日本国内でスカイダイビングができる数少ない場所、藤岡!

  • 2016.05.03

こんにちは、るいす(@NY_ruisu)です。

ばっちり飛んできました!
去年の富士登山に引き続き、
今年も高度3500mからお届けします。
実際に自由落下している時間は、50秒〜60秒くらい。
さらにパラシュートで3分〜5分くらい滑空すると、もう地上です。
日本でスカイダイビングが可能なのは、
栃木・埼玉・兵庫・金沢・北海道の5カ所だけ。
その中でも関東からアクセスできる、栃木県の藤岡ドロップゾーンで飛んできました。

http://www.skydivefujioka.jp/skydivingclub_access04.html

旅を作るソーシャルサービス「trippiece」で参加したので、
18人の仲間と一緒にわいわいしながら、楽しんできました。

http://trippiece.com/

「上空でビビって飛べないかも」なんて思っていましたが、
意外と何とかなるもんだ。笑
高度2000付近で5秒間くらい、
周りの音が全て消える瞬間があったのですが、

 

その時が最高に気持ちよかったです。
風の音も、自分の音も、全然聞こえない。

来年は、どこで、何をしようかな。
今のところ有力候補は、「日本列島ダーツの旅」です。笑

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?