フリーランスにおすすめの仕事まとめ|独立する方法と仕事の探し方を解説

フリーランス おすすめ

フリーランスになりたい方で、自分に合った仕事やフリーランスになりやすい仕事について興味のある方もいらっしゃるでしょう。フリーランスになるためには、独立する方法と仕事の探し方を理解しておくことが重要です。

 

本記事では、フリーランスをおすすめする理由やおすすめ業種、独立方法などについて詳しく解説します。フリーランスとしての働き方に少しでも興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

ノマドニア編集部
こちらの記事はノマドニア編集部よりお届けします!

 

フリーランスとは?

フリーランス とは

フリーランスの定義は、「特定の企業や団体、組織に専従しない独立した形態で、 自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る人」とされています。フリーランスの働き方は、自己管理能力が求められる一方、高い自由度で仕事できる点が特徴です。

時間や場所にとらわれずに働けるため、ライフスタイルに合わせた働き方ができます。

 

また、業務内容やクライアントとの契約次第で様々な仕事に取り組むことができ、スキルの幅を広がり専門分野を極めることが可能です。

 

フリーランスをおすすめする3つの理由

フリーランス おすすめ 3つの理由

フリーランスの働き方を、魅力的に感じている方もいらっしゃるかと思います。以下では、具体的なメリットを3つ解説します。

 

時間と場所に縛られずに働ける

フリーランスは、時間と場所に縛られずに働けるため、ノマド生活が可能になり世界中のどこからでも仕事ができます。この柔軟性により、プライベートの時間を充実させることができ、家族や友人との時間を大切にできます。

 

また、出社ならではの人間関係のストレスが軽減され、自己管理のもとで効率的に働くことが可能です。

 

仕事を自分で選択できる

フリーランスは会社員と異なり、自分で営業を行い、案件を受注したり、仕事を依頼されたりするので、仕事の取捨選択が可能です。これにより、好きな分野や得意なことだけを仕事にでき、仕事へのモチベーションが高まります。

 

また、苦手な業務や専門外の作業は外注することで、効率よく進められます。自分の強みを最大限に活かしながら働くことができるため、より質の高い成果を出すことが可能です。

 

自分が頑張った分だけ収入を上げられる

フリーランスは労働時間や就業規則がないため、自分が仕事した分だけ収入を上げられます。 さらに、成果報酬の業務も多く、頑張り次第で大きな収入を得ることが可能です。

たとえば、プロジェクト単位で報酬が決まる仕事では、納期内にクライアントの期待を超える成果物を納めることで次の案件や追加の仕事に繋がり、さらに収入を増やせます。

 

自身の努力が直接収入に反映されるため、モチベーションを高く保ちながら働くことができるのもフリーランスのメリットです。フリーランスは、経済的に成功を目指す人のスキルや努力を最大限に活かせる働き方です。

 

フリーランスのおすすめ業種

フリーランス おすすめ業種

フリーランスになるうえで、仕事選びは非常に重要な要素です。以下では、フリーランスのおすすめ業種をご紹介します。

 

IT系エンジニア

  • プログラマー
  • コーダー
  • フロントエンドエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • フルスタックエンジニア
  • システムエンジニア(SE)
  • ゲームエンジニア
  • AIエンジニア

 

IT系エンジニアは単価が高い傾向にあり、会社員として実務経験を積んだ後に独立すると年収1000万円を超えることも珍しくありません。

 

プログラマーやコーダーはもちろん、フロントエンドエンジニアやアプリケーションエンジニアも需要が高いです。また、幅広いスキルを持つフルスタックエンジニアや、システムエンジニア(SE)も企業から求められています。

さらに、ゲームエンジニアやAIエンジニアといった専門性の高い分野も成長が期待され、案件が豊富です。

 

マーケティング系

  • Webライター
  • Webマーケター
  • データサイエンティスト
  • Webコンサルタント
  • 広報(PR)
  • アフィリエイター・ブロガー

