結局、海外ノマドになるにはどうしたらいいの?最初の一歩の踏み出し方

  • 2023.09.13

海外ノマドとして毎月違う国で暮らしているルイス前田です。この度、世界中を旅する海外ノマド56人と「海外ノマド入門」を執筆しました。Googleで調べても載っていない、場所にとらわれずに働くノウハウが詰まっています。

辛いことも、泥臭いことも、海外ノマドの現実を正直に書きました。ぜひ、手に取っていただけたら嬉しいです。

 

さて、本記事ではここからが本番です。紙面の関係で、海外ノマド入門にどうしても載せきれなかった原稿がたくさんあります。

このまま、Google Driveに眠らせておくにはあまりにもったいないので、無料版「海外ノマド入門」として掲載します。

 

Webメディアだとスペースに制限がないので、原稿はできるだけ無修正です。ありのままの海外ノマドたちの想いや経験、知恵をお楽しみくださいー!はい、ここまでで導入は終わりです。

 

今回のテーマは「海外ノマドになる方法」

これまで48回に渡って、海外ノマドの経験談や知恵を紹介してきました。「ノマドの実態は分かったけれど、結局ノマドになるにはどうしたらいいの?」と感じている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、海外ノマド9人に「はじめの一歩の踏み出し方」について聞きました。

 

海外ノマド本の筆者、ルイス前田の場合

結局、海外ノマドへの第一歩をどうすればいいのか。海外ノマドになること、海外ノマドであることが当たり前の環境を作るのが最も簡単だと思います。

 

大学の同級生が運転免許を取ったから自分も取った。中学の同級生と同じように高校に進学した。兄弟と同じスポーツを気づいたら始めていた。

こんな風に、自分が「ノマドになるぞ!なるぞー!なるぞー!!」と気持ちを作らなくとも、ノマドと一緒にいる時間を長くすれば息をするようにノマドになれます。

 

具体的にはノマドニアのような海外ノマドが生まれるサービスに参加したり、nomadlistなどのコミュニティに入る、またはSNSでフォローしている人の半分以上をノマドにするなども手軽でおすすめです。

ルイス前田
1人10職で83ヶ国を旅しているノマドワーカー。大学時にニューヨーク留学と世界一周を経験。旅仲間と一緒に株式会社TABIPPOを起業し、旅行メディアの編集長を務める。現在は株式会社スラッシュワーカーズの代表を務めながら、海外ノマド体験「ノマドニア」を世界5ヶ国で運営中。Twitter:@NY_ruisu Instagram:@louis_nomad

 

未経験からデザイナーノマドになったあかねさん

自分のやりたいという強い気持ちを大切にまず行動してみることだと思います。意外に想像している以上に自分の今までのスキルが海外ではとても重要なスキルになる例もたくさんあります。

なので今までの経験を培いつつ、新しいITスキルを身につけられると海外でもやっていけると思います。行動あるのみ!!

あかね
世界一周中のノマドデザイナー。大手企業を退社後、未経験からデザインを勉強し始め、現在はWeb/UIデザイン制作からマッサージまで複業フリーランスとして活動中。現在は41ヶ国目で今年は南米を周遊予定。最近の趣味はサウナやキャンプに行くこととテレビを観ること。Twitter:@Fp1223

 

イタリアのスロードフードを広めている、西村千恵さん

行動すること!失敗を恐れるのではなく、まずやってみたら世界が広がります。自分の中の「できる」「あたり前」をどんどんアップデートすることで、望む働き方に変化していくと思います。

頭でどれだけプランニングをしても、やってみたら全然違うことになった、なんていうことはざらにあります。だからこそ、あまり慎重になりすぎず、まずはスモールステップを踏み出すことをおすすめします。まずは目の前のドアを開けるところから。

西村千恵
東京生まれ、神奈川県在住の3児の母。高校時代のドイツ留学で、ベジタリアンなホストマザーの生き方に影響を受ける。次男の出産を機に都内から葉山へ移住し、循環型農業をサポートすべく合同会社を設立。イタリアスローフード協会との出会いでイタリアや周辺国へ視察に赴く。Instagram:@chie.farmcanning

 

筋肉YouTuberでパーソナルトレーナーのオカザーマン

自分が何をどうやることが好きなのかを知ることかと思います。仕事内容、リモートでの雇用、案件ごとの契約何にしても自分に合ったことをしていないとノマドワーカーになれても辛いだけで変わらない気がします。

知るためには行動しなければわからないので週末だけでもできる仕事を試しながら行えるとわかりやすいので…

オカザーマン
世界の筋トレ情報を和訳して解説するYouTubeチャンネル「筋肉翻訳」を運営している。チャンネル登録者は5万人を超え、YouTube投稿がきっかけで動画制作に興味を持つ。現在はパーソナルトレーナー、FPVドローン撮影、動画制作、翻訳、YouTubeコンサル、コミュニティ運営などを行っている。Twitter:@okazerman

 

フォトグラファー・インスタグラマーの石井小百合さん

まずは働き場所を選ばない職種やスキルを身につけ、海外で生活すると覚悟(決意)すること。今はフルリモートの会社員もいて、決まった時間にデスクに向かえれば世界中どこでも仕事ができる時代です。

海外ノマドのハードルが下がったので、そこに自分の強みをブラッシュアップして世界を移動しながら活躍できると良いですよね。

石井小百合
クリエイティブフォトグラファー。国内外のホテルや 企業のInstagramアカウ ントのディレクションや撮影に関わる。現在は、東洋医学を勉強中。著書に『太陽とハグするイビサ島ガイド』『GENIC TRIP スペイン・ コルドバ』。今後は出産フォトグラファー として海外も視野に入れて活動予定。Instagram:@sayubaby3181

 

名古屋でカフェを経営するデザイナーノマドのAmiさん

ノマドワーカーやフリーランスと聞くと、起業して、自分のサービスを作っていると思われがちですが、正社員のような働き方(週5・8時間勤務)をしている人も多いです。コロナウイルスの流行と共にリモートワークが増え、フルリモート・フルフレックスもしくは時差出勤が可能な会社も増えてきています。

日本の会社に就職しながらでもノマドワーカーになれるのはあまり知られていないかも&もっと広まって欲しいと思っています。

Ami
ジョージア拠点のWebデザイナー。その前は約3年間オランダに在住。WebデザインやWebデザイン講師、海外移住・フリーランス相談、YouTube「AMI HUIS」、地元名古屋でカフェと雑貨店経営など色々行う。観光よりもローカルな場所で暮らしながら旅をすることやカフェ巡りが好き。Twitter:@amihuis_ami

家族でノマドを実現している、清野奨さん

家を捨てて移動しろ!というのは冗談です(半分は)。まずは、自分のできる範囲で普段の生活圏を広げること、年に数週間でもいいので今までとまったく違う文化圏で生活してみるのがよいかと思います。

そうすることで自分が合っているかどうかも分かりますし、それでもやりたい場合は自然と次の行動につながります。準備段階としては、仕事をリモートで出来るようにする、もしくは週1回でもリモートでおこなえる交渉をしとくのが第一歩になるかと思います。

清野奨
1歳になるノマドベイビーと奥さんの家族3人でノマドライフをしている。「生きる場所と働く場所の自由と民主化」をするためにデジタルプロダクト受託開発を行う会社 「aniuma OÜ」をエストニアで設立。新しいアイデアを得るために世界各地のコワーキング&コリビングスペースに訪れている。Twitter:@susumu1127

 

ブロガーノマド&フリー素材モデルのふじさわあつしさん

もし今、ノマドでもフリーランスでもなく、どこかに所属して決まった収入を得る、いわゆる「普通の働き方」をしている場合は『脳みそを全部入れ替える』くらいの覚悟が必要だと思います。

「自力で稼ぐんだ」「パソコン一台で稼ぐんだ」「好きな国に行くんだ」「人生を変えるんだ」という強い決意を持って、必要な情報を調べ、勉強し、アクションをしないといけません。自動的にはノマドになれないので、ムリヤリ変化を起こしましょう。

ふじさわあつし
2013年にブログで独立。以降はアフィリエイト、YouTube、電子書籍出版、書籍出版、講師、ライターなど様々な仕事をしながら生きている。合計10ヶ月間の東南アジアノマド、2週間の東欧旅をしていた。フリー素材サイト「ぱくたそ」でモデルもしている。Twitter:@fujisawatsushi

 

Webエンジニアの一戸英理子さん

〜だと仕事できない、という思考があるのであれば、〜でも仕事できる、という思考にシフトしていくように、あえて過酷な仕事環境で仕事してみるのをおすすめします。

離島のキャンプ場や、インドの安宿など、ITの仕事ができるとは思えないような場所でやってみましたが意外とできます。意外とできるな、とわかると「ノマドワーカーいけるな」という自信に繋がります。おすすめです。

一戸英理子
海外在住歴10年を経て帰国後、フリーランスを経てITの会社を立ち上げたノマド。たまたまITエンジニアとして就職した時に、周りに「どこにでも行けますね」と気づきを与えてもらい、その後は場所を選ばず働けるスキルを得ていることにメリットを感じて様々な場所で仕事をしている。Twitter:@EringoCebu

 

書籍「海外ノマド入門」の中身を覗き見できます

書籍の詳細とサンプル

株式会社スラッシュワーカーズ(以下、スラッシュワーカーズ)代表取締役 ルイス前田の著書『海外ノマド入門』が、2023年2月中旬より全国書店・Kindleなどの電子書籍にて販売されました。「好きな場所で暮らせるようになりたい」と思って[…]

 

連載「海外ノマド入門」の続き

海外ノマド入門」に載せきれなかった海外ノマド56人の原稿は今後も「海外ノマド」カテゴリーで定期的に更新します。好きな場所で暮らしたいすべての人へ届きますように。

目次
・なぜ、海外ノマドになりたいと思いましたか?
・海外ノマドになることを決めたきっかけは?
・ノマドになる自信がないんだけど、まず何をすればいい?
・海外ノマドを親に反対されましたか?どうやって説得しましたか?
・海外ノマド8人が実践した「英語の勉強方法」
・海外ノマドになる前に絶対に身につけるべき「スキル」
・海外ノマドとして食べていくために「どんなスキルをどれくらい」磨くべきか?
・海外ノマドって「会社を退職してから出発まで何してた?」7人の体験談
・海外ノマドが仕事やプライベートで「退職前にやったほうが良かったことは?」
・ノマドになって生活費が稼げない間のメンタルはどうやって維持していた?
・海外ノマドが収入を増やすためにやっている8種類の「工夫や努力」
・海外ノマドになって「会社員またはバイトの収入を超えたのはいつ」?
・海外ノマドになって収入が減ることへの不安は?どう受け止める?
・ノマドになって最初の仕事はいくらもらえた?その金額に対してどう感じた?
・海外ノマドは毎月どれくらい貯金している?その目的や目標金額は?
・海外ノマドはどんな投資をしている?投資の目的や目標は?
・海外ノマドになって、最も収入の多かった月と少なかった月の差はどれくらい?
・海外ノマドになって一番大きな買い物はどんなもの?
・7人の海外ノマドが滞在先でのリアルな生活費を大公開!
・海外ノマドならでは!?盲点になりがちな意外と痛いノマドの出費
・大小さまざま。海外ノマド6人が教える「支出を減らす工夫」
・海外ノマド5人がたどり着いた「お金の管理」
・海外ノマド中の保険はどうしている?ノマド9人の実例
・0からのスタート。海外ノマドはどうやって仕事を得られる人脈を広げるの?
・SNSのフォロワーが少ないと仕事って取れないですよね?海外ノマド7人の体験談
・海外ノマドとしての最初の仕事は?その後仕事の幅を広げるコツは?
・海外ノマドです。急に仕事が無くなりました。理由と対処法はどうした?
・実は孤独!?海外ノマド8人が感じた「イメージとのギャップ」
・海外ノマドになって一番精神的に辛かったことは?7人の経験談
・10人の海外ノマドが語る「ノマドワークでの困りごと」
・ノマドを辞めたいと思ったことがある?それでも辞めなかった理由は?
・海外ノマドが「正直、会社員のここが良かった」と思ったポイント
・海外ノマドは土日も仕事している?オンオフの切り替え方のコツ
・海外ノマドが滞在するホテルなどを選ぶ際にこだわっていることは?
・海外ノマドならではの失敗、やらかしエピソードは?6人の経験談
・社会人経験がまだありません。それでも海外ノマドになれますか?
・子どもがいても海外ノマドになれますか?大変なことや工夫していること
・IT業界での経験ゼロ。それでも海外ノマドになれますか?
・十人十色。ユニークな働き方や暮らしをしている海外ノマドたち
・独学でノマドになれますか?企業に入って経験を積むべきでしょうか?
・進捗管理をする上司はいない。ノマドが仕事のモチベーションを維持するコツは?
・ひとりで海外で働くのは寂しい?寂しくならないように工夫していること
・移動しながら働くのは疲れない?海外ノマド11人が語る移動疲れしないコツ
・海外ノマドとしてやっていける自信がついたのはいつ?何がきっかけ?
・海外ノマド12人が考える「ノマドワーカーに必要なマインド」とは?
・ノマドワークをするために、時間管理で工夫していることや心がけていることは?
・海外ノマド8人が語る「タスク管理で工夫してることや心がけていること」

1ヶ月で10種類のリモートワークを海外に住みながら体験する「ノマドニア」

ノマドニア

ちいさい子どもは習い事や遊びなど、さまざまな経験を経て自分の好きや得意を発見します。しかし、大人になるとそのような機会は失われてしまいます。

ノマドニアは「リモートワークで好きな場所で働きたい」という理想を叶える手段を見つけるための職業体験と、海外移住の体験をみなさまに提供します。