YouTubeチャンネルに新しいユーザーを追加する手順

YouTubeチャンネルに新しいユーザーを追加する手順【スクショで解説】

YouTubeチャンネルを複数人で管理するために、新しくユーザーを追加する方法が初見で難しかった!スクリーンショットを掲載しながら手順を解説するので、うまく追加できない人はご確認ください。

ユーザーのYouTubeチャンネル内での権限を変更したり、ユーザーを削除する場合も同じ手順です。

 

[箇条書き]YouTubeチャンネルにユーザーを追加する手順

招待するYouTubeチャンネル側の手順

  • YouTubeにアクセスする
  • YouTubeチャンネルの所有権を持っているアカウントでログイン
  • [設定]を選ぶ
  • [アカウント]から[管理者を追加または削除する]を選ぶ
  • [権限を管理する]を選ぶ
  • 右上の人物マークをクリック
  • 招待するメールアドレスと権限を選ぶ

 

招待されるユーザー側の手順

  • 自分のブランドアカウント管理画面にアクセス
  • [保留中の招待]からYouTubeチャンネルの名前をクリック
  • 招待を[承認]する

 

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

招待するYouTubeチャンネル側の手順

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

YouTubeにアクセスして、YouTubeチャンネルの所有権を持っているアカウントでログインします。その後、右上にある自分のアイコンマークから[設定]を選んでください。

 

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

[アカウント]から[管理者を追加または削除する]をクリック

 

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

ブランドアカウントの詳細ページにある[権限を管理]をクリック

 

 

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

権限を管理ページには、自分のアカウント(メインのオーナー)とすでにYouTubeチャンネルの管理者として追加されているユーザーが表示されます。

ここで、右上にある人物マークをクリック。

 

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

追加するユーザーのメールアドレスと権限を選ぶと、メールアドレスに招待メールが配信されます。なお、権限は「オーナー」「管理者」「コミュニケーション管理者」の3種類から選択します。

  • 「オーナー」はYouTubeチャンネル内で最も多くの権限を持っており、他のユーザーの権限も管理できます
  • 「管理者」はYouTubeチャンネル内の動画に関する権限をもちますが、ユーザーを管理する権限はありません
  • 「コミュニケーション管理者」はYouTubeチャンネル内の動画に関する権限も、ユーザーを管理する権限もなく、コメントなどYouTubeチャンネルのコミュニケーションに関する権限だけを持ちます

YouTubeチャンネルの共同運営者であれば「オーナー」、動画の制作者であれば「管理者」、コメント対応を任せるだけであれば「コミュニケーション管理者」を付与すればOKです。

 

これで、YouTubeチャンネルに招待する側(ユーザーを追加したい側)の手順は完了です。次に、招待されたユーザーが招待を承認する必要があります。

 

招待されるユーザー側の手順

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

招待されたユーザーは招待メール内にあるURLからYouTubeチャンネルの管理者への追加を承諾するか、ブランドアカウントページから[保留中の招待]を選択し、

 

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

該当するYouTubeチャンネル名をクリック

 

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

招待を[承認]することで、YouTubeチャンネルへのユーザー追加が完了します。

 

YouTubeチャンネルにユーザーを追加する

自分のブランドアカウントページにYouTubeチャンネル名が表示されていたら、チャンネルへの追加が完了しています。

 

YouTubeチャンネルに新しいユーザーを追加する手順 | まとめ

手順は以上です。ユーザーを追加できない場合は

  • YouTubeチャンネルはブランドアカウントになっているか
  • 招待されたユーザーが承認しているか

のどちらかが原因であることが多いので、見直してみてください。

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。