 

どんなビジネスでも必要となる「マーケティング」。商品やサービスの売り上げの向上に直接関わるため、売上を伸ばせるマーケターは非常に需要が高いです。

比較的始めやすいWebライターや、広告運用やSEOなど幅広い施策を打つWebマーケターは、専門知識を活かして活躍できます。

 

また、データサイエンティストやWebコンサルタントも、データ分析や採用、DX支援などを一括して実行できるため非常に人気があります。広報(PR)やアフィリエイター、ブロガーも、自分のスキルや影響力を活かして収益を上げられる魅力的な選択肢です。

マーケティング系の職種は豊富なので、自分に合った職種を選択することが重要です。

 

SNS系

  • Instagram運用代行
  • X運用代行
  • LINE運用
  • YouTube運用
  • SNS広告運用

 

SNS系の業種は、時間や場所に縛られずに働きたいフリーランスにとって相性の良い業種です。近年ほとんどの年齢層でSNSの利用が増加しているため、その分多くのSNSに関する仕事が発生しています。

 

たとえば、Instagram運用代行やX運用代行、LINE運用は企業から高い需要があります。さらに、YouTubeの運営や動画コンテンツ制作、SNS広告運用といった情報量が多い広告ができる人材も求められています。

 

デザイン系

  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • UX・UIデザイナー
  • イラストレーター

 

デザイン系の職種もフリーランスとして独立しやすいのが特徴です。Webデザイナーは、Webサイトのデザインだけでなく、SNSの投稿のデザイン制作や広告バナー、YouTubeのサムネイルなど、仕事内容は多岐にわたります。

グラフィックデザイナーは、商品のポスターや包装、雑誌の表紙などをデザインする仕事を行い、イラストレーターは、Webサイトや雑誌などに利用されるイラストを描く仕事を行うことが多いです。

 

UI/UXデザイナーは、デザインスキルだけでなくマーケティングに関する市場調査も必要になり、需要が高まっている職種です。デザイナーの中でも特に年収が高くなりやすいでしょう。

 

動画系

  • カメラマン
  • 映像クリエイター
  • 動画ディレクター
  • 動画編集者

 

カメラマンは、個人や企業の写真・動画撮影やYouTubeなどのSNSに投稿する動画の撮影を行います。インターネット環境が改良される中で高品質な写真や動画の価値は高まっているため、人気のある職業です。

 

映像クリエイターは、CMや企業の広告動画などの映像制作を行います。また、動画ディレクターは、動画制作の企画から制作までの全体を指揮し、制作の進行を管理します。

動画編集者は、動画ディレクターの指示に従い、撮影された素材を編集し飽きさせない動画作りを行う業務です。最近では、ショート動画の需要が高まっており、スマホひとつで仕事を行なっている動画編集者もいます。

 

営業系

  • 営業代行
  • 販売代理店

 

営業代行は、企業の営業活動をサポートし、新規顧客の獲得や契約締結を代行する仕事です。中には、フルリモートの営業の仕事もあるので好きな場所で働きたい方におすすめです。

 

販売代理店は、特定の商品やサービスの販売を担当し、成果に応じた報酬を得る仕組みとなっています。営業は、高いコミュニケーション能力と交渉力を活かせるため、それらのスキルが十分にある場合、フリーランスとして安定した収入を目指せるでしょう。

営業系の仕事は、実績次第で大きな報酬を得られます。

 

インフルエンサー系

  • YouTuber
  • インスタグラマー
  • Xアカウント運用者
  • TikToker
  • ライブ配信者

 

YouTuberやインスタグラマー、TikTokerは、魅力的なコンテンツを発信し、広告収入や企業案件等で報酬を得ています。Xアカウント運用者も影響力を活かして商品販売や企業案件などで運用可能です。

 

また、ライブ配信者はリアルタイムで視聴者と交流し、投げ銭やサブスクリプション収入を得られる仕組みとなっており、近年増加傾向にあります。

 

