フランスの老舗スーツケースブランド『DELSEY』による「旅」と「日本の働き方」を考えるトークイベント【イベント出演】

フランスの老舗スーツケースブランド『DELSEY』による「旅と働き方」を考えるトークイベント【イベント出演】

サムソナイト、VFコーポレーションに続く、世界第3位のスーツケースブランド「DELSEY」が日本上陸する記念イベントに登壇してきました。トークテーマは「旅も仕事も諦めない生き方」。スーツケースの伝道師として活躍される佐藤 宏樹さんとの対談もありました。

 

■佐藤 宏樹さんプロフィール

1982年奄美大島生まれの千葉育ち。トラベルグッズをこよなく愛するスーツケースの伝道師。本職は某有名雑貨店のトラベルグッズバイヤー。人の笑顔をつくる仕事がしたいと、舞台関係の仕事を経た後、2004年某有名雑貨店に転職。2013年より本社バイヤーに異動。「スーツケースの伝道師」を名乗り、趣味でスーツケースへの愛をSNSなどで発信していたら、いつのまにか会社公認の伝導師に。現在、発信型バイヤーとしてテレビや雑誌等に出演し、モノを通して旅の楽しさを伝えている。自宅にあるスーツケースは現在23台。

 

イベントの様子

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

DELSEYスーツケース

 

「旅も仕事も諦めない生き方」の紹介

トークに使ったスライドを一部掲載して、どんな話をしたのかご紹介します。

 

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

プロフィール紹介です。写真の場所はメルボルン(オーストラリア)にあるホイザーレーンというストリートアートにあふれた場所

 

旅も仕事も諦めない生き方

2019年はご覧の26ヶ国に訪れました。1年間で訪れた国数では過去最高です。

 

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

印象深かったのは、年末年始に訪れたカリブ海です。日本ではガイドブックすら見つからない場所なので、ドキドキしながら旅をしました。

関連記事

クリスマスから年末年始にかけて、21日間のカリブ海クルーズで世界が憧れるカリブ海を満喫してきました。今回のクルーズ旅行で訪れることができたのは、13の島々です。セントマーチン、マルティニーク、バルバドス、セントビンセント及びグレナディー[…]

セントマーチン

 

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

カリブ海はクルーズ旅行だったので、たくさんの荷物が必要で。DELSEYのスーツケースにお世話になりました。

 

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

時代がより複雑になっていくにつれて、旅の複雑さを重ねることが増えました。何が起こるから旅は楽しくて、旅人はドMって言われるぐらい変化に貪欲です。

 

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

変化を恐れない旅人たちを採用したいという企業が増えていることは「旅人採用」の事業を通しても実感があります。

 

旅も仕事も諦めない生き方

インターネットの発達で、リモートワークが簡単になって、最近は家を持たない生活さえもできるようになりました。持ち家と賃貸の話ではなく、固定の住居を持たないという第3の選択です。

 

旅も仕事も諦めない生き方

旅も仕事も諦めない生き方

アドレスホッパーと呼ばれる住所がない人たちはスーツケース1つに自分の荷物を収めます。スーツケースはもはや自分の家であり、部屋です。

 

旅も仕事も諦めない生き方

DELSEYのスーツケース、容量が大きいのに軽くてとても良かったのでこれからもたくさん使います。機材増えてきたので、流石にバックパックに入りきらなかったんですよね。

関連記事

YouTube動画の撮影・編集をはじめて、機材について聞かれることが増えたので現時点での機材をまとめました。機材の総額は681,217円。え!たかっ!と思いましたが、カメラやMacbookなど他の仕事に使っているものも多くあります。[…]

 

まとめ

記事は以上です。会場は旅行グッズバイヤーやインスタグラマーで満席でして、本当に僕がトークゲストでいいのか?!と思いましたがイベントのコンセプトが、働き方改革が進む日本で、休暇に対する考え方、「旅」が人生を豊かにしてくれるという重要性について考えるだったので、少しは貢献できていれば嬉しいです。

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。