向いてる仕事がわからない…30代からの適職探し

向いている仕事 わからない 30代
  • 2024.07.03

「30代になったけれど、自分に合う仕事がわからない…」そんな悩みを抱えているあなた。大丈夫です、焦る必要はありません。

自分に合う仕事を見つけるには、時間がかかるものです。必ずあなたにピッタリの仕事が見つかるので諦めないでくださいね。

この記事では、30代で自分に合う仕事を見つける方法をお伝えします。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

自分に合う仕事とは?3つのポイント

そもそも自分に合う仕事とは、どんな仕事でしょうか。ここでは、自分に合う仕事の特徴を3つのポイントに分けて解説します。

 

自分の強みを活かせる仕事

自分に合う仕事は、あなたの強みを最大限に活かせる仕事だと言えます。あなたの得意分野や、特別な経験を活かせる仕事は、きっとあなたの可能性を引き出してくれるはずです。

自分の強みと向き合うことが、仕事選びの第一歩と言えるでしょう。

 

ノマドニア編集部
あなたの強みは、あなただけの武器です。その武器を存分に発揮できる仕事を、見つけていきましょう!

 

やりがいを感じられる仕事

自分に合う仕事は、「やりがい」を感じられる仕事でもあります。仕事へのモチベーションを保つためには、仕事にやりがいを感じられることが何より大切。

自分の仕事に誇りを持ち、情熱を注げる。そんな仕事こそが、自分に合う仕事と言えるのではないでしょうか。

 

自分の価値観に合う仕事

そして、自分に合う仕事は、自分の価値観とマッチする仕事でもあります。大切にしたい価値観は人それぞれ。

「安定よりチャレンジ」「金銭より経験」など、自分の価値観に合う働き方ができる環境。それが、自分に合う仕事を見つけるカギになります。

 

ノマドニア編集部
あなたが大切にしたいことを、仕事でも実現していきましょう!

 

30代で自分に合う仕事の見つけ方

では、具体的に30代で自分に合う仕事を見つけるには、どうすればよいのでしょうか。ここからは、仕事探しのポイントを詳しく解説します。

 

今までのキャリアを振り返る

30代での仕事探しは、今までのキャリアの棚卸しから始めましょう。あなたが今まで歩んできた道のりを振り返ることで、自分の強みや価値観が見えてきます。

どんな仕事で力を発揮できたか、どんな時にやりがいを感じたか。過去の経験を分析することが、自分に合う仕事を見つけるヒントになるはずです。

 

自分の市場価値を知る

また、自分の市場価値を知ることも大切です。自分のスキルがどれくらい需要があるのか、客観的に評価してみましょう

市場のニーズを把握することで、自分に合う仕事の選択肢が見えてきます。転職サイトや業界情報サイトを活用して、自分の可能性を広げていきましょう。

 

会社選びのポイントを明確にする

自分に合う仕事を見つけるためには、自分が大切にしたい会社選びのポイントを明確にすることが重要です。福利厚生、ワークライフバランス、社風など、自分にとって譲れない条件は何でしょうか。

じっくりと考えて、自分なりの基準を持つことが、仕事選びに役立つはずです。

 

インターンシップや職場見学を活用する

気になる企業や職種があれば、インターンシップや職場見学に参加するのも効果的です。実際の職場の雰囲気を肌で感じることで、自分に合うかどうかを判断できます

オンラインでのインターンシップも増えてきましたので、積極的に活用してみてください。リアルな体験から得られる気づきは、仕事選びの指針になるはずです。

 

キャリアカウンセリングを受ける

もし自分で仕事選びの方向性が定まらない場合は、プロのキャリアカウンセラーに相談するのもひとつの手です。客観的な視点から、自分の強みや適性を教えてもらえるのがキャリアカウンセリングのメリット

自己分析をより深められるだけでなく、新たな気づきが得られるかもしれません。

 

ノマドニア編集部
時には、プロの力を借りるのも賢明。新しい視点から、自分の可能性を広げていきましょう!

