Twitterでバズるネタを探す3つのシンプルな方法【バズは探すもの】

Twitterでバズるネタを探す3つのシンプルな方法【バズは探すもの】

Twitterでバズる方法の3作目です。これまでのバズノウハウは下記の記事をご覧ください。

» Twitterでバズるツイートの構文を知っていれば、センスがなくてもバズれます
» 過去のバズツイートを簡単に探す3つの方法。バズる力は、情報収集する力。 

 

Twitterでバズるために、ゼロから自分でツイートを考えるのはとても大変です。芸能人や有名人であれば、自分自身がネタとなりますが、僕たちのような一般人の場合は、何かを紹介することでバズってますよね。

となると、情報収集が勝負です。フォロワーの人たちが面白い!役に立つ!笑った!など、喜んでくれるネタを探すことに時間をかけましょう。考えて、考えて、バズることができるのは、一部の天才だけです。

 

別の言語(特に英語)からバズネタを探す

W3Techsによる2020年3月の調査によると、日本語サイトはインターネットの中でわずか2.4%。順位だと第8位です(*1)。

日本語よりも上位は、フランス語(7位)、ペルシア語(6位)、トルコ語(5位)、ドイツ語(4位)、スペイン語(3位)、ロシア語(2位)、そして1位は英語でインターネットの中で59.3%の情報量を占めます。

 

つまり、英語でバズネタを探せば、日本語の24.7倍のネタが見つかるということですね。

また、英語以外の第三言語ができる場合も、現地の最新ネタを届ければバズります。例えば、韓国が好きな人にとって、韓国で話題の商品やサービスがすぐ届いたらリツイートするしかないです。

*1 インターネットにおける言語の使用

 

別のSNSからバズネタを探す

英語や別の言語なんてできない!という方は、Twitter以外のSNSからバズネタを探すという方法があります。

Twitterと並んで利用者が多いFacebookやInstagramでも、Twitterとは異なる独自の文化があるので、すぐにTwitterに輸入できればバズります。

 

また、少し利用者が少ないSNSも狙い目ですね。例えば、日本国内だとPinterestやLinkedin、Tumblrなどです。これらはアメリカでは利用者が多いので、先ほどの別の言語からネタを探す、もできて一石二鳥。

 

コマンドでバズネタを探す

オリジナルのネタをパクるのはNGですが、バズっているツイートが「何を紹介しているのか」を学ぶことはとても有効です。

Twitterの検索コマンドを使えば、バズツイートを簡単に探すことができます。

 

例えば、旅行業界だと、最近は「ホテルの紹介ツイート」がバズる傾向にあります。

「なんか、ホテルのツイートよく見かけるな?」と思ったら、Twitterの検索コマンドで「ホテル min_retweets:1000」と入力すると、ホテルというキーワードが入った上で、1000リツイート以上されているツイートのみを検索して見つけられます。

 

補足:過去のツイートを再利用してバズる

パクるのはダメ、と書きましたが、自分のツイートを何度も再利用するのはOKです。

「そんなことしたら、フォロワーの人に飽きられるんじゃ…」と怖がる人がいますが、先月の自分のツイートって覚えてますか?ましてや、去年のツイートって覚えてますか?

そういうことです。あなたのフォロワーであっても、すべてのツイートを見ていませんし、ましてや過去のツイートは覚えていません。

 

それでも、過去のバズネタをそのままツイートすることには抵抗があるかもしれませんので、より分かりやすく、ユニークに改善して、再ツイートして、またバズりましょう。

少しずつでも、人気のツイートが増えていくことで、自分の手札が増えるような感覚を得られるはずです。

 

Twitterでバズるネタを探す3つのシンプルな方法

Twitterでバズるネタを探す方法は以上です。良いネタが見つかるなら、どの方法を使ってもOK。

もし、ネタ探しをした上で、さらにバズる確立を上げたければ、どんな人にツイートを見てもらうのか?を設定する「ペルソナ」が鍵です。

本来はWebマーケティングに使う技術ですが、意味のある「ペルソナ」を作る3つの方法に、超簡単にまとめました。

関連記事

Webマーケティングを学びたい人に向けて「ペルソナ作り」について解説しましたが、本記事はWebマーケを専門にしていなくても、SNSやnoteを書くなら最低限知っておくべきペルソナの作り方について説明します。簡単版です。 […]

意味のある「ペルソナ」を作る3つの方法【なんとなくNG】
Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。