やりたいことができない状態から抜け出す! 具体的な実践方法を紹介

やりたいことができない
  • 2024.06.11

やりたいことがあるのに、なかなか実行できずに悩んでいませんか?目標に向かって前進したいのに、現状から抜け出せないでいる方も多いことでしょう。

この記事では、やりたいことを実現するための7つの実践方法をご紹介します。ステップバイステップで着実に進んでいけば、必ず目標に近づくことができるはずです。

今すぐにでも取り組めるヒントが満載ですので、ぜひ最後までお読みください。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

目標を明確にする

まずは、自分のやりたいことを明確にしましょう。漠然とした目標では、なかなか行動に移せません。

 

具体的な目標を設定する

「英語を話せるようになりたい」という目標があるとします。しかし、これでは具体性に欠けています。

「1年後にTOEIC800点以上を取得する」など、達成できたかどうかが明確にわかる目標を設定しましょう。

 

目標達成までの道のりを細分化する

大きな目標を立てたら、次はそれを達成するための小さな目標を設定します。TOEIC800点以上を目指すなら、「毎日30分間英語の勉強をする」「3ヶ月後にTOEIC600点以上を取得する」といった具合に、目標達成までの道のりを細かく区切ってみましょう

 

ノマドニア編集部
一つひとつのステップをクリアしていけば、大きな目標も実現できます。

 

行動計画を立てる

目標が定まったら、次は行動計画を立てましょう。計画なしでは、継続的な行動は難しいものです。

 

スケジュールを可視化する

目標達成までの道のりを、日単位、週単位、月単位でスケジュール化してみましょう。勉強時間や、達成したい小目標などを可視化することで、日々の行動がしやすくなります。

 

優先順位をつける

やるべきことが多すぎると、何から手をつけていいかわからなくなってしまいます。優先度の高いものから順番にこなしていくようにしましょう。

緊急度と重要度を意識して、優先順位を決めることが大切です。

 

ノマドニア編集部
優先順位をつけることで、効率的に物事を進められます。あなたにとって本当に大切なことから始めてみませんか?

 

環境を整える

目標達成のためには、適切な環境づくりも欠かせません。自分に合った環境を整えることで、より集中して取り組めるようになるでしょう。

 

集中できる空間をつくる

勉強や作業に集中するには、適度に静かで、落ち着ける空間が必要不可欠です。自分専用のデスクを用意したり、雑念の入りにくい場所を選んだりするなど、工夫してみましょう。

 

必要なものを揃える

目標達成に向けて必要となるものは、あらかじめ揃えておくと良いでしょう。英語の勉強なら、教材や辞書、ヘッドフォンなどが必要になるかもしれません。

必要なアイテムをリストアップして、計画的に準備しましょう。

 

ノマドニア編集部
やる気を維持するためにも、快適な環境づくりは大切ですね。自分に合ったアイテムを揃えて、理想の状態を保ちましょう!

 

習慣化する

目標達成には、継続的な努力が必要不可欠です。毎日コツコツと積み重ねることで、大きな成果につながっていきます。

 

毎日続けられるルーティンをつくる

毎日決まった時間に、決まったことをする習慣をつけましょう。例えば、「朝食後は必ず30分間勉強する」といったルールを設定するのです。

習慣化することで、努力を継続しやすくなります。

 

モチベーションを維持する工夫をする

長期的な目標には、モチベーションの維持が欠かせません。達成感を味わえる小さな目標を設定したり、ご褒美を用意したりするのも効果的です。

自分なりのモチベーション維持策を見つけましょう。

 

ノマドニア編集部
やる気が続かないときもあるかもしれませんが、それでも前に進む努力を続けていきましょう。

 

仲間を見つける

ひとりで頑張るのは難しいこともあります。志を同じくする仲間がいれば、お互いに刺激し合いながら目標達成を目指せるでしょう。

 

同じ目標を持つ仲間と交流する

SNSやコミュニティサイトで、同じ目標を持つ人たちと交流してみましょう。情報交換をしたり、励まし合ったりすることで、モチベーションを高く保てます。

孤独に感じることもなくなるはずです。

 

家族や友人に協力してもらう

身近な人たちに、自分の目標を共有するのもおすすめです。家族や友人に応援してもらえば、心強い味方が増えます

協力が得られるよう、丁寧に目標を伝えることが大切ですね。

 

ノマドニア編集部
支えてくれる人たちに感謝を忘れずに、前を向いて進んでいきましょう。

 

柔軟に考える

物事はいつも思い通りに進むわけではありません。予期せぬ出来事によって、目標達成が困難になることもあるでしょう。

そんなときこそ、柔軟な考え方が役立ちます。

 

状況に合わせて計画を修正する

当初の計画通りにいかないことも、珍しくありません。状況の変化に合わせて、随時計画を見直すことが大切です。

時には方向転換も必要になるかもしれません。固定観念にとらわれず、臨機応変に対応しましょう。

 