 

転職をするときの心構え

自分に合う仕事が見つかったら、いよいよ転職です。でも、転職はハードルが高いと感じるかもしれません。

ここでは、転職をするときの心構えについてお話しします。

 

前の会社への感謝を忘れない

転職をするからといって、前の会社での経験が無駄になるわけではありません。むしろ、前の会社で学んだことが、新しい職場で活きてくるはずです。

前の会社には感謝の気持ちを忘れず、良い形で区切りをつけましょう。すべての経験が、あなたの糧になります。

 

転職はゴールではなく通過点

転職しても、すぐに理想の状態になるわけではありません。転職はゴールではなく、キャリアの通過点のひとつだと考えましょう。

新しい環境に適応するのに、時間はかかります。短期的な評価にとらわれず、長い目で自分のキャリアを育てていく。

そんな気持ちで、転職後の日々を過ごしていきましょう。

 

自分らしさを大切にする

転職後は、周りに合わせようと必死になるあまり、自分らしさを失ってしまいがちです。でも、あなたの個性こそが、仕事で力を発揮するカギになります。

周りに流されることなく、自分らしさを大切にしながら仕事に取り組む。そうすることで、きっとあなたの居場所は見つかるはずです。

 

ノマドニア編集部
自分を信じて、歩んでいきましょう!

 

ネットワークを活用する

自分に合う仕事を見つける上で、ネットワークの力を活用するのも効果的です。同じ業界で働く知人や、転職経験のある友人に話を聞くことで、リアルな情報を得られるかもしれません

LinkedIn等のビジネスSNSを活用するのもおすすめ。業界の動向や企業の雰囲気など、生の情報に触れる機会が増えるはずです。

人とのつながりを大切にしながら、幅広い視野で仕事探しをしていきましょう。

 

自分のペースで探す

仕事探しは、焦ってはいけません。自分のペースで、じっくりと取り組むことが大切です。

無理に条件を下げたり、妥協したりする必要はありません。一つ一つ吟味しながら、自分に合う仕事を見極めていきましょう。

時には休息を取り心に余裕を持って、前向きに仕事探しに臨むことが何より大切です。

 

求人票の裏側を読む

企業研究をする上で、求人票の細部まで目を通すことを心がけましょう。求人票の表現や条件には、企業の本質が隠れているものです。

例えば、「即戦力になる人材を求む」という一文。これは、入社後すぐに活躍できる人材を求めている証拠かもしれません。

求人票の一つ一つの言葉に意味を見出すことで、企業の期待や社風をイメージできるはずです。求人票を読み解く目を養っていきましょう。

 

自分に合う仕事との出会いを信じて

自分に合う仕事は、簡単には見つからないかもしれません。でも、あなたを待っている仕事は、必ずどこかにあるはずです。

今は見つからなくても、ゆっくりと自分と向き合う時間を大切にしてください。自分自身を理解することが、仕事探しの第一歩だと言えます。

自分の強みを知り、自分の価値観を大切にする。そうすることで、必ず自分に合う仕事との出会いがあるはずです。

 

働くことは人生の大部分を占めます。だからこそ、妥協せずに自分に合う仕事を見つけ続けることが大切なのです。

たとえ何度転職しても、自分の信念を持ち続けてください。「こんな仕事がしたい」という想いを胸に、前を向いて一歩ずつ進んでいきましょう

自分に合う仕事との出会いは、必ずあなたを幸せにしてくれるはずです。その日が来ることを、心から信じています。

 

まとめ|自分に合う仕事は人生を豊かにする

30代は人生の分岐点。転職をするにしても、今の仕事を続けるにしても、自分に合う仕事を見つけることが何より大切です。

自分に合う仕事は、あなたの人生を豊かにしてくれるはずです。仕事でやりがいを感じ、自分の強みを活かし、価値観を大切にできる。

そんな働き方ができたら、人生はもっと充実したものになるでしょう。

 

でも、自分に合う仕事を見つけるのは、そう簡単ではありません。今までのキャリアを振り返り、自分と向き合う。

そして、自分の市場価値を知り、会社選びの基準を持つ。職場見学やカウンセリング、ネットワークも大いに活用しながら、ゆっくりと自分のペースで仕事探しをしていく過程が大切です。

30代で自分に合う仕事に出会えた時、あなたのキャリアは大きく花開くはずです。今の苦しみも、きっと意味があったと感じられる日が来るでしょう。

あなたの理想のキャリア、あなたらしい働き方を追求し続けてください。

 

本記事を読んで新しい挑戦をしてみようと思った方は、ぜひノマドニアに参加してみてください。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?