シンガーソングライターが集まるGoose houseって知ってる?

NO IMAGE
  • 2013.03.15

goose02

 

どーも、るいす(@NY_ruisu)です!
21時過ぎのお供となっている「Goosehouse」の紹介をしたいなと思っています。

「Goosehouse」は、SONYのプロモーション企画である『Play You. House』を前身として
2011年4月から始まったシンガーソングライターの集団。
活動の拠点をYoutube、Ustream、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアに置いていることが特徴。
(参考:Goosehouseのカバーを聴く

 

| とにかく歌っている姿が楽しそう



(いいでんすか / RADWIMPS)

 


(widing road / 絢香×コブクロ)

 

観てる僕たちも思わずニヤニヤしちゃうぐらい
楽しそうに歌っています。

 

|カバーしているのが名曲ぞろい


(AM11:00 / HY)

 

(小さな恋のうた / mongol800)

 

「僕たちの青春ソング!!」を惜しげもなくカバー。
カラオケで歌ったら絶対盛り上がるやつ。

 

|抜群にうまい


(Life goes on / Dragon Ash)

 

(LA LA LA LOVE SONG / 久保田利伸)

 

ラップを歌っても、バラードを歌っても、めちゃくちゃ上手い!
生まれ変わるなら、歌がうまくなりたい…笑

 

今回は僕が好きな6曲を紹介しましたが、
関連動画を見るだけで1日終わっちゃうぐらいの動画数があります。

元気になりたい時に、ぜひ観てみてください。

 

▶Goose House

公式サイト:Goose house
公式Twitter:Goosehouse official

 

goose01

 

 

 

 

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?