「世界を旅できる61の仕事の選び方」のウェブセミナーを開催しました

【スライド公開】「世界を旅できる61の仕事の選び方」のウェブセミナーを開催しました

  • 2020/07/26
  • 2020/08/08
  • 近況

旅する未来を創造するセミナーの第2回を開催しました!なお、セミナーは旅人エンジニア留学とのタイアップです。

僕の担当は3日目の「世界を旅できる61の仕事の選び方」です。3日間の合計で150名以上、3日目だけでも60名の方に参加していただきました。

 

ざっくりと内容は

・転職活動中で、次は旅に繋がる仕事に就きたい
・就活中なので、世界を旅できる技術を身に付けたい
・一度きりの人生、自由に暮らしたい

という方に、年収や業界トレンドを踏まえた、最適な職種を提案しました。本記事は一部ですが、実際のセミナーに使ったスライドを掲載しながら、「世界を旅できる仕事」について解説します。

 

世界を旅できる仕事は少なくとも61種類

seminar-200726

世界を旅できる61の仕事の選び方

世界を旅できる61の仕事の選び方

noteにて公開している「世界を旅できる61の仕事まとめ【予想外すぎる職業たち】」がセミナーの元となっています。実際に、僕が海外旅行先で、出会った人の職種だけでも61種もありました。

 

旅ができる仕事を5種に分類

世界を旅できる61の仕事の選び方

61の仕事を分類すると、

  • 休みが取りやすい仕事
  • 復職しやすい仕事
  • 海外へ行く仕事
  • リモートワーク
  • 海外で働く仕事

に分かれます。では、この中から、どの仕事を選びますか?という話

 

世界を旅できる61の仕事の選び方

ではなく!

 

世界を旅できる61の仕事の選び方

仕事を1つに絞る必要はありません。2つの仕事をすることを「二足のワラジを履く」と言いますが、ワラジは何足履いてもOKです。

履いてるワラジが多いほど、変化に強い人生になります。なぜなら、1つの仕事が無くなっても、他の仕事で収入をカバーできるためですね。

 

世界を旅できる61の仕事の選び方

アメリカでは、複数の仕事を並行している人を「スラッシュワーカー」と呼びます。日本では馴染みのない言葉ですが、スラッシュ(/)でいくつもの仕事を区切って表現するのが語源です。

海外旅行や、海外移住、リモートワークを成立するなら、1つの仕事を極めるより、スラッシュワーカーになった方が簡単です。

 

具体的な仕事選択

世界を旅できる61の仕事の選び方

世界を旅できる61の仕事の選び方

それでは、具体的にどの仕事を選んでスラッシュワーカーになるか?という話ですが、続きはnoteの記事か旅人エンジニア留学の旅人講座を受講してください。

みなさんが知らない仕事が世の中にはたくさんあります。知らないと選ぶことができないので、職業選択ですが、知っていれば選べます。当たり前ですが、重要なポイントです。

 

まとめ

旅と両立できる仕事は、たくさんあるというのがセミナーの趣旨でした。

そして、仕事の内容に強いこだわりがない、または、とりあえず稼ぎたいのであれば、Webエンジニアをオススメしています。理由は、仕事が多く、時給が高く、リモートワークが可能だからです。

 

稼げるエンジニアの技術と、旅人・リモートワーカーとしてのノウハウを学ぶために、旅人エンジニア留学を設計したので、お金を払ってもショートカットして効率的に成長したい方は、下記のページから詳細をご覧ください。

旅人エンジニアになるために3週間で英語とWordPressの知識、自分の仕事を作るノウハウを学ぶ留学です。事前学習+3週…

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。