2/17 ニューヨークで噂のヒップホップを体験してみた

NO IMAGE
  • 2018.04.01

図書館でよく見る女の子が 胸が開きすぎて かわいすぎて集中できません。どーも、ルイスです。毎週水曜日のお楽しみ今日もヒップホップの授業でした。先生がゲイで女の子ばかりなのは相変わらずですが、授業も相変わらず楽しいです。

2時間半の授業で、前半1時間レクチャー(ヒップホップの歴史など)で後半2,5時間レッスンです。今はこの曲をやってます。

 

Janet Jackson / Feedback

もちろんこんなに上手く踊れませんw けど、雰囲気はこんな感じです。期末で創作ダンスもあるので、公開できるくらいのものになれば、ぜひ見てもらいたいです。

ルイス

【今日のTo Do】
1、HR調べ物 完了
2、8時起き 完了
3、TOEIC △
4、VISA △ とりあえず質問
5、雪でびっくりするものを作る 雪降り過ぎて中止w
6、インタビュー内容決定 △ 半分くらい
7、OB訪問連絡 完了

【明日のTo Do】
1、8時起き ×
2、HRパワポ完成? 明日で完成?
3、TOEIC 1h ×
4、ヒップホップ 完了
5、インタビュー質問決定 △
6、Maketing テスト勉強 ×
7、旅行のホテルメール 完了
8、Inter Manage 1ch読む 今から

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?