普通の人が無理せずツイッターのフォロワーを増やす方程式

      2018/07/12

ツイッター初心者:ツイッターを初めて、とりあえず毎日投稿しているけど、いいねもリツイートも、フォロワーも全く増えない。もう諦めそうだけど、もう一回だけTwitterに挑戦したい。Twitterでフォロワーが10000人以上いる人フォロワーの増やし方を教えて!

という相談にお答えします。

 

本記事の内容はこちらです

・Twitterのフォロワーを増やす大前提
・Twitterのフォロワーが多いアカウントのメリット
・無理なく凡人がTwitterのフォロワーを増やす方法
・Twitterのフォロワーを増やすために参考になるアカウント
・Twitterの運用アプリ

 

この記事を書いている時点で、Twitterのフォロワー数は約17000名になりました。Twitterのアカウント全体では上位2.0%に入る数字です。

統計によると、1000人以下が81%なので、1000人以上になればまずは上位19%に入れますね。2000人以上なら10%です。

なお、自慢することでもありませんが、センスがなくともTwitterのフォロワーは増やせます。えとみほさんとか、

カツセさんみたいな才能あふれるアカウントを真似してやってみたけど、全然結果が出ない...と挫折した人は続きをお読みください。

 

普通の人がTwitterのフォロワーを増やす大前提

普通の人とは僕のことです。これまでTwitterのフォロワーを増やすために、結局これはやらなきゃいけないと確信した前提条件はこちらです。

・時間をかけて自分にとって最適な投稿スタイルを試行錯誤する
・人生が続く限り、プロフィールに完成はない
・Twitterのフォロワーを増やすノウハウを実行しても、フォロワーが増えるとは限らない

 

時間をかけて自分にとって最適な投稿スタイルを試行錯誤する

Webマーケティング全般に言えることですが、Twitterの運用においても思考停止になることが一番マズイです。うまくいってる人ほど、常にトライ&エラーしています。TwitterなどのSNSは新機能の追加や仕様が変更されることも多いので、変化を楽しみましょう

 

人生が続く限り、プロフィールに完成はない

Twitterのフォロワーを増やすためには、プロフィール画像のクオリティを上げて、プロフィール文章を魅力的にしようと、多くのノウハウで語られて全くその通りです。

ただ、クオリティと共に大切なのは、自分の変化に合わせてプロフィールをアップデートすることが本質的です。投稿は日々変化していくのにプロフィールが同じだと、フォロワーがプロフィールを見て期待する投稿内容と、実際の投稿が食い違っていきます。

 

Twitterのフォロワーを増やすノウハウを実行しても、フォロワーが増えるとは限らない

「東大合格のための勉強法」を実行しても全員が東大に入学するとは限らないように、ノウハウを実行しても結果が出るとは限りません。それよりも、なぜそのノウハウが生まれたのか、という本質を理解すべきです。

本記事で紹介する「無理なく凡人がツイッターのフォロワーを増やす方程式」も同様なので、これをやればフォロワーが増える!と盲目的になぞるのではなくて、自分なりに解釈した方が結果が早く出ます。

この辺が「とにかく学んだことを充実に黙ってやればいいんだ」という旧来的な学習と違い、個人によって正解が面白いです。

 

Twitterのフォロワーが多いアカウントのメリット

Twitterのフォロワーが増える直接的なメリットは、自分のブログやサービスに人を誘導できることです。間接的なメリットは、影響力が高まると様々なお仕事がもらえます。

Webマーケティング業界でSNSが流行った際に語られたのは、「SNSは無料で使えるから、有料広告よりもコスパが良いのではないか」という話でしたが、のちに間違いだと分かりました。お金を払って掲載する広告と同じだけの影響力をSNSで発揮しようとすると、日々の投稿やフォロワーとの関係値作り、プロフィールの改善などで、多くの時間がかかります。

ただし、有料広告と違って必要なのは時間だけで失うお金はありません。そういう意味では個人にとってはリスクが0です。フリーランスや起業、複業を目指す個人にとって、SNSの運用に力を入れることはより必要になっていくでしょう。

 

無理なく凡人がTwitterのフォロワーを増やす方法

無理なく凡人がTwitterのフォロワーを増やす方法

Twitterを8年くらい運用した結果、自分には投稿をバズらせるセンスがないことが分かったので、下記の3つ守って運用しています。ただ、大きなバズを作れないだけで、100~1000いいねくらいの投稿できるようになりました。

