世界を揺るがし、未来の旅行を変える5つの乗り物

世界を揺るがし、未来の旅行を変える5つの乗り物

コロナで海外旅行ができない日が続きますが、それでも世界は前進しています。後ろを向いたらキリがないので、本日は未来にワクワクできる5つの乗り物についてご紹介します。

出典は、世界32ヵ国へ50万点を超える電子部品をオンライン販売するRSコンポーネンツ社が発表したインフォグラフィック「WHAT FUTURISTIC TRANSPORT WILL YOU SEE IN YOUR LIFETIME?」より

 

ハイパーループ(2020年時点ですでに実現)

世界を揺るがし、未来の旅行を変える5つの乗り物

1つ目の未来の乗り物はすでに有人走行に成功している「ハイパーループ」です。ほぼ真空状態のチューブ内を浮遊して走行するポッドに乗り込むことで、時速1000km以上で移動できます。

 

スカイトレイン(2025年までに実現予定)

世界を揺るがし、未来の旅行を変える5つの乗り物

2つ目の未来の乗り物は2025年までに実用可すると言われている「スカイトレイン」です。具体的には、道路から6メートル浮いた状態の自動運転モノレールで、ドライヤー2台分の電力だけで最高時速240kmで走行します。

 

超音速飛行機(2035年までに実現予定)

世界を揺るがし、未来の旅行を変える5つの乗り物

2035年までには音速の5倍速い、超音速飛行機でロンドンとシドニー間を4時間半で移動できるようになります。ロンドンからシドニーへの路線は現在ではカンタス航空が就航しており、飛行時間は17時間。超音速飛行機があれば、これまでの約4分の1の時間で旅行できます。

 

宇宙に届く軌道エレベーター(2050年までに実現予定)

世界を揺るがし、未来の旅行を変える5つの乗り物

世界を揺るがし、未来の旅行を変える5つの乗り物

最後に、2050年頃には月面に向けて軌道エレベーターが建設されているところです。2050年時点では、総延長の4分の1である60,000マイル(96,560km)までしか完成していませんが、宇宙空間に達するには十分すぎる長さです。

 

宇宙旅行もあと少し

2050年の軌道エレベーターが建設される頃には、イーロン・マスクによって、ロケットを使った火星旅行も可能になると予想されています。宇宙旅行に関する記事は下記にまとめてありますので、海外旅行の先に興味がある方はぜひご覧ください。

» 宇宙旅行の値段は1050万円〜22億円!6社の料金を比較しました
» 宇宙旅行の未来【2050年に火星旅行が実現】
» 宇宙旅行の時代がきた!宇宙旅行を目指す人への記事まとめ(値段・会社・行き先など)

 

宇宙旅行が実現する頃には「コロナ?そんなこともあったね」と語られているはずです、きっと。

Adobe CCを学生料金で契約できます

Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。