アイスランドの氷の洞窟と氷河トレッキングを徹底解説(費用・場所・注意など)

アイスランドの氷の洞窟

   

2019年の1月にTABIPPOチームで冬季のアイスランドを11日間旅してきました。アイスランド旅行の目玉として、現地ツアーを申し込んだのは「氷の洞窟」と「氷河トレッキング」です。どちらも自力では到達できない、冬の絶景を堪能することができます。日本ではまだあまり知られていないので、詳しく魅力を解説します。

 

アイスランドの氷の洞窟とは

アイスランドの氷の洞窟とは

photo by shigeki naganuma

アイスランドにある氷の洞窟は、厚さ1000メートルあるヴァトナヨークトル氷河の一部が夏に溶けた水によって削られて形成されます。

写真を見ていただければ伝わるように、氷河の外から入る光に照らされて洞窟全体が青く輝く幻想的な場所です。2019年は5つの氷の洞窟ができたそうで、ツアーによって向かう洞窟が異なります。

 

アイスランドの氷の洞窟が青く輝く理由

アイスランドの氷の洞窟が青く輝く理由

photo by ruimaeda

僕たちが2019年1月にアクセスした氷の洞窟は非常に美しいターコイズブルーでしたが、全ての洞窟が青いわけではありません。白、グレー、茶色や黒のものがあり、海や川が日光に応じて色が変わるように、氷河の氷の色も変化します。

青くなっている場合は、気泡の少ない圧縮された氷によって洞窟が作られている場合です。氷河は雪が長い年月をかけて圧縮されたものなので、圧縮の過程で気泡が抜けて、氷の密度が高くなります。高密度の氷は、青色以外の光を吸収するので、人間の目には氷を通過できた青色のみが映るという仕組みです。

 

アイスランドの氷河トレッキングとは

アイスランドの氷河トレッキングとは

photo by roy

アイスランドの氷河トレッキングでは、ヴァトナヨークトル氷河の上を3-4時間歩くことができます。トレッキングは氷河の麓からスタートして、氷河の上まで登り、氷河の根元(色が濃い青になってる部分)まで迫ります。

途中で休憩や写真撮影を挟みますが、特に決まったコースを歩くわけではないので、どれくらいハードかはトレッキングチームの様子を見つつ、ガイドが決めていきます。天候に恵まれれば、氷河の上から麓までの全域を見渡す絶景を見ることができますよ。

 

アイスランド旅行のルートから氷の洞窟と氷河トレッキングの場所を確認する

アイスランド旅行のルートを見ていただければ分かりやすいのですが、氷の洞窟(6番)と氷河トレッキング(11番)の目的地はともにアイスランドの南部から南東部にあります。ツアーに参加する方法は2つです。

1. レイキャビクでのピックアップツアーに参加する(レンタカー不要)
2. レンタカーを運転して、集合場所からツアーに参加する(レンタカー必要)

方法1の方がツアーは簡単ですが、参加費が高くなることと、ピックアップ場所から目的地までの移動時間がかかります。方法2の場合はレンタカーを借りて、現地ツアーの集合場所まで運転することが必要ですが参加費が安く、同じ方面のツアーに参加する場合は時間の節約になります。

さて、それでは位置を確認したところで「氷の洞窟」と「氷河トレッキング」の詳細を解説していきます。まずは氷の洞窟の魅力から。

 

氷の洞窟の魅力

自然が作り出す奇跡の絶景

氷の洞窟の魅力

photo by shigeki naganuma

氷の洞窟の魅力

photo by ruimaeda

氷の洞窟の魅力

photo by ruimaeda

自然が作り出す氷の洞窟は毎年夏になると溶けて崩れます。氷の洞窟に訪問できるのは11月〜3月ですが、冬季でも気温が一時的に上がったのちに、再び冷え込むと氷柱ができたり、洞窟の形が変わっていきます。

写真集やインターネットに掲載されている過去の氷の洞窟に行けるとは限らないのは残念ですが、逆に考えるとあなたが訪れた年ならではの氷の洞窟を楽しめるかもしれません。

 

集合場所すぐそばのダイヤモンドビーチもすごい

集合場所すぐそばのダイヤモンドビーチもすごい

photo by shigeki naganuma

集合場所すぐそばのダイヤモンドビーチもすごい

photo by shigeki naganuma

集合場所すぐそばのダイヤモンドビーチもすごい

photo by shigeki naganuma

集合場所すぐそばのダイヤモンドビーチもすごい

photo by shigeki naganuma

氷の洞窟ツアーに参加する拠点となるのは、ヨークスルアゥルロゥン(アイスランド語:Jökulsárlón)氷河湖です。内陸部から沿岸に向けて、氷の洞窟(ヴァトナヨークトル氷河)、氷河湖という位置関係で、海沿いにはダイヤモンドビーチと呼ばれる、氷河が流れ着くビーチがあります。

気象状況が揃うとヴァトナヨークトルから切り離された氷河がたくさんビーチに流れ着きます。アイスランドのビーチは黒砂ですので、黒い大地に広がる透明度の高い氷河が宝石のように見えて、ダイヤモンドビーチの由縁となっています。

 

氷の洞窟ツアーの費用

氷の洞窟ツアーにかかる費用は、足の裏につけるスパイク(クラムボン)、ヘルメットのレンタル代金を入れて、18421円でした。こちらは氷の洞窟ツアーの最寄りとなるヴァトナヨークトル氷河湖に集合する場合のツアー代金で、レイキャビクからのピックアップ(送り迎え)付きだと36934円になります。

他にも1泊2日や2泊3日のツアー、ラングヨークトル氷河の人工アイストンネル、ゴールデンサークル&氷の洞窟のツアーなど様々なツアーが用意されています。僕たちも利用したGuide to Icelandで比較検討するのが簡単ですし、日本語オペレーターがいるので不安点も事前に解消できます。

» アイスランドの氷の洞窟ツアーを検索

 

氷の洞窟ツアーの注意点・必要なもの

氷の洞窟ツアーの注意点・必要なもの

photo by ruimaeda

氷の洞窟ツアーについての注意は繰り返しになりますが、天候や気温によってはツアーが催行されないことがあることです。できれば、中止になったツアーに再チャレンジできるように余裕のある日程を組むべきです。

氷の洞窟ツアーには複数の日程があり、日帰りであれば集合場所から氷の洞窟最寄りまでは車で行きます。車を降りてから洞窟内部は5-6分ほど氷河の上を歩くので風がすごいですが、短時間なので通常の冬服があれば大丈夫です。

氷の洞窟内で写真を撮ることを考えると、洞窟が青ですので赤か黄色などのカラフルなアウターがあった方が写真映えします。僕の場合は、モンベルの赤いジャケットを着ていきました。

モンベル レインウェア 上下セット メンズ レインダンサー ジャケット+パンツ 1128340+1128567 mont bell mont-bell

 

氷河トレッキングの魅力

コースは未定!ガイドとチーム次第で未踏の場所へ

コースは未定!ガイドとチーム次第で未踏の場所へ

photo by roy

コースは未定!ガイドとチーム次第で未踏の場所へ

photo by roy

コースは未定!ガイドとチーム次第で未踏の場所へ

photo by roy

僕たちが参加した氷河トレッキングはスカフタフェットル国立公園のビジターセンターを車で出発して氷河湖の麓まで車で移動、氷河によって削られて海抜がマイナスになった部分から歩き出します。氷河の上に出るまでのルートは統一されていましたが、その後はチームメンバーの体力を見ながら、ガイドが自由に決めていきます。

たまたま韓国人男性5名、日本人男性4名のチームだったため、ガイドのカイルはノリノリでお気に入りの場所にたくさん連れて行ってくれました。未踏のルートを進みすぎてトレッキングの予定時間を気づいたらオーバーしてたようでしたが、僕たちを急かせることもなく、最後まで軽やかにガイドしてくれました。

 

氷河の上から楽しむ朝日や夕日

氷河の上から楽しむ朝日や夕日

photo by ruimaeda

冬のアイスランドは日照時間が非常に短く、1月中旬は朝の11時頃に日が出て、17時頃には夕焼けです。氷河トレッキングの1本目が10時ですので、ちょうど氷河を登っている最中に朝日を迎えることができます。

お昼過ぎのトレッキングで時間帯がうまく合えば、氷河を囲む山の向こうに落ちる夕日も楽しめるかもしれません。ちなみに、太陽が氷河に反射してトレッキング中は眩しいのでサングラスがあった方が歩きやすいです。

 

氷河トレッキングの費用

氷河トレッキングにかかる費用は、足の裏につけるスパイク(クラムボン)、ヘルメット、ピッケルがついて13154円でした。トレッキングシューズを履いていない場合は、別途シューズレンタルで1000クローナ(約900円)かかります。

他にもトレッキングやクライミングが好きな人向けに、中級者向けのツアー(23975円)、アイスクライミング付きのツアー(17945円)、ソゥルヘイマヨークトル氷河ハイキング(24901円)などがあります。詳細や比較は下記のリンクからどうぞ。

» アイスランドの氷河を楽しむツアーを検索

 

氷河トレッキングの注意点・必要なもの

氷河トレッキングの注意点・必要なもの

phoro by ruimaeda

氷河トレッキングの注意点・必要なもの

phoro by ruimaeda

氷河トレッキングに参加する場合は、動きやすくマイナス10度くらいまで耐えられる衣服を用意する必要があります。トレッキングルートによっては手を使って進むパートもあるので、手袋も必要です。

なお、僕たちのガイドに聞いたところだと、トレッキングチームの男女比や年齢などを見て、コースを決めているそうですので、体力的に心配であればガイドに相談できます。

寒さが心配な方は靴下にこだわると良いです。今回のアイスランド旅行で初めてトレッキング用靴下を履いていきましたが、速乾で保温性が高いので汗っかきのぼくでも快適でした。

 

まとめ

今回の記事は以上です。男4人の冬季アイスランド旅行「#ぜんぶアイスランドのせいだ」の振り返りとして、全部で5テーマの記事を執筆中です。ご覧いただいた本記事の他に、3記事が公開済みです。アイスランド旅行の全体像やレンタカー事情、首都レイキャビク周辺の観光について気になる方はご覧ください。

» 冬のアイスランド旅行でよく聞かれる16のこと【費用・日数・ルート】
» 冬のアイスランドをレンタカーで旅するなら知るべき15のこと
» アイスランドの首都レイキャビクの観光スポット16選(カフェ・グルメ含む)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました!

 - 海外旅行 / World Travel, アイスランド / Iceland