2020年はどんな年になるのだろうか...!!
WordPressの執筆を加速する3つのプラグイン

WordPressの執筆を加速する3つのプラグイン

WordPressのおすすめプラグインの中で、執筆をサポートするプラグインをピックアップしました。

関連記事

ブログに必要なWordPressのプラグインを探している方向けの記事です。WordPressに導入するプラグインは少ないほど良いです。プラグインが多いと・サイトの動作が重くなる・サイトのデザインが崩れる・プラグイン同士が干渉[…]

wordpressのおすすめプラグイン15種類【もっと減らしたい】

誤字脱字チェックや商品紹介、目次の作成などはプラグインに任せて、執筆に集中しましょう。

 

誤字脱字チェックを1秒で完了するプラグイン「Japanese Proofreading Preview」

Japanese Proofreading Preview

Japanese Proofreading Previewはプレビュー状態で文章の校正指示を表示することができます。校正の基準はYahooが提供している校正支援のプログラムを利用しています。

関連記事

誤字脱字を無くしたいけれど、「頑張ってチェックする」という方法は個人の注意深さと経験に基づくので有効ではありません。そもそも、誤字脱字以外にも二重否定(聞かなくはない)や冗長な表現(することができます)など、確認すべきものはたくさんあります[…]

誤字脱字チェックを1秒で完了するプラグイン

 

商品紹介をするプラグイン「Rinker」

Rinkerは商品リンクを簡単に作成できるWordpressのプラグインです。上記のような商品リンクを作れます。Amazon、楽天市場、Yahooショッピングの他に、オリジナルのボタンも追加できます。

関連記事

ブログ内で商品の紹介に使っていたWebサービス「カエレバ」が2019年1月の仕様変更で、Amazon検索からのリンク作成ができなくなりました。» 参考:【重要】カエレバ・ヨメレバは、国内ショッピングモールを応援するサービスへ生まれ変[…]

カエレバの代わりに「Rinker」を導入しました

 

目次を設定するプラグイン「Table of Contents Plus」と「Extended Table of Contents」

目次のサンプル

プラグインの「Table of Contents Plus」か「Extended Table of Contents」を使えば、記事内にある見出しを使った目次を簡単に設置することができます。

なお、記事を1ページで表示している場合は「Table of Contents Plus」ですが、2ページ以上にまたがる記事の場合は「Extended Table of Contents」を使う必要があります。

 

WordPressの執筆を加速する3つのプラグイン | まとめ

本記事では、WordPressの執筆を加速する3つのプラグインを開設しました。プラグイン以外にWordPressユーザーが知っておくべきことは、サイトスピードの改善方法です。

どんなWordPressにも効果があるスピードアップは「プラグインの整理」なので、下記の記事を参考にサイトスピードに悪影響があるプラグインを見つけて、削除してください。

関連記事

wordpressのサイト表示スピードを何とかして改善したい人に向けた記事です。 サイトスピード改善はプラグインの削除が効果的サイトスピード対策はとても奥深くて、さまざまな知識を必要とされます。しかし、見落とされや[…]

wordpressのサイトスピード改善はプラグインの削除から