WordPressエンジニア最強論。逆にデメリットは何?

副業エンジニアなら、WordPressエンジニア最強論。逆にデメリットは何?

Webエンジニアとして副業で稼ぐなら、WordPressエンジニアになるのが最強です。副業なら効率重視ですので世界の3分の1をカバーするWordPressについて知って、特化してください。

本記事ではWordPressの特性とWordPressエンジニアを目指すべき理由、デメリットを解説します。

 

WordPressとは

WordPressは世界中で使われているCMS(Contents Management System・コンテンツ管理システム)です。コンテンツ管理システムとは、ブログやページ、サイトのコンテンツ管理が簡単にできる仕組みのこと。

つまり、複数のコンテンツがあるサイトを作るならWordPressを使うと便利です。

 

WordPressの特徴は無料、簡単、多機能

WordPressの特徴は無料、簡単、多機能の3つ。

無料に関しては誤解している方もいますが、サーバーやドメインの取得に費用がかかるだけで、WordPressの利用は無料です。また、バージョンアップも無料。プラグインも無料のものが大半という好環境です。

 

WordPressの標準機能+プラグインを使えば、簡単に多機能なサイトを作成できます。

例えば、当サイトにもある問い合わせフォームは、フォーム、データを送信、データを受信、サンクスメールを送信、など自作するには複雑。でも、プラグインならすぐできます。

関連記事

ブログに必要なWordPressのプラグインを探している方向けの記事です。WordPressに導入するプラグインは少ないほど良いです。プラグインが多いと・サイトの動作が重くなる・サイトのデザインが崩れる・プラグイン同士が干渉[…]

wordpressのおすすめプラグイン15種類【もっと減らしたい】

 

インターネット上の35%がWordPressで作られている

WordPressの市場シェア (2011- 2020):Kinstaによると、インターネット上にあるすべてのサイトの35%がWordPressで作成されています。これは競合CMSであるJoomlaが2.6%、wixが1.3%というシェア率を踏まえても、驚異的な数字です。

 

WordPressが使われている有名サイト

世界の3分の1以上(正確には35%)がWordPressサイトですから、皆さんがご存知の会社もWordPressでサイトを作成・管理しています。代表的なサイトを5つ紹介します。

 

ホワイトハウス

ホワイトハウス

» The White House

 

ウォルトディズニーカンパニー

ウォルトディズニーカンパニー

» The Walt Disney Company

 

スター・ウォーズ公式サイト

スター・ウォーズ公式サイト

» StarWars.com | The Official Star Wars Website

 

クックパッド会社サイト

クックパッド会社サイト

» クックパッド株式会社

 

サルワカ

サルワカ

» サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン

 

参考:Work Life Chaos

worklifechaos

現在ご覧のサイトもWordPressで作成されています。

 

サイトがWordPressで作られているかどうか調べる方法

「あのサイトもWordPressかな?」と思ったら、簡単に調べる方法があります。

  1. サイト上で右クリックして「ページのソースを表示」
  2. wp-で検索してヒットすればWordPress

以上です。

 

例えば、The Walt Disney Companyで「ページのソースを表示」して、wp-で検索すると、wp-がついたディレクトリが見つかります。

wp

wpとはwordpressの略で、WordPressが生成したディレクトリにはwp-が自動的につくケースが多いのが特徴です。

 

なぜ、WordPressができるエンジニアになるべきか

WordPressエンジニアになるべき理由はシンプルに仕事が多いからです。

インターネット上の3分の1がWordPressですから、WordPressができればサイトに関わるすべての仕事の3分の1は対応可能です。

 

また、それだけ多くのサイトがあるということは、エンジニアによる情報発信も多くありますから、困ったことがあってもGoogle検索で解決できます。

調べれば分かる、出てくる、というのは日々技術が進化するプログラミングにおいては、とても大きな強みです。

 

逆にWordPressエンジニアのデメリットは何?

ここまで無敵のWordPressエンジニアですが、デメリットもお伝えしておきます。

  • 単価が上がりにくい
  • 単体スキルはリスクがある

こちらの2点です。

 

WordPressエンジニアの時給は5000円から10000円ほど。WordPressに特化していると、それ以上には上がりにくいのはデメリットです。

他の職種と比較したら十分に高給ですが、エンジニアだと時給20,000円、30,000円の仕事もあります。

技術をWordPress関連に限定してそこそこ稼ぐ or WordPress以外の学習もしてガッツリ稼ぐのどちらか、選択ですね。

 

 

WordPressサイトで使われる言語

  • PHP:サイトとデータベースを繋ぐ
  • Java Script:サイトに動きをつける
  • CSS:サイトをデザインする
  • HTML:サイトをデザインする
  • WordPressの独自関数:PHPの処理をショートカットする

WordPressエンジニアに必要な言語は上記の4つ+WordPressの独自関数です。

 

WordPressエンジニア最強論 | まとめ

WordPressの特性とWordPressエンジニアを目指すべき理由は以上です。

WordPressで作られたサイトが多いのがWordPressをやるべき最大の理由なので、もしWordPressが他のシステムに代わられたら、新システムのエンジニアになってください。

サイトを作りたい人が使いたいシステムに習熟しているのが仕事を途切れさせない基本です。

Adobe CCを
学生料金で契約できます
Premiere Rushの使い方。Premiere Proより圧倒的に簡単です

Adobe Creative Cloudにいくら払ってますか?月額5,000円以上払っているなら、購入方法を変更することで月額3,000円の学生料金にコストダウンできます。

年間だと32,000円の節約です。新しい機材やガジェットが買える金額ですね。

もちろん、合法です。ズルは一切ありません。