6/29 イスラエル入国を控えて決意す

  • 2016.05.03

◆現在 七カ国目、ワディー・ラム(ヨルダン)◆

砂漠の朝は早い。どーも、るいすです。

昨日は月を見ながらそのまま外にマットレスを引いて寝たので、AM6時に朝日で目が覚めました。
めっちゃ早いやん、二度寝しよーと思ってたらガイドに
「Mr, get up. Its breakfast!!」って叩き起こされました。
早く家に帰りたいらしく、行きと違って支度がめちゃ早いです。笑 ばーって朝飯食べて、4WDに乗って街まで帰りました。中東に来てからずっと思ってたのですが、疲れた体に甘いチャイは最高です。体を奮い立たせて、アンマンにバスを乗り換えて戻ります。

イスラエル入国とスタンプ

そして、明日はイスラエル!今回は行くつもりなかったのですが、ズバズバ回ったおかげで行く時間が作れました。イスラエル国境で控えるパツキンのチャンネー達。ひとたび怒らせると恐怖のイスラエル入国スタンプをパスポートに押されます。(別紙に押してもらうように交渉する必要があります)

これを頂くと、イスラエルと仲の悪いシリア、イランなどは入国できません。噂では「あ、間違えちゃった」と手違いでスタンプを押され泣く泣く諦めた旅人もいるとか。女の子3人と一緒に行くことになったのですが、グループで行った場合は代表者が交渉すれば大丈夫とのことで、もれなく僕が代表者に。

プレッシャー半端じゃない

留学生活9カ月間の真価が問われる。
負けられない闘いがそこにはある。

るいす

■次の記事はこちら

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?