アメリカ留学中で恋しいものランキング

NO IMAGE
  • 2018.04.01

唯一食べられないものはブロッコリー。そんな頃が僕にもありました。どーも、ルイスです。今日は留学先で恋しいものをランキング形式でお届け。

留学生の方は「あぁ、分かる!」ってリアクションを、他の方は「へぇー」ってリアクションを期待していますw

 

1位:週刊少年マガジン

日本にいる時「あひるの空」っていう漫画が好きで、毎週マガジンで読んでいたのですが、
続きが気になって気になってしょうがないです。

One Pieceなどの超メジャー漫画は、英語版があるので、一応読み続けています。One Pieceめっちゃアツいです。50巻にして、最高の盛り上がりw

 

2位:友人

って2位にしたら怒られるかもしれませんが、SNSやメールなどで近況は知っているので、そこまで恋しくはないですね。やっぱりみんな就活真っ最中みたいで、もりもり楽しんでるみたいです。

 

3位:お風呂・カラオケ

ぶっちゃけ2位とほぼ同率なのですが、冬にバスタブにつかれないのは結構しんどいです。あとストレス解消にもなっていたので、その点での恋しさもあります。

同じ理由でカラオケも恋しい。こっちにもKaraoke(と書いて、カリオキと読むw)はあるみたいですが、日本の曲って入ってるのかなぁ。

 

次点:ロフト・ハンズ

この手のThe・雑貨屋(?)ってNYにないんですよね。来年度の手帳買いたいのですが、どこにも良いのがない!やっぱ日本は便利だと痛感した経験でした。

ルイス

【今日のTo Do】
1、バーゲンに参加 ○ でも、買うものなかった
2、Takaさんに会う ◎ 内容は明日アップ
3、JSAに参加 ○ 途中までだけど
4、B-day partyに参加 ○
5、カラオケではっちゃけるw × 要反省
6、寮に帰ってきた後、Global Study 5問 × 明日に

【明日のTo Do】
1、Global Study 5問
2、クリーニング取りに行く
3、NYJSAに対するコミットの仕方を考える
4、Entrepreneurshipのpaperを書き始める
5、ジムに行く

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?