリアを考える上での基盤となる重要なプロセスです。

 

Step2: 職業研究をする

次に、様々な職業について研究してみましょう。自分が興味を持った職業について、具体的にどんな仕事内容なのかを調べることが大切です

インターネットや書籍を活用したり、実際にその職業に就いている人に話を聞いたりしながら、情報収集を進めていきましょう。職業研究を通して、自分に合う仕事の選択肢を広げていくことができます。

 

Step3: インターンシップに参加する

職業研究と並行して、インターンシップへの参加もおすすめです。インターンシップは、実際の職場で仕事を体験できる貴重な機会

興味のある企業や職種のインターンシップに参加することで、自分に合うかどうかを肌で感じられます。インターンシップで得た気づきは、仕事選びに役立つはずです。

 

Step4: セミナーやイベントに参加する

各種セミナーやイベントへの参加も、視野を広げるのに効果的です。様々な業界や職種の人との出会いは、新たな気づきを得るチャンス

興味のある業界やテーマのセミナーに参加してみましょう。参加者との交流を通して、自分の可能性を広げるヒントが見つかるかもしれません。

 

Step5: 小さな一歩を踏み出す

自分に合う仕事を見つけるためには、具体的な行動が不可欠です。自己分析や職業研究を進めながら、興味のある仕事に関わる小さな一歩を踏み出してみましょう

まずはアルバイトや、短期インターンシップなど、小さな経験を積み重ねていくことが大切です。一歩ずつ前に進むことで、自分の道が見えてくるはずです。

 

ノマドニア編集部
一歩を踏み出す勇気が、新しい道を切り開く。自分を信じて、前に進んでいきましょう!

 

まとめ

自分に合う仕事を見つけるためには、自己分析や職業研究が欠かせません。そして、インターンシップやセミナー参加など、具体的な行動を起こしていくことが大切です。

仕事選びは、一朝一夕にはいきません。時間をかけて、自分と向き合い、様々な経験を積み重ねていくプロセスだと言えます。

焦らず、自分のペースでじっくりと取り組んでいきましょう。一歩ずつ前に進むことで、必ずあなたの道は見えてくるはずです。

20代のあなたが、自分らしいキャリアを歩んでいけますように!

 

本記事を読んで自分にあった職を探してみたと思った方は、ぜひノマドニアに参加してみてください。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?