サイトリニューアルしました
WordPressのページスピード高速化をPHPとサーバー・テーマで達成しました

WordPressのページスピード高速化をPHPとサーバー・テーマで達成しました

WordPressで運営している当ブログの大幅なリニューアルをしました。

  • https化
  • PHPのバージョンを最新にアップデート
  • サーバーのアップグレード
  • サイトテーマを変更

こちらの4つをまとめて実施したところ、ページの表示スピードが大きく改善したので、まだの方はできるだけ早く取り組むべきです。

ブログを長く運営している方なら、ブログのデザインやサーバーに関わる部分を最適化すればサイトスピードが速くなるのは知ってはいるものの面倒で放置してる場合もあるはず。僕もそうでした。

 

ちなみに、ページスピードだけではなく(httpsはページスピードとは無関係ですし)、検索順位も上がりました。

 

ページスピード高速化のビフォー・アフター

諸々の対策前は40点から50点ほどだった、GoogleのPageSpeedInsightが90点台になりました。体感でもサイトの表示が1~2秒速くなっていますし、特に一部はまだ読み込み中だけど、ブログ自体は表示されている状態に速く切り替わるので、真っ白の読み込み中画面で待たされるいやーな時間が短縮されました。

 

https化

https化、常時SSL化とも呼ばれるサイトのセキュリティ設定です。サイトスピードとは無関係ですが、Googleが「https化しているサイトの検索順位を優遇します」と明言しているので、そろそろ個人ブログでも対応しないときつい時期。

 

PHPのバージョンを最新にアップデート

https化が終了したら、サーバーに設定されているPHPを5系から最新の7系にアップデートしました。これで、サーバーの処理速度が向上しています。なお、サーバーはブログ立ち上げ時からロリポップを使っています。PHPのバージョン変更による追加の費用はありません。

 

サーバーのアップグレード

PHPが7系になったことで、ロリポップのハイスピードプランに変更できるようになりました。2019年10月からはロリポップの管理画面内にある「プラン変更機能」が使えるので、選ぶだけで自動的に変更可能です。

なお、ハイスピードプランへのアップグレードはできますが、エコノミープランやスタンダードプランなどの下位のプランに下げるダウングレードはできない点が注意です。

元々は月額500円のスタンダードプランを使っていましたが、ハイスピードプランは月額1000円なので追加費用が500円かかりました。とはいえ、ランチ一回分でページスピードが速くなるので、激安です。

 

サイトテーマを変更

ブログで利用しているテーマ(デザインのフォーマットのようなもの)をTHE THORという有料テーマに変更しました。これまではSTINGER7という無料テーマを使っていましたが、画像の処理や表示方法、ページ構造などが作り込まれているTHE THORにしたことで、サイトスピードが速くなりました。

なお、サイトテーマ変更の歴史については「1000記事突破!ブログを全面リニューアルしました」で詳細を解説しています。

 

WordPressのページスピード高速化をPHPとサーバー・テーマで達成しました

本記事ではPHPとサーバー・テーマ変更で、ページスピードを高速化できた事例について説明しました。費用は月額で500円、有料テーマ「THE THOR」の費用が15,000円の合計15,500円ですが、とても満足しています。

EC業界では「表示に3秒以上かかるページからは40%以上のユーザーが離脱する」と恐ろしい結果が出ており、ブログやWebメディアにおいても表示スピードの改善は必須です。

個人ブロガーではECサイトが取り組んでいるような緻密な改善は難しいですが、サイト全体のスペックを改善できるPHPバージョンの最新化とサーバー機能の向上、作り込まれたテーマの利用は目に見えて効果があるので、ちゃんとやりましょう。頑張って作ったコンテンツがユーザーに届くためにも。