まず、心がけているのは1つ1つの投稿に時間をかけることです。

 

時間をかけてツイートの原稿を考える

これまでは、思いついた瞬間にツイートをするという方法でしたが、毎日30分ほど時間をかけてツイートの原稿を考えるという方法に変更しました。

考えたツイートはEvernoteにメモしておいて、投稿する前にもう一度読み直します。その際に、無駄な部分をカットして、わかりやすい投稿に編集します。

投稿は1日3回まで

これまでは投稿数を多くすることを心がけていましたが、量ではなく質を重視するために、投稿は1日3回までにしました。たくさんツイートしなくちゃいけない... しかも、質の高いツイートを... というプレッシャーから解放されました。

逆に3回に制限したことで、自然とどうでも良いツイートが減りました。

 

投稿時間は22時〜24時まで

22時〜24時までの時間帯が一番反応が良かったので、日中に面白いツイートを思いついてもぐっと我慢しています。リツイートやいいねでの伸びを考えると、ベストは22時頃です。

 

Twitterのフォロワーを増やすために参考になるアカウント

Twitterのフォロワーを増やす方法に続いて、フォロワーを増やすために参考にしているアカウントを理由と共に紹介します。

 

マナブ@バンコク

バンコクのシェアハウスに住むフリーランスのマナブさんは、アフィリエイト・ブログ・プログラミングを仕事にしています。代表サイトは「manablog」

Twitterと連動したブログ記事の作成やフォロワーの増やし方など、直接的にTwitter運用の参考になります。

 

えとみほ(江藤美帆)


えとみほさんは、スナップマートの創業者であり現在は栃木サッカークラブのマーケティング戦略部長。ちきりんさんを彷彿とさせる働き方についての投稿が特に人気(な気がする)。

自他共に認めるツイ廃(ツイッター廃人:Twitterにハマっていて、1日にたくさんツイートをする人のこと)なので、ご紹介した方程式には当てはまりませんが、好きなアカウントです。

 

はあちゅう


インフルエンサーの走りであり、実は大学の先輩です。人生でやりたい100のリストを初めたきっかけにもなった人。Twitterだけではなく、Voicyやnoteなど他のWebサービスとの連携が上手です。はあちゅうさんの仕事もプライベートもすべてがフォロワーの興味の対象となっています。Twitter運用の完成形です。

 

ルイス前田


最後に自分のアカウントも紹介しておきます。Twitterのフォロワーを増やす3つの方法「時間をかけてツイートの原稿を考える」「投稿は1日3回まで」「投稿時間は22時〜24時まで」を守った結果の参考にどうぞ。

 

Twitterの運用アプリ

フォロワーを増やすことと必ずしも連動はしないのですが、Twitterの運用アプリを導入することで投稿を考える時間を増やすことができます。

僕が使っているのは、Bufferという予約投稿サービスSocialdogという分析サービスです。どちらも無料ツールなので、アカウント登録してササッと触ってみましょう。

 

まとめ:Twitterのフォロワーを増やす方法は、投稿の数を絞って質をあげる

最後まで読んでいただきありがとうございました。たくさんの素晴らしいTwitterアカウントをフォローするほど、自分の投稿はなんてつまらないんだ...と落ち込みましたが、試行錯誤をして上手くいく方法を見つけるまでをゲームと考えたら楽しくやれるようになりました。

 

余談ですが、Twitterマーケティングのような、流行が変化するスピードが早い&地道な作業が好きな人はWeb業界が向いているので、転職を考えているなら覚えておいてください。

僕もWebの広告代理店出身ですし、Twitterのフォロワーを増やすために参考になるアカウントで紹介したはあちゅうさん、えとみほさん、マナブさんは全員Web業界の出身です。

 

Web業界に知り合いがいない人も多いと思うので、その場合はスカウトサイトや転職サイトを使いましょう。いくつか使ってみて、勝手の良いものを絞りこむ方法が早いです。

・Switch / Facebookでログインしておけば、Web業界からオファーが届きます
・リクナビNEXT / 大手サイトなので「Web・インターネット」のカテゴリーに仕事がたくさんあります

 - Webメディア運営 / Media