写真26枚で振り返るタスマニア旅行【無料配布】

タスマニアの首都ホバート
  • 2020.01.11

オーストラリアのシドニーやメルボルンは有名ですが、タスマニア島って知ってますか?動物好きならタスマニアデビルって名前を聞いたことがあるかもしれません。そのタスマニアです。

タスマニア島は世界中で最も二酸化炭素濃度が低いため「世界一空気が美味しい場所」と呼ばれ、同時に湧き水や川の水がそのまま飲めるほどクリーンです。綺麗な水は名物でのウイスキーにも使われ、島内にはたくさんの蒸留所があります。

日本からタスマニア島への旅行者は多くはありませんが、豊かな自然を楽しみながらゆったりと旅行をしたい人にオススメです。2回目、3回目のオーストラリア旅行のオプションにぜひ。

 

タスマニア島へのアクセス

日本からタスマニア島に訪れるためには、オーストラリアのシドニーやメルボルンなどの大都市を経由します。安さ重視ならジェットスター、クオリティ重視ならカンタス航空を選ぶことになります。

 

タスマニア島の旅行写真

 

タスマニア写真の利用ルール

・写真の利用は無料です
・個人利用だけではなく、商用利用も可能です
・出展の明記も必須ではありません
・必須ではないのですが、「photo by ruimaeda.com」として、本記事(http://ruimaeda.com/taipei-yilan-photo/)にリンクを貼っていただけると、より多くの人にこのページを知ってもらえるので、とても嬉しいです

コミノ島写真のフリー配布については以上です。他にもアイスランドの写真ハワイシディ・ブ・サイドの写真などを掲載しているので、下記のまとめ記事からご覧ください。

関連記事

世界一周や海外旅行先で撮った写真を中心に商用フリー&ノンクレジットで旅行・海外写真を提供します。画像加工等、ご自由にご使用いただいて問題ありません。 商用フリー&ノンクレジットで使える写真の探し方対象は「旅行写真・[…]

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?