副業でWebライターを始めるにはどうしたら良い?始め方と仕事内容を解説

webライター 副業
  • 2024.07.03

「副業でWebライターを始めてみたいけど何から始めたら良いかわからない」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。近年、副業を解禁する会社が増えてきて、副業としてWebライターに興味を持つ方がいらっしゃるようです。

本記事では、副業でWebライターを始める方法や仕事内容、案件獲得方法を解説します。副業でWebライターに挑戦してみたい方はぜひ参考にしてみてください。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

Webライターで副業を始める方法

Webライター 副業 始める方法

Webライターとして副業を始める方法を解説します。5つのステップを解説するため、順序通りに試してみてください。

 

パソコンとインターネット環境を準備する

まずは、パソコンとインターネット環境を準備しましょう。Webライターの仕事は、オンラインでのリサーチやクライアントとの連絡、記事の作成など、全ての作業がデジタル環境で行われます。

特別スペックの高いパソコンやルーターを用意する必要はありませんが、タイピングしやすいパソコンを使用するようにしましょう。

 

ライティングスキルを学ぶ

副業としてWebライターを始めるには、ライティングスキルを身につけることが必須です。作文やメールなどで文章を執筆するのに慣れている人でも、Webライティングのスキルは異なります。

そのため、専門家などに教わると良いでしょう。海外ノマド体験「ノマドニア」では、Webライターのワークショップが開催されており、Webライティングを体験できます。

 

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

 

ポートフォリオを作成する

ライティングを学んだ後は、ポートフォリオを作成しましょう。ポートフォリオとは、実績集を指します。

たとえば、個人ブログやnoteにて案件を想定した記事やSEO記事を書くことで実績としてアピールできます。ポートフォリオを充実させることで、クライアントにアピールでき、仕事の受注に繋がるでしょう。

 

案件を受注する

Webライターで副業をするためには、案件を受注する必要があります。副業で案件を受注するには、クラウドソーシングやフリーランスのコミュニティを活用すると良いでしょう。

クラウドソーシングでは、初心者向けの案件があるため、多くの案件に応募できます。また、コミュニティでは他のライターやクライアントと繋がれるため、案件を受注できる可能性が高まりおすすめです。

 

執筆・納品を行う

Webライターの案件を受注した後は、実際に執筆して納品しましょう。執筆時は、クライアントの要望に沿った内容やレギュレーションで作成する必要があります。

また、納品時は、誤字脱字をチェックし、スケジュールを厳守することが重要です。ライティングルールに基づいた執筆と納期に余裕をもった納品を心掛けることで、クライアントの信頼を獲得できるでしょう。

 

Webライターを副業で行う際の仕事内容

Webライターは執筆だけでなく、付随してその他の業務もこなす必要があります。以下では、Webライターの代表的な仕事としてSEO記事について解説します。

 

競合調査

SEO記事は、競合よりも検索上位に上げる必要があるため、競合に勝つための調査が重要です。たとえば、「フリーランス Webライター」というキーワードで記事を執筆する際、検索エンジンにてそのキーワードを検索して検索上位に表示されている記事を調査します。

どのような見出しで構成されているか、どのような人をターゲットにした記事なのかを調査するようにしましょう。

 

記事構成作成

次に、検索上位表示されている記事よりも有益で情報の網羅性が高い記事を書くために記事構成を作ります。競合記事よりも付加価値があり、読者のニーズを満たせる構成にしましょう。

 

記事執筆

記事執筆をする際は、クライアントの執筆ルールや読者を意識して本文を執筆することが求められます。論理的で誰でも理解できるような文章を書くようにしましょう。

 

WordPress入稿

SEO記事を執筆する時、WordPressというツールにて入稿作業を行うことが多いです。WordPressでは、様々な機能があるので、読み手を飽きさせないように装飾を工夫しましょう。

 

校閲

WordPressに入稿後、納品前に校閲を行います。

 

  • 誤字脱字はないか
  • 事実と異なっていないか
  • 執筆ルールに沿っているか

 

上記を確認する際は、音読して文章に違和感がないか確認するのもおすすめです。

 

その他の仕事内容

Webライターの副業として、以下の仕事内容もあります。

 

  • 取材、インタビュー記事の作成
  • サービスや製品のレビュー作成
  • リライト業務
  • セールスコピーやセールスレターの作成
  • メールマガジンやDMの文章の作成
  • プレスリリースの作成
  • ECサイトの商品説明文の作成

 

Webライターを副業で行うメリット

Webライター 副業 メリット

上記まで読み、副業でWebライターをするイメージはついてきたでしょうか。以下では、Webライターを副業で行う3つのメリットを解説します。

 

未経験でも始めやすい

Webライターを始めるために必要な資格がなく、パソコンとインターネット環境さえあれば誰でも始められます。また、動画編集やプログラミングのような高額な初期投資が不要なため、リスクなしで気軽に取り組むことが可能です。

 

在宅で仕事できる

インターネットさえあれば、自宅やカフェなど場所を問わず仕事ができます。在宅ワークだと自分の好きな時間と場所で作業ができるので、育児中の方や外出が難しい方でも作業を進められるでしょう。

