旅を続ける人生に必要な「お金と時間」を得る方法【動画あり】

旅を続ける人生に必要な「お金と時間」を得る方法【動画あり】

ぶっちゃけ旅を続ける人生に必要なのは「お金と時間」だけです。日本人の多くは、場所に縛られながら時間をお金と交換する働き方、しかできていないので、ここを突破します。

 

本記事は動画でも学ぶことができます

記事と同じ内容を動画でも見ることができます。移動中や家事などで「ながら学習」をするときは、動画の方がオススメです。あと、字を読むのが面倒な人も動画でどうぞ。

それでは、続きです。

 

いきなりお金を稼がずに、必要なお金の金額を調べる

即行動な人は「よし!じゃあ、めちゃくちゃ稼ぎます!」と動き出しますが、ちょっと止まってください(フットワークが軽いこと自体はいいことですが)。

人によって必要な「お金と時間」全然違います。1ヶ月あたりに必要な金額が、15万円と100万円では、難易度も達成までの期間もまるで変わりますから、まずは旅を続ける人生、に必要な金額を調べます。

 

人生でやりたいことを書き出す

本記事のテーマは旅ですが、「やりたいこと」と置き換えても同じです。人生でやりたいことが1つしかない人はいないでしょうから、どんなことを死ぬまでに叶えたい、経験したいのか書き出してください。

関連記事

人生でやりたい100のリストを作ったけど、挫折した人:意気込んで人生でやりたい100のリストを書き始めたけど、30個目でペンが止まってやりたいことを100個書き出すのは挫折した。今度こそは、100個まで書ききりたいので、経験者が知ってるコツ[…]

 

リスト形式に書き出したものは「人生でやりたいことリスト」と呼ばれ、僕は毎日の行動を決めるための材料にしていますが、今回はシンプルに使います。

関連記事

人生でやりたい100のリストを作ろう!で、その先は?リストを作ったあとは、やりたいことを叶えるための行動をはじめます。リストを眺めて、やりたいことをどんどん進めていくのもありですが、せっかく作ったリストを拡張して、もっと「やりたいことが実現[…]

 

金額を計算して、月収まで分解する

やりたいことリストが大体できたら、それぞれの項目にかかる費用を予想して合計します。

世界一周:150万円
アメリカ横断:30万円
南極旅行:100万円合計:280万円

こんな感じです。僕の場合はすべてのやりたいことを合計すると、2億2000万円でした。

 

で、必要な金額がわかったら、それを寿命(現役引退)までの月数で割り戻します。僕の場合は32歳なので、60歳で引退するなら、残り28年。月にすると、28年×12ヶ月で336ヶ月です。

2億2000万円を336ヶ月で割ると、月あたり約60万円。普段の生活費を多めに見積もって30万円とすると、毎月90万円の収入があればやりたいことはすべて実現できます!

 

やりたいことに必要な時間も計算する

やりたいことのお金を算出するタイミングで、時間も算出します。やってみないと分からないものも多いので、だいたいでOKです。

カリブ海でダイビングして、沈没船の中から宝物を見つける:10日間
無人島に流れ着くが、イカダを作って脱出する:30日間
キックボードで東京一周する:3日間合計:43日間

こんな感じです。僕の場合はやりたいことに必要な合計時間(仕事の時間は除く)が6527日間でした。

 

やりたいことの費用と同じく、28年間(336ヶ月)で割ると、19日間でした。つまり、1ヶ月30日のうち、仕事に使えるのは11日間。残りの19日間はやりたいことにあてていかないと、時間切れになります。

なかなか、大変だけど、リアルにはなってきました。

 

場所に縛られずにお金を稼ぐ方法を決める

あとは、毎月90万円を11日間で、場所に縛られずに稼ぐことができればOKです。ポイントは2つです。

  1. まずは、場所に縛られない仕事を探す
  2. 収入を増やすために、自分で商品やサービスを開発して、売る

 