投資系

  • 株式投資
  • 投資信託
  • 不動産投資信託(REIT)
  • 国債(個人向け国債)
  • 仮想通貨
  • FX
  • 銀行預金
  • 外貨預金

 

株式投資や投資信託、不動産投資信託(REIT)は、資産を増やす手段として人気が高まっています。国債(個人向け国債)も手軽に購入できることから、投資先の選択肢にあがることが多いです。

また、仮想通貨やFXは、高リターンを目指すアクティブな投資家に好まれる傾向があります。

 

投資系は自分のリスク許容度や目標に応じて方法を選べるため、うまくいけば数億〜数十億円の資産を築ける可能性があります。しかし、世界全体の経済に深く精通していること、投資の原理原則を理解していることが必要です

 

物販系

  • ネットショップ販売
  • 店舗販売
  • せどり
  • 代理店

 

物販系では、自社商品を開発し、ネットショップや実店舗での商品の販売を通じて収益を得ているフリーランスがいます。

 

せどりは、限定商品や希少品を見つけて転売する手法であり、副業として始める人も多いです。代理店業務は、特定の商品やブランドの代理店として販売を行うことで、収益を得ています。

物販の売り上げを増やすためには、マーケティングスキルや、商品に関する深い知識が求められます。成功すると稼働時間が少なく、大きな報酬を得ることができるのが魅力です。

 

フリーランスになるためのおすすめの方法

フリーランスになる おすすめの方法

「どうやったらフリーランスになれるのだろう?」とフリーランスになるための具体的な方法を知りたい方いらっしゃるでしょう。

フリーランスになる方法は多種多様なので、自分に合った方法を知ることが重要です。以下では、フリーランスになるためにおすすめの方法を3つご紹介します。

 

スクールでスキルを身につける

1つ目は、スクールでスキルを身につける方法です。特に未経験の分野でフリーランスとして独立したい場合、専門的なスキルや知識を体系的に学ぶことが重要です。

スクールでは、実践的なカリキュラムを通じて、最新のスキルや知識を習得できます。また、講師や同じ目標を持つ仲間との信頼関係を築くことで、将来の仕事に役立つ人脈を広げることも可能です。

 

ノマドニアでは、1ヶ月で10の職種を体験する「海外ノマド体験プログラム」を提供しています。現役の海外ノマドが講師をつとめ、実践的な仕事の体験をすることができるワークショップです。これまでの卒業生は数百人以上で、卒業生の多くは世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

 

副業から始める

2つ目は、会社員として働きながら、副業から始める方法です。会社勤めをしながら副業を始めることで、安定した収入源を持ちつつ、フリーランスのスキルやクライアントを増やしていけます。

副業を始める際は、時間の管理が重要であり、新しいスキルを身につける時間を確保したり、クライアントとの関係を築いたりすることが大切です。また、会社との契約や就業規則を守ることも忘れてはいけません。

 

副業の仕事を成功させ、フリーランスとしてのリスクを最小限に抑えて独立するためにしっかりと計画を立てることをおすすめします。

 

現在の仕事の経験を活かす

3つ目は、現在の仕事で培ったスキルや経験をそのまま活用する方法です。現在の仕事でのスキルや経験があれば、フリーランスとして独立するための新たなスキルの習得が不要です。

たとえば、制作会社でWebデザイナーとして勤務している場合、会社員として培ったWebデザインスキルや実務経験を活かしてフリーランスとしてのキャリアを築けます。

 

クライアントに対して、豊富な経験や専門知識をアピールし、高品質なサービスや成果物を提供することで信頼を勝ち取ることが重要です。また、自身のポートフォリオや実績を活用して新規クライアントを獲得し、着実にフリーランスとしてのステップを進めていくことをおすすめします。

 

フリーランスにおすすめの案件獲得方法4選

フリーランス おすすめ 案件獲得方法 4選

「フリーランスになってみたいけど、案件を獲得できるか心配」と思っている方もいらっしゃるでしょう。案件を獲得できなければ、収入が不安定になり、生計が立てられなくなる可能性があります。

