フリーランスWebデザイナーになるためのノウハウを徹底解説!

フリーランスwebデザイナーになるには
  • 2024.05.30

フリーランスWebデザイナーになって、好きな時間に好きな場所で仕事がしたい。

でも、どうやってフリーランスになればいいのかわからない…。そんな悩みを抱えている方のために、この記事ではフリーランスWebデザイナーになるためのノウハウを徹底的に解説します!

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部が執筆しています!

 

目次

フリーランスWebデザイナーとは?仕事内容や働き方を解説

フリーランスWebデザイナーになるためには、まずその仕事内容や働き方を理解することが大切です。ここでは、フリーランスWebデザイナーの定義や特徴、具体的な業務について詳しく見ていきましょう。

 

フリーランスWebデザイナーの定義と特徴

フリーランスWebデザイナーとは、特定の企業に属さずに個人事業主としてWebデザインの仕事を請け負う人のことを指します。会社に勤めている正社員のWebデザイナーとは異なり、自分で仕事を獲得し、納期や報酬などの条件を クライアントと直接交渉します。

 

フリーランスならではの自由度の高さが魅力である一方、仕事の不安定さやリスクは避けられません。

 

フリーランスWebデザイナーの具体的な業務内容

フリーランスWebデザイナーが行う業務は多岐にわたります。主なものとしては、以下のようなものがあげられるでしょう。

 

  • Webサイトやランディングページのデザイン制作
  • バナー広告などのグラフィック制作
  • WordPressなどのCMSを使ったWebサイト構築
  • コーディングやプログラミング
  • SEO対策やアクセス解析
  • クライアントとの打ち合わせや提案資料の作成

 

中にはUIデザイナーやUXデザイナーとして専門性を深めたり、時には動画クリエイターやライターの領域まで手がける人もいます。ただ、全てを1人でこなすのは難しいので、自分の得意分野を見極めて専門性を高めていくことが重要です。

 

ノマドニア編集部
自分にあった仕事内容と報酬を見つけるのがコツ。
少しずつでも前進していきましょう!

 

フリーランスWebデザイナーのメリットとデメリットを把握しよう

フリーランスWebデザイナーには、会社員にはないメリットがたくさんあります。一方で、リスクやデメリットも無視できません。

フリーランスになる前に、そのメリットとデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

 

フリーランスWebデザイナーのメリット

自由に働ける

フリーランスWebデザイナー最大のメリットは、時間と場所に縛られずに自由に働けることです。朝は ゆっくり過ごして午後から仕事を始めたり、カフェやコワーキングスペースで作業したり、時には旅行先からリモートワークすることも可能です。

自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのは大きな魅力の1つでしょう。

 

好きな仕事を選べる

会社員の場合、上司から与えられた仕事をこなさなければなりませんが、フリーランスは自分の好みや得意分野に合った仕事を選ぶことができます。嫌なクライアントとは契約しなければよいですし、単価の安い案件は断ることもできるのです。

自分にあった働き方を追求できるのもフリーランスならではの醍醐味と言えるでしょう。

 

収入アップの可能性がある

フリーランスWebデザイナーの報酬は、案件の単価 × 仕事量で決まります。腕に自信があれば高単価の案件を獲得することができますし、効率的に業務をこなせば1人でも会社員以上の収入を得られる可能性が十分にあります。

収入アップを目指してスキルを磨き、実績を積み重ねていくことが大切です。

 

ノマドニア編集部
フリーランスならではのメリットは大きいです!
理想のライフスタイルを実現しましょう。

フリーランスWebデザイナーのデメリット

収入が不安定

フリーランス最大のデメリットは、収入が不安定なことです。会社員のように毎月決まった給料がもらえるわけではないので、案件が途切れてしまうと収入がゼロになってしまう恐れがあります。

新規開拓を怠らず、安定して仕事を獲得し続けることが求められます。

 

福利厚生がない

健康保険や年金などの社会保障制度は、フリーランスの場合、自分で加入手続きをすることも必要です。保険料の負担も大きいので、収入が減ると生活が苦しくなるリスクがあるのです。

 

仕事とプライベートの切り替えが難しい

フリーランスは仕事の時間を自由に決められる一方で、仕事とプライベートの境界線が曖昧になりがち。自宅で仕事をしていると、つい夜遅くまで作業してしまったり、休日も仕事のことが頭から離れなかったりと、オンとオフの切り替えが難しくなることがあります。

メリハリをつけて働くことが、フリーランスには求められる重要なスキルの1つです。

 

ノマドニア編集部
メリットを活かしてデメリットを克服する工夫が大切。理想の働き方を見つけていきましょう!

 

フリーランスWebデザイナーに必要な3つのスキル

フリーランスで成功するためには、Webデザインのスキルだけでなく、仕事の進め方や考え方など、様々な能力が求められます。ここでは、フリーランスWebデザイナーに必要不可欠なスキルと心構えについて解説します。

 

1. Webデザインの実務スキル

フリーランスWebデザイナーとして独り立ちするには、実務で通用するレベルのWebデザインスキルが必須です。基本的なデザイン理論や最新のWebデザイントレンドを理解し、それらを実践で活かせるようにしておきましょう。

幅広いジャンルのデザインを作れるようになると、仕事の選択肢が広がります。

 

2. マーケティングの知識

Webサイトは、何かしらのビジネス目的を達成するために制作されるものです。クライアントのマーケティング課題を理解し、課題解決につながるデザインを提案できる力が求められます。

デザインとマーケティングを関連付けて考えられるようになると、価値あるWebデザイナーとして評価されるでしょう。

 

3. 円滑なコミュニケーション力

フリーランスは、クライアントや協力会社など、様々な人とやりとりしながら仕事を進めていきます。相手の要望を正確に理解し、自分の意見を丁寧に伝える円滑なコミュニケーション力が不可欠です。

誠実な対応を心がけることで、信頼関係を築き、長期的な取引につなげることができるでしょう。

 

ノマドニア編集部
専門スキル以外の力も大切にしてください。バランスの取れたスキルアップを心がけましょう!