重複している職種もありますが、「世界を旅できる19の仕事・職業」と「自分で仕事を作る13の方法」で詳しく解説してます。例えば、こんな職種です。

  • ライター
  • 作家
  • ブロガー
  • Webデザイナー
  • Webエンジニア
  • バイヤー
  • 個人投資家
  • コンサルタント
  • オンライン講師

 

①の場所に捉われない仕事はトラベルライター養成講座旅人エンジニア留学でもレクチャーしてます。ただ、①だけだと時給に限界があるので、②の「自分で仕事や商品を作る」段階に勇気を持って、素早く入れるかが山場ですね。

 

行動するための環境を作る

ここまで決まれば、ガンガン動く!というフェーズに入りますが、モチベーションに頼ると危険です。徐々に知られてきましたが「モチベーション」や「やる気」は脳科学上は存在しません。

関連記事

いつも仕事へのモチベーションが保てなくてうまくいかない。同僚や先輩を見ていると、優秀な人ほど高いモチベーションを維持しているけど、何かコツがあるのでしょうか。という疑問に回答します。結論としては「モチベーションが0の状態で十分に仕事[…]

 

いわゆる行動興奮みたいな、やっているうちに気分が高まって来るってことはありますが、身体→脳という働きかけが存在するだけで、脳→身体という働きはないのです。

そうなると、必要なのはモチベーションが降ってくるのを待つのではなく、自分が動き出せしやすい環境を整えることです。習慣の力と場の力の2つがオススメです。

 

習慣の力

習慣の力っていうのは毎日繰り返す歯磨きみたいな感じです。小さな習慣を少しずつ少しずつ作っていって、慣れてきたら大きな習慣にを変えることで、それをやらないと気持ち悪いみたいな感覚を作ることができます。スポーツ選手でいうところのルーティーンと同じです。

例えば、

  • いつも同じ時間に仕事を始める
  • 仕事の最初は同じ作業をする
  • ラジオ体操をしてから仕事を始める

こんな感じです。

 

場所の力

場の力っていうのは単純です。カフェにいると家よりやる気が出るとか、となりに勉強してる人がいると自分も勉強しなきゃいけない気になるのように、自分以外の環境に頼って行動するという考え方です。

  • ジムに入る
  • 英会話教室に入る
  • セミナーや勉強会に参加する
  • 家だと集中できないけど、会社だと仕事ができる

こんなイメージです。自分にとって行動しやすい場所にお金を使うのは、コスパの良い投資です。

 

周りの人を巻き込む

環境作りまでができたら、あと少しです。僕の場合は、場所や時間に縛られずに50万円ぐらいは自分の力で稼げるようになりました。ただ、その辺りで天井にぶつかりました。

試行錯誤した結果、周りの人に自分が苦手・時間がかかる仕事を依頼することで、自分の業務に集中して価値を高めました。

 

ここで、やりたいことから算出した、必要金額と使える時間が役に立ちます。僕の場合は11日間で、90万円を稼がなければいけないので、ベストな状態になるには日給で8.2万円が必要です。

1日12時間働いても、8.2万円を稼ぐには時給7000円以上なので、誰かに早く安く依頼できるなら任せた方が合理的です。

 

旅を続ける人生に必要な「お金と時間」を得る方法 | まとめ

旅と人生を攻略する方法についてお話しました。流れに沿って簡単にまとめます。

  • まず、収入と時間の目標を決めます。やりたいことから考えます
  • 次に、行動する内容を決めます。仕事を決めるということですね
  • 行動をするための環境を作ります
  • 最後に行動できるようになったら、周りの人を巻きこんで一緒に収入を伸ばす
ライターとして
世界を旅しながら稼ぐ
トラベルライター養成講座

旅行先で取材をして、情報を文字と写真で伝える「トラベルライター」が人気です。

でも、みんな諦めてしまいます。ライターとして、書くだけじゃなくて、考える、見る、聞く、書く、届ける、提案するなどの複合的なスキルがないと稼げないからです。

独学でたくさんのスキルを学ぶにはあまりに時間がかかる。そこで、6/15〜7/3までの3週間で、トラベルライター養成講座を開催します!前回は満席になりました。

自分で稼ぐことができれば、どこへでも行けます。