以下では、初心者の方にもおすすめできる案件獲得方法をご紹介します。

 

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングとは、企業や個人がインターネット上で不特定多数に業務を発注できるプラットフォームです。初心者でも仕事を受注できる点が魅力であり、様々なジャンルやスキルに対応した案件が揃っています。

一方で、応募者が多いため競争が激しく、仕事を獲得するまでに時間がかかる場合もあります。また、クラウドソーシングの単価は比較的低い傾向にあり、効率よく高収入を得ることが難しい傾向でしょう。

 

フリーランス向けエージェントを使う

フリーランス向けのエージェントとは、仕事を探しているフリーランスと業務を依頼したい企業を結びつけるマッチングサービスです。

エージェントを通じて仕事を受注すると、契約書周りの事務作業や営業活動を自分で行う必要がなくなるため、自分の得意な仕事に専念できます。

 

ただし、エージェントを利用する場合、実務経験やスキルが求められることがあります。エージェントはクライアントとの信頼関係を築くため、フリーランスの能力や実績を評価し、適切な企業とのマッチングを行なっています。

しかし一部のエージェントは手数料があるので、注意しましょう。

 

コミュニティに参加する

フリーランスや経営者が集まるコミュニティでは、直接仕事を受注できる機会があります。コミュニティ内で、自身のスキルやサービスを積極的にアピールし、他のメンバーと信頼関係を構築することが重要です。

また、活躍しているフリーランスと直接関わることができ、仕事に関するアドバイスを聞いたり、目標となる人を見つけたりできます。

 

異国の地で1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」もフリーランスコミュニティがあります。

フリーランスの講師や卒業生が500名以上所属しており、フリーランスの交流会や情報交換が行われているのでおすすめです。

 

営業する

企業や事業をしている個人に直接メールや電話をして営業活動を行うことも手段の1つです。

クライアントの課題を理解し、これまでの実績を踏まえた解決策を提案することで案件の受注に繋がります。営業活動をする中で、コミュニケーション能力を磨き、積極的にクライアントとの関係を構築し、長期的な関係を築けるようにしましょう。

 

自分に合った仕事と方法でフリーランスを目指そう!

本記事では、フリーランスをおすすめする理由たおすすめの業種、独立方法などについて解説しました。フリーランスになるためには自分に合った仕事と方法を明確に理解し、実践することが重要です。

 

フリーランスのキャリアに挑戦してみたいという方にはノマドニアがおすすめです。ノマドニアは1ヶ月で10の職種を体験する、いま話題の海外ノマド体験プログラムです。

日テレ「笑ってコラえて2時間SP」でも紹介され、全国の書店に並ぶ「海外ノマド入門」も多くのメンバーが掲載されています。

また、ノマドニアは日本最大級のノマドフリーランスコミュニティでもあり、数百人にのぼる卒業生が世界各地で自由な働き方を実現しています。

詳しくは以下の公式サイトをご覧ください。

1ヶ月で10職種を体験する海外ワークショップ「ノマドニア」

ノマドニアは世界6都市で開催している海外ノマド体験です。1ヶ月で10種類のノマド向け職業を経験することで、想像ではなく手…

スキルと仕事を組み合わせて「何者か」になるスラッシュワーカーズ

slash-workers

自由に自分らしく働くためには「スペシャリストになるしかない」と思っていませんか?それは間違いです。会社の寿命が短く、人間の寿命が長くなる中、1つの仕事だけで人生を支えることは難しくなりました。

これからは好奇心旺盛で飽きっぽく、器用貧乏でゼネラリストが必要とされる時代です。複数の職種を同時並行するスラッシュワーカーが増えています。

仕事の数が多いことはコロナ禍のような危機に強く、嫌になったら辞められる自由が手に入ります。これからの働き方を先取りしてみませんか?