 

スキルが身について独立することも可能

Webライターを副業で行うことで、SEOやマーケティングのスキルが身につき、将来的に独立することも可能です。たとえば、SEOの知識を活用して他の企業のWebサイトを改善したり、マーケティング戦略を提供するコンサルタントとして活動したりできます。

 

Webライターとしての経験とスキルは、他の仕事にも応用できるため、収入アップが期待できるでしょう。

 

Webライターを副業で行うデメリット

Webライター 副業 デメリット

副業でWebライターをするメリットがある一方で、2つのデメリットもあります。

 

時間管理が大変

納期までに記事を提出する必要があるため、会社員としての業務との両立が求められます。たとえば、勤務後や週末にライティングの時間を確保し、作業しなければなりません。

時間管理が不十分だと、両方の仕事に支障をきたす悪影響があるため、徹底した時間管理が必要です。

 

好きな分野の仕事ができるとは限らない

必ずしも好きな分野での仕事が得られるとは限りません。自身で仕事を選べる自由はあるものの、実績を積むためには自分の得意でない分野の仕事も受ける必要があります。

 

Webライターで副業する際の案件獲得方法

Webライターとして副業するには、案件の獲得方法を知る必要があるでしょう。以下では、副業する際の案件獲得方法を4つご紹介します。

 

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、Web上の仕事マッチングプラットフォームです。以下のようなサービスがあります。

 

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

 

クラウドソーシングサイトでは、初心者向けの案件がたくさんあるため、初めての案件を獲得するのにおすすめです。

 

コミュニティに所属する

コミュニティに所属することで横の繋がりができ、仕事の機会が広がる可能性があります。たとえば「ノマドニア」は、1ヶ月で10職種を体験できる海外ワークショップで、500名以上のメンバーがいるフリーランスコミュニティです。

 

詳細が気になる方は、ぜひこちらからご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

 

副業マッチングサービスを利用する

副業マッチングサービスとは、副業をしたい方と依頼主を直接繋げるプラットフォームです。副業マッチングサービスでもライティング案件を扱っていることが多い傾向にあります。

 

SNSを活用する

Webライターで副業をするためにSNSで案件を受注することも可能です。たとえば、Xで「#ライター募集」や「#案件募集」などのハッシュタグを使って案件を検索して、応募すると良いでしょう。

 

プロフィールに実績やスキルを明記し、フォロワーを増やすことで信頼が得られて依頼主から案件を依頼されることもあります。

 

Webライターの副業をする際の注意点

Webライター 副業 注意点

Webライターは手軽に始められるため、挑戦する人が多い一方、実績を積む前に辞めてしまう人も多いです。現実とのギャップで挫折しないよう、始める前に知っておくべき注意点を紹介します。

 

Webライターを始める目的を明確にする

Webライターで副業をする目標や目的をはっきりさせることで、モチベーションを維持しやすくなります。たとえば、「収入を増やしたい」「スキルを磨きたい」など具体的な目標があると、自己管理がしやすくなるでしょう。

 

最初は稼げないことを理解する

副業を始める際、報酬は時給や固定給ではなく、歩合給で支払われることが多いため想像よりも稼げないことがあります。最初の報酬が少なくても、経験を積むことでスキルが向上し、徐々に報酬も増えていくでしょう。

 

収入によっては確定申告が必要にある

Webライターの副業で得た所得が年間20万円を超える場合、確定申告が必要です。所得とは、収入から必要経費を除いた課税される利益のことを指します。

 

副業で年間20万円の所得があれば、国税庁の規定に基づいて確定申告を行いましょう。

 

Webライターの副業でよくある質問

Webライター 副業 よくある質問

副業でWebライターを始める方からよくいただく質問をまとめてみました。以下で確認してみてください。

 

Webライターで収入を得ても会社にバレない?

Webライターの副業で収入を得ても、住民税の納付方法を「自分で納付」にすることで基本的に会社にバレません。しかし、もしバレてしまうと本業に影響が出る可能性があるため注意しましょう。

 

Webライターの副業でいくら稼げる?

Webライターの副業で稼げる金額は、スキルや経験、仕事量により異なります。初心者は月収数千円からスタートすることが多く、経験を積むことで月収10万円以上を目指せます。

 

最初は、文字単価が0.5円〜1円の案件が多いかもしれませんが、実績をつけると文字単価が3円以上になり、1記事で数万円を稼ぐことも可能です。

 

Webライターの仕事は忙しい?

Webライターは、案件やクライアントにより忙しさが変動します。そのため、本業を考慮したスケジュール管理が必要です。

スケジュールが厳しい場合は、クライアントに相談すると良いでしょう。

 

副業でWebライターを始めるためにスキルを付けよう

副業 Webライター まとめ

本記事では、Webライターで副業を始める方法や仕事内容、案件獲得方法を解説しました。初めてWebライターを始める方は、右も左もわからず戸惑ってしまうでしょう。

 

その際は、Webで調べたりコミュニティのメンバーに問いかける方法がおすすめです。1ヶ月で10の職種を体験できる「ノマドニア」は、日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。 詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?