【ラジオ出演】Simple Style -オヒルノオト-「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」

simple-style
  • 2018.12.19

冠ラジオ「FUTURES ~前田塁の旅に出てみれば~」を始める以前、人生で初めてゲスト出演したのがJFN「Simple Style -オヒルノオト-」でした。TABIPPOから発売した「365日世界一周 絶景の旅」をテーマに2016年2月に出演しました。

当時とはパーソナリティーの方が変わって、渡辺枝里子さんでした。今回もまた綺麗な人が!お昼のパーソナリティーって絶対美人なんですけど、何か慣習でもあるのかな。ラジオなんで、顔はあまり関係ないはずですが。じゃないと、僕が朝の番組だとしてもパーソナリティーを務められるはずがない。

 

 

書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」とは

書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」

書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」は世界183ヶ国から2,000個の世界の遊び方を抜粋した旅の大辞典です。ちなみに、僕は2000個のうち277個達成(達成率は13.9%)でした。

参考記事: 【数えてみた】#この世界で死ぬまでにしたいこと2000 いくつ達成してる? | Work Life Chaos

 

 

番組で話したこと

・2018年の旅(ロシアでのW杯観戦、シベリア横断、ユーラシア横断、オーストラリア1300kmなど)
・2019年にやるべき「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」
・海外旅行に行きたくても行けない人が一歩踏み出せるアドバイス

 

今回の記事は以上です。テレビ、ラジオ、イベントなど日本にいる間はできるだけ出たいと思っているので、関係者の方はSNS経由でご連絡ください。

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になる

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?