Webデザイナーとは? 必要なスキルと学習方法を徹底解説

未経験からWebデザイナーを目指す!必要なスキルと学習方法を徹底解説

Webデザイナーの仕事に挑戦してみたいけど、何から手をつけたら分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、未経験からWebデザイナーを目指す方に向けて、必要なスキルと学習方法について詳しく解説していきます。これからWebデザイナーを目指そうと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

未経験からでも、適切な学習を積むことでプロのWebデザイナーへの道は開けるはず。あなたのWebデザイナーへの第一歩を、しっかりサポートしていきたいと思います!

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部が執筆しています!

 

Webデザイナーに必要な3つのスキル

まず初めに、Webデザイナーに必要とされる3つのスキルについて説明します。これらのスキルは、Webデザイナーとして活躍するために最低限身につけておきたい基礎知識です。

未経験からでも、徐々にスキルを積み上げていくことが大切ですよ。

 

1. HTML/CSSの基礎知識

Webデザイナーに最も必要とされるスキルが、HTML/CSSのコーディング力です。HTMLはWebページの構造を、CSSはデザインを決めるための言語。

この2つの言語を使いこなせることが、Webデザイナーとしての基本中の基本と言えるでしょう。

 

コーディングができなければ、デザインの意図を正確にWebページに反映できません。ある程度のコーディング力は、最低限身につけておく必要があるのです。

とは言え、初心者にとってコーディングは難しく感じるもの。まずは基本的なタグの意味や使い方から学んでいきましょう。

完璧を目指さず、できることから少しずつ始めてみてくださいね。

 

ノマドニア編集部
最初は基礎的なHTMLタグから始めましょう。一歩ずつ前進あるのみです!

2. Photoshop/Illustratorの使い方

Webデザインをする上で欠かせないのが、Adobe PhotoshopとIllustratorの存在です。画像編集に使うPhotoshopと、イラスト作成に使うIllustrator。

この2つのツールは、Webデザイナーにとって必須のソフトと言えるでしょう。Webサイトのバナーやアイコン作成など、デザインに関わるほとんどの場面で使用します。

 

機能が豊富なため、初心者にとっては少し敷居が高いかもしれません。ですが、使えるようになれば表現の幅がぐっと広がるはずです。

まずは、ツールの基本操作方法をマスターすることから始めましょう。

チュートリアルなども参考にしながら、実際にツールに触れる時間を増やすことが重要ですよ。
Photoshop/Illustratorが使いこなせれば、デザインの幅が大きく広がるはずです。

3. デザインの基礎知識

Webデザインをする上で、デザインの基礎知識は必須です。レイアウト、配色、タイポグラフィ、UIデザインなど、幅広い知識が求められます。

見やすくて使いやすいWebサイトを作るには、デザインの基本ルールを理解しておく必要があるのです。

 

色彩心理学やゲシュタルトの法則など、関連する知識も広く学ぶのがおすすめ。デザインの引き出しが増えれば、より説得力のあるWebサイトを作成できるはず。

「人にどう見せるか」を常に意識しながら、デザインの基礎を身につけていきましょう。

 

デザインセンスは一朝一夕では身につきません。たくさんのWebサイトを見て、優れたデザインに触れる機会を増やすことが何より大切。

よいデザインを真似るところから始めるのも良いかもしれませんね。

 

ノマドニア編集部
色彩心理学にも踏み込んで、デザインセンスを磨いていきましょう。

Webデザイナーになるための3つの学習方法

次に、未経験からWebデザイナーになるための3つの学習方法を紹介します。独学、スクール、実務経験など、それぞれの特徴を踏まえながら解説していきます。

自分に合った学習方法を見つけることが、Webデザイナーへの近道になるはずです。

 

1. 独学での学習

Webデザインは、独学でスキルを身につけることも十分可能な分野です。初心者向けの書籍や、オンラインの学習サイトなどを活用しながら学んでいくのがおすすめ。

独学のメリットは、自分のペースでじっくり学べること。スクールに通うより、低コストで学習を進められるのも大きな魅力と言えるでしょう。

 

ただし、独学では自分で学習計画を立てる必要があります。どこから手をつければいいのか迷ってしまうこともあるかもしれません。

まずは、HTML/CSSなどの基礎知識をしっかり身につけること。そこから徐々にステップアップしていくのが良いでしょう。

 

分からないことがあれば、オンラインのコミュニティなどで質問してみるのも有効な手段ですよ。独学でも着実にスキルは身につきます。

諦めずに、コツコツと学習を継続していきましょう。

 