 

フリーランスWebデザイナーに必要な心構え

主体的に動く

フリーランスには、周りに指示されるのを待つのではなく、自分で考えて主体的に動くことが求められます。クライアントのニーズに前向きに応えようとする姿勢や、問題が起きた時に自ら解決策を模索する積極性が重要です。

受け身ではなく、常に能動的であることを心がけましょう。

 

謙虚に学ぶ

フリーランスは個人で仕事をするので、知識やスキルの入り口が限られています。常に謙虚な姿勢で学ぶ意欲を持ち、自己研鑽を怠らないことが大切です。

新しいデザイン手法を取り入れたり、他のデザイナーの作品から学んだりと、様々な刺激を吸収する好奇心を持ち続けることが重要でしょう。

 

ストレスコントロール力

フリーランスは自分1人で全てを背負うので、ストレスを感じやすいと言われています。困難な状況でも折れない強いメンタルと、ストレスに適切に対処する方法を身につける必要があります。

趣味の時間を作ったり、同じフリーランスの仲間と交流したりするなど、リフレッシュする時間を大切にしましょう。

 

ノマドニア編集部
フリーランスに向いているマインドセットを理解して、着実にステップアップしていきましょう。

 

フリーランスWebデザイナーになるための具体的なステップ

フリーランスWebデザイナーを目指すなら、計画的に準備を進めることが大切です。ここからは、フリーランスになるまでの道のりを具体的なステップで見ていきましょう。

 

STEP1. Webデザインスキルを身につける

デザインの基礎を学ぶ

まずは、Webデザインの基礎となるビジュアルデザインの理論を学ぶことから始めましょう。色彩の効果や文字の見やすさ、レイアウトの基本ルールなど、デザインの根底にある考え方を理解することが大切です。

書籍や通信講座、専門学校などを活用して、基礎力を身につけていきましょう。

 

制作ソフトをマスターする

Webデザイナーには、PhotoshopやIllustratorといったデザイン制作ソフトの使い方を極めることが求められます。操作方法を完璧にマスターして、制作の時間短縮とクオリティアップを実現しましょう。

各ソフトのチュートリアルをこなしたり、作例を真似して練習したりと、地道な努力を重ねることが上達への近道です。

 

コーディングの知識も身につける

Webデザイナーはデザインだけでなく、コーディング(HTML/CSS)の知識も必要とされます。デザインの意図を正確にWeb上で再現するために、コーディングの基本は押さえておくべきです

Webデザインとコーディングの知識を併せ持つことで、制作の幅が広がります。

 

ノマドニア編集部
基礎をしっかり身につけて、着実にスキルアップしていきましょう!

 

STEP2. 制作実績を積む

課題制作で力試し

デザインの勉強と並行して、実際の制作にも挑戦して実力を試してみましょう。テーマを決めて自主的に制作する「課題制作」を繰り返すことで、徐々にクオリティの高い作品が作れるようになります。

作った作品は、ポートフォリオサイトにまとめて外部に公開しておくと、アピール材料になります。

 

クラウドソーシングで実績を積む

実務経験を積むなら、クラウドソーシングサービスを活用するのも有効な方法です。ランサーズやクラウドワークスなどで、まずは小規模な案件から受注して実績を重ねていくと良いでしょう。

依頼者の評価やレビューをもらえば、信頼度アップにもつながります。

 

コンペやイベントに参加する

腕試しも兼ねて、Webデザインのコンペティションやイベントに積極的に参加してみるのもおすすめです。全国のデザイナーと競い合うことで、客観的な評価を得られますし、刺激を受けて成長につなげられます。

受賞できれば、経歴としても大きなアピールポイントになるでしょう。

 

ノマドニア編集部
実戦を通して経験値を上げていくことが大切。失敗を恐れずにチャレンジしましょう!

 

STEP3. フリーランスとして独立する

独立への準備を整える

いよいよフリーランスとして独立する段階です。開業届の提出や銀行口座の開設など、個人事業主としての各種手続きを済ませておく必要があります。

確定申告など税務の知識を身につけたり、フリーランス向けの保険に加入したりするなど、万全の準備を整えましょう。

 

仕事を獲得する

開業したら、次は仕事を獲得することに注力しましょう。クラウドソーシングや制作会社からの紹介、営業活動など、様々な方法を組み合わせて受注機会を増やすことが大切です。

ポートフォリオサイトを充実させたり、ブログやSNSで情報発信したりしながら、着実に顧客を開拓していきましょう。

 

信頼を積み重ねて安定化を目指す

独立後は、高品質な納品とコミュニケーションで信頼を獲得し、リピートにつなげることが重要です。口コミで仕事が舞い込むようになるくらい実績と人脈を築けば、徐々に安定した収入を得られるようになるはずです。

一つひとつの仕事を丁寧にこなしながら、フリーランスとしての地位を確立していきましょう。

 

まとめ

このように、フリーランスWebデザイナーになるためには、Webデザインの高いスキルを身につけ、制作実績を積み重ねつつ、独立に向けた周到な準備を進めることが大切です。理想のフリーランスライフの実現には、それなりの覚悟とハードワークが必要不可欠。

でも、好きな仕事で自由に生きていく喜びは、苦労を上回るはずです。

 

新しいことに挑戦するために、Webデザイナーの仕事を体験してみたいという方には、ノマドニアへ参加することをオススメします。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

 

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?