失敗を恐れない

誰しも失敗を経験します。大切なのは、失敗を恐れずにチャレンジし続けること

失敗から学ぶことは多いはずです。過度に失敗を恐れては、一歩を踏み出せません。

前向きな気持ちを持ち続けましょう。

 

ノマドニア編集部
失敗しても、また立ち上がる勇気を持っていてください。

 

小さな成功を称える

最後に、小さな成功を称えることの大切さについてお伝えします。

 

一つひとつの成果を認める

小さな進歩も、立派な成果として認めることが大切です。一つひとつの積み重ねを褒めることで、自信と意欲が湧いてきます。

自分の頑張りを認め、前進し続けられる原動力にしていきましょう。

 

達成感を味わう

目標を達成したときには、心ゆくまで達成感を味わいましょう。自分の頑張りを褒め、喜びを分かち合うことが大切です。

達成感が、次なる目標へのモチベーションになるはずです。

 

ノマドニア編集部
新しい目標に向かって、また一歩一歩前進していきましょう。

 

挫折したときの立ち直り方

目標達成の道のりは、平坦ではありません。思うようにいかないこともあれば、挫折を味わうこともあるでしょう。

しかし、立ち止まっているだけでは何も変わりません。挫折を乗り越える方法を知っておくことが大切です。

 

自分を責めない

うまくいかなかったとき、ついつい自分を責めてしまいがちです。でも、自分を責めても状況は良くなりません。

「原因を探る」という視点を持つことが大切。自分を責めるのではなく、何が課題だったのかを冷静に分析してみましょう。

 

視点を変える

物事の見方は、一つではありません。別の視点から状況を眺めてみることで、新しい発見があるかもしれません。

「もっと別のやり方があったのでは?」「これは学びのチャンスかもしれない」と考えることが大切です。視点を変えると、道が拓けることもあります。

 

助けを求める

苦しいときこそ、一人で抱え込まないことが大切です。信頼できる人に相談したり、必要な支援を求めたりしてみましょう。

「助けを求める勇気」を持つことで、道が開けることもあります。弱音を吐くことを恐れる必要はありません。

 

休息を取る

頑張りすぎてしまい、心身ともに疲れ切ってしまうこともあるでしょう。そんなときは、休息を取ることを優先してください。

適度な休息は、リフレッシュと気持ちの切り替えに役立ちます。ゆっくり休んで、エネルギーを充電しましょう。

 

ノマドニア編集部
休むことは、何もしないことではありません。次の一歩を踏み出すための、大切な準備なのです。

 

やりたいことを見つけるためのヒント

「やりたいことを実現したい!」と思っても、そもそも自分の本当のやりたいことが見つからない人もいるでしょう。もしあなたが「自分のやりたいことが分からない」と感じているのなら、以下のヒントを参考にしてみてください。

 

楽しいと感じることを書き出す

自分が楽しいと感じたり、熱中したりできることを書き出してみましょう。「これをしている時間があっという間に過ぎる」というようなことは、きっとあなたの情熱が隠れているはずです。

何でも構いません。思いつくままに書き連ねてみてください。

 

 憧れの人を思い浮かべる

自分が憧れる人を思い浮かべてみるのも良い方法です。その人のどんなところに惹かれるのか、具体的に考えてみましょう。

憧れの理由の中に、自分のやりたいことへのヒントが隠れているかもしれません。

 

 人生の目的を考える

「自分は何のために生きているのだろう?」と自問自答してみましょう。人生の目的や、社会の中での自分の役割を考えることで、やりたいことが見えてくることもあります。

自分の存在意義について向き合ってみてください。

 

様々なことに挑戦する

まだ見ぬ世界に飛び込んでみるのも、大切な探求方法のひとつです。新しいことに挑戦する経験の中で、意外な発見があるかもしれません

興味のある分野のイベントに参加したり、習い事を始めたりしてみましょう。

 

直感を大切にする

やりたいことは、頭で考えて見つかるものではないかもしれません。もしかしたら、あなたの直感が答えを知っているのかも

理屈抜きで「これだ!」と感じたことを、大切にしてあげましょう。自分のやりたいことを見つけるのは、一朝一夕ではいかないかもしれません。

でも、諦めないでください。模索し続ける中で、必ずあなたの情熱に出会えるはずです。

 

やりたいことの見つけ方については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひあわせてご覧ください。

 

まとめ

今回はやりたいことを実現するための7つの方法をご紹介しました。目標を明確にし、行動計画を立てること。

適切な環境を整え、習慣化すること。仲間を見つけ、柔軟に考えること。

そして、小さな成功を称えること。

これらを意識して実践していけば、必ずあなたのやりたいことは実現できるはずです。壁にぶつかることもあるでしょう。それでも諦めずに前を向いて、一歩一歩進んでいきましょう。

 

やりたいことができずに悩んでいる方には、ノマドニアへの参加をおすすめします。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?