ノマドニア編集部
自分のペースで着実にステップアップ。独学でもプロのWebデザイナーへの道は開けています。

2. スクールに通う

Webデザインを本格的に学ぶなら、スクールに通うのも良い選択肢です。未経験者向けのコースも充実しており、短期間で集中的にスキルを身につけられるのがメリット。

講師に直接質問できるため、つまずいてもすぐにサポートを受けられるのは心強いところです。

 

スクールでは、カリキュラムに沿って体系的に学べるのも魅力。独学では見落としがちなポイントも、しっかりカバーしてくれるはずです。

 

また、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨できる環境は、モチベーションの維持にも役立ちます。スクールを卒業すれば、就職サポートを受けられる点も見逃せません。

現役のWebデザイナーから直接指導を受けられる点は、スクール最大のメリットと言えるでしょう。

 

一方で、スクールは費用が高額になる点には注意が必要。長期間通う必要があるため、仕事をしながらの学習は難しいかもしれません。

自分の目的と予算に合ったスクールを選ぶことが大切です。時間的・経済的な負担は大きいですが、短期間で着実にスキルを身につけたい方におすすめです。

 

3. 実務経験を積む

Webデザイナーとして活躍するには、実務経験を積むことが何より重要。いくら知識があっても、実践で使えなければ意味がありません。

実際の案件を通して、Webデザインのリアルなプロセスを体験することが大切なのです。

 

とは言え、いきなり実務を任されるのは難しいもの。そこでおすすめなのが、インターンやアルバイトでの実務経験です。

デザイン会社やWeb制作会社などで、アシスタントとして働くことで経験値を積むのがベスト。最初は簡単な作業からスタートし、徐々に仕事の幅を広げていきましょう。

実務では、クライアントとのコミュニケーションも重要なスキルです。リアルな現場で鍛えられることは、必ずあなたの糧になるはず。

 

フリーランスでの活動も視野に、コネクションを広げておくのもおすすめ。実績を積み重ねることで、着実にWebデザイナーへの道は近づいていきます。

現場での経験を通して、プロとしての感覚を磨いていきましょう。

 

ノマドニア編集部
実戦経験を通して、Webデザイナーとしての感性を磨いていきましょう。現場の経験こそが、何にも代えがたい財産になります。

未経験からWebデザイナーになるための心構え

最後に、未経験からWebデザイナーを目指すにあたって大切な心構えをお伝えします。きっと、あなたのモチベーション維持に役立つはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

常にアンテナを高くする

Webデザインの世界は、トレンドの移り変わりが早いのが特徴。常に新しい情報をキャッチし、アンテナを高くしておく必要があります。

デザインの引き出しを増やすためにも、幅広いジャンルのWebサイトをチェックする習慣を持ちましょう。

 

気になるデザインがあれば、積極的に真似してみるのがおすすめ。真似る中で、自然とデザインのコツが身についていくはずです。

 

海外のWebサイトもどんどんチェックしていきましょう。

他にはないアイデアが、きっと見つかるはず。

 

良いと思ったデザインは、スクラップブックなどに貯めておくと便利ですよ。

自分だけのデザイン資料集を作って、アイデアの源にしていきましょう。

 

ノマドニア編集部
良いデザインを真似ることから始めよう。たくさんのWebサイトをチェックして、デザインセンスを磨き上げていきましょう!

デザイン以外の知識も身につける

Webデザイナーとして活躍するには、デザインの知識だけでは不十分。マーケティングや心理学など、デザイン以外の知識も必要不可欠です。

Webサイトは、単にかっこよければいいわけではありません。使う人の気持ちを理解し、課題解決につなげることが目的だからです。

 

マーケティングの視点を持つことで、さらに説得力のあるデザインが作れるようになるはず。文章力を磨くのも大切なスキルの1つ。

伝わりやすいキャッチコピーを考えられるようになれば、デザインの幅もぐっと広がるはずです。

 

セールスライティングにも興味を持っておくと、きっと役立つ場面があるでしょう。Webデザイナーの仕事は、デザインだけにとどまりません。

幅広い知識を身につけて、活躍の場を広げていきましょう。

 

つまずいてもあきらめない

未経験からWebデザイナーを目指す道のりは、決して平坦ではありません。思うようにデザインが作れなかったり、上達が実感できなかったりと、つまずくこともあるでしょう。

 

そんな時は、一度立ち止まって自分を見つめ直してみることが大切。失敗は成長のチャンス。必ず糧になる経験のはずです。

つまずきを恐れず、前を向いて進んでいきましょう。

 

プロのWebデザイナーになるには、相当の努力が必要です。でも、諦めないことが何より大切。

今日の自分を信じて、コツコツと学習を続けていってくださいね。たとえ回り道に感じることがあっても、それはきっとあなたを成長させてくれるはず。

つまずいた時こそ、仲間と励まし合える関係性を築いておくことをおすすめします。

 

未経験者がWebデザイナーになる具体的なステップ

STEP1: HTML/CSSを学ぶ

Webデザイナーへの第一歩は、HTML/CSSの基礎知識を身につけること。HTMLはWebページの骨組みを、CSSはデザインを決めるための言語です。

この2つをマスターすることが、Webデザイナーとしての基本中の基本と言えるでしょう。

 

まずは、HTMLの基本的なタグの意味と使い方を理解すること。次に、CSSでテキストや背景色などのスタイリングができるようになりましょう。

「HTMLで構造を作り、CSSでデザインする」が、Webデザインの基本的なフローです。

 

独学で勉強するなら、ドットインストールやProgate等のオンライン学習サイトがおすすめ。初心者向けのコースから始めて、徐々にステップアップしていくのが良いでしょう。

基礎的なHTMLとCSSが書けるようになったら、簡単なWebサイトを実際に作ってみること。

 

実践を通して、さらに理解を深めていきましょう。自信がついてきたら、JavaScriptやjQueryなどにも挑戦してみるのもおすすめです。

 

STEP2: Webデザインを学ぶ

HTML/CSSである程度コーディングができるようになったら、次はWebデザインを学びましょう。レイアウトやUIデザインの基礎を身につけることが、より洗練されたWebサイト制作につながります。

Webデザインを学ぶには、デザインの基本原則を理解することから始めましょう。

 

「誰に、何を、どう伝えるか」を常に意識しながらデザインを考える習慣を身につけること。これがデザインの基本中の基本です。

色彩心理学やタイポグラフィなど、デザインに関連する幅広い知識を学ぶのも大切。

 

配色ツールを使って、カラーコーディネートの感覚を養うのもおすすめ。優れたWebデザインを参考にしながら、自分なりのデザインを作ってみる練習も重要です。

バナーやアイコン制作にも積極的に挑戦して、Photoshop/Illustratorの使い方もマスターしていきましょう。

 

オンラインのポートフォリオを作るのはもちろん、デザインコンペに応募するのも良い経験になるはず。

「作って、見せる」を繰り返すことが、Webデザインを学ぶ一番の近道だと思います。

 

ノマドニア編集部
デザインの基本を学びつつ、どんどん作品を作っていきましょう。「作って、見せる」の積み重ねが、確実なステップアップにつながります。

STEP3: 実務経験を積む

Webデザインの基礎スキルが身についたら、いよいよ実務経験を積むフェーズ。実際の現場で経験を積むことが、プロのWebデザイナーになるための最短ルートです。

求人サイトや、SNSなどを活用してWebデザイン関連の仕事を探してみましょう。

インターンやアルバイトから始めるのが無難でしょう。最初は制作アシスタントとして、コーディングやバナー制作などの細かい作業を任されるかもしれません。

でも、そこから着実にスキルアップしていくことが大切。

 

フリーランスでの活動にも挑戦してみると、経験の幅がさらに広がるはずです。実務を通して、クライアントとのコミュニケーションも上達していくでしょう。

リアルな制作現場のプロセスに触れることで、Webデザインのスキルは飛躍的に伸びていくはず。

 

アルバイトでコツコツ実績を積み、徐々にフリーランスの仕事にシフトしていくのがおすすめです。「Webデザインは実務が9割」と言われるほど、経験値が物を言う世界。

積極的に実務を通して成長していきましょう。

 

ノマドニア編集部
実務経験こそが、Webデザイナーとしての財産になります。恐れずにチャレンジし、たくさんの経験を積んでいきましょう!

まとめ

今回は未経験からWebデザイナーになるための方法をお伝えしました。まとめると以下のとおりです。

 

Webデザイナーになるためには、HTML/CSS、Photoshop/Illustrator、デザインの基礎知識が必要不可欠です。学習方法は、独学、スクール、実務経験など、自分にあったものを選ぶこと。

 

独学では、オンラインの学習サイトや書籍を活用してコツコツ学習をしましょう。スクールでは、短期間で集中的に学べるのがメリット。

実務経験は、アルバイトやインターンからスタート。徐々にフリーランスへとステップアップしていくのがおすすめです。

 

Webデザイナーに興味を持った方は、ノマドニアへの参加を検討してみてください。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?