7/3 バナナマン事件勃発

  • 2014.07.24

ヨルダン→トルコの飛行機乗り遅れました!

 

7月3日バナナマン事件勃発

空港に到着したのは2時間半前です。ここまでは順調でした。荷物あずけて、イミグレを通過し何事もなくゲートの前で待っていたのですが、飛行機の乗り場まで向かうバスが全然来ない。

バナナマンのPodcastを聞きながら待っていたのですがいっこうに来ない。

隣のゲート6Cにはたくさん人がいるのですが、僕のゲート6Dには誰もいない。おかしいなーと思いながらも、ゲート前のディスプレイはイスタンブールを表示しているので待ち続けました。

Depature timeを過ぎたのでさすがにおかしいなーと思って隣のゲート6Cの係員に聞くと、「Sorry, you missed the flight」

 

え!?

係員によると何度もコールしていたらしいのですが、アラビック英語+バナナマンで完全無視でした。いやいや、でもゲートの前で待ってたって!と主張し続け、何とか明後日のフライトをブッキングしてもらいました。本当は125ドルかかるらしいのですが、ロイヤルヨルダンのカウンターに直接お願いしたので無料でできました。

乗り遅れた人は挑戦してみて下さい。ちなみに、超レアな出国取り消しのスタンプ


帰りのバス(空港からアンマンまで)の中で仲良くなった警官に「ヨルダンは何回目だ?」って聞かれたので「2回目だ!」って答えときました。一度出国したからね!

るいす

Thumbnail photo by keepon i

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?