TOEFL83点取得者によるTOEFL参考書のレビュー・書評

      2018/04/05

僕のブログは「TOEFL」で検索してくれる方が結構多いので、今回は実際に使ったTOEFL参考書のレビューをします。ただ、交換留学出願者の中には、TOEFL100点超えって方も結構います。

でもTOEFL100点って海外経験のない大学生が簡単にとれる点数ではないです。具体的には、海外の大学院進学レベルです。なので、そんな高いレベルではなくてTOEFL80点の大学生、という目線でレビューを見て頂けたらと思います。

それでは、レビュースタート↓↓

 

 はじめてのiBT TOEFL TEST学習法ガイド

 

1冊目に買った本です。WritingとSpeakingの学習法を知るために購入しました。あくまで学習法しか載っていないので、問題を解くためのテクニックを知りたい方には不向きです。

後半のスコア別学習法は一般のTOEFL参考書が難しすぎて効率が悪い方は読むべきだと思います。逆にある程度の英語力がある方は参考程度でいいのではないかと感じました。

 

TOEFLテストITP(団体受験) 文法完全攻略

ITP試験の文法分野が悪かったので、友人に相談したらこちらを薦められました。TOEFLの独特な文法問題を解説した本で、終了後は偏差値が51→65まで上がりました。文法問題で苦戦している方にはおすすめです。

※【注意】TOEFL iBTには文法問題はありません。文法問題があるのは TOEFL ITPのみです

その際に分からなかった専門単語をまとめてiKnowのマイリストに登録しておくと復習がしやすいです。

 

 TOEFL TEST対策iBTリーディング

 

トフルゼミナール3冊目です。リーディングの難易度はそこそこでしたが、こちらは鬼畜です。83点を出したテストの前日でも、聞き取れない部分が結構あり、また設問が厳しく詳細を聞いてきます。

ただこちらで慣れていたので、実際のテストを受ける時はかなりゆっくりに感じました。ガッツのある人におすすめです。

 

まとめ

レビューは以上です。難易度などかなり主観的な感想になっているので、他の方のレビューも参考にしてみてください。Amazonとかね。

TOEFLは特殊な試験なので、初めは苦労すると思いますが、慣れが大切だと思います。「自分の本当の力が出るのは受験3回目だよ」と言われたこともあります。

みなさんも一度、二度の悪い結果に落ち込まず頑張ってください!ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 - ニューヨーク